ジャンル:東方Project お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:678字 お気に入り:0人
[削除]

はた→あや風味


「探しているものがあるんだけど」
そう言ってやって来たのは同じ天狗の姫海棠はたて。なんとも珍しい来客である。なんたって彼女はほとんど家から出てこないのだから。

「あやや。お久しぶりですはたてさん」
思わず他人行儀になる。だって久しぶりすぎて、しかも彼女がこの射命丸文の家に訪ねてくることなんてほとんどないのだから。
「何よそんな、改まっちゃって」
彼女はやや不審な顔をしたが、すぐに話を切り替えてきた。
「今度の記事に資料として使いたいんだけど、ちょっと古いものかもしれなくて。文くらい歴史ある妖怪じゃないと知らないのかも、って思って」
なるほど、なかなか良いところに目をつけましたね。ふむふむ、ではこの射命丸文が話を聞くくらいはして差し上げましょう!
「この時代の魔術でね、妖術とも言うのかな……」
彼女は探しているものについてこと細かく話を始めた。うん?それはさすがに私でも知らないかもしれない………………
「……で、文、貴女はこのことについてなにか知っていることはある?」
ひととおり話を終えた彼女が私に問う。しかし私はなにも答えられない。困った。だってせっかく頼ってくれたのもあるし、彼女の役に立ちたいじゃないですか!借りも作れますし。私はしばらく考えました。そして出た答えは、

鈴奈庵に行きましょう!

私はそう提案すると、彼女の手を取り部屋を飛び出した。そう!情報が載っている本を魔導書を求めて!困ったときは文献を資料に記事を書くのです!さぁ!

彼女の手を取ったとき、彼女が少し嬉しそうな表情をしたことを、射命丸文は知らないのであった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:卑人 ジャンル:東方Project お題:わたしの好きな天国 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:568字 お気に入り:0人
世界が変わったあの日の事さえ忘れたのだから、私は、何一つとして物を憶えることなんて出来ないのだろう。あるのはぼんやりとした記憶。変わる前の世界。今とは明確に異 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:軽い殺し屋 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:868字 お気に入り:0人
「っは、はぁあ、はぁっ…!!」やけに大きく聞こえ、いつもと違う場所から出てくるような呼吸は、いつまでたっても止まらないのではと思ってしまうほど長く続いていた。当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:賢い昼下がり 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:865字 お気に入り:0人
「幽々子、貴女は、死というものをどうとらえるかしら?」唐突とも言えるタイミングで私は幽々子に問いかけた。幽々子はお団子を食べていた手を止め、数秒視線を上に向けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:1000の兄弟 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:801字 お気に入り:0人
どうするんだこの状況。突然ですが私、鈴仙・優曇華院・イナバは_____…今、1000人の兄弟に囲まれています。「なんっっですかこの状況?!訳分かんなすぎますよ師 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:不思議な血 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:723字 お気に入り:0人
どうして、私はここにいるのだろう。足元にじくじくと流れる血は、馬鹿みたいに止まらない。その血を、そっとすくいあげてみる。指の隙間からぽたぽたと紅い液体が滴る。怖 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:平和と猫 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:2797字 お気に入り:0人
連続投稿を失礼致します。何でもドンと来いという方向けの、捏造と妄想の産物です。サネウリを連想させる描写があるので、苦手な方はご注意下さい。 幼かった私は、あの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:輝く悪 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:944字 お気に入り:0人
首領の死体が上がったのは、夏の始まりのことだった。港近く。汽水域の河辺に、ぼんやりと浮いた白い顔。ヘドロに汚されて、煤けて見えていた。――何時、誰が、何処で。蜂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉