ジャンル:銀魂 お題:闇の妄想 必須要素:マイナスドライバー 制限時間:15分 読者:256 人 文字数:289字 お気に入り:0人
[削除]

プラスとマイナス(銀桂腐) ※未完

銀時がプラスドライバーなら俺はマイナスドライバー。
破れ鍋に綴じ蓋。
俺たちはま◯か◯、誂えたようにぴったりだ!

だから銀時、俺と、俺とぉ、番になってくれ!

マイナスドライバーのかぶりものをした桂が、プラスドライバーのかぶりものを持って迫ってくる。

「おい、ヅラ、落ち着けって!」

「ヅラじゃない、桂だ、、ふべら!」

アッパーかけてウザい長髪をぶっ飛ばす。

「しかたねーなー」

しかたなくも馬鹿に付き合ってやることにした。
プラスドライバーをかぶってやると嬉しそうに抱きついてくる。

「銀時、やっとその気になってくれたか!」

「ヅラの馬鹿なコスプレにつきあ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:香桜 ジャンル:銀魂 お題:うるさいテロリスト 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:455字 お気に入り:0人
桂さんと万事屋。若干銀桂(桂銀)風味かもしれなかった。今日も一日依頼はなく、静かに一日を終えようとしていた。自分は、椅子に座って、ゆっくりとしていた。(暇という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:大納言としこ ジャンル:銀魂 お題:綺麗な瞳 必須要素:ペットボトル 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:283字 お気に入り:0人
新八が、眼鏡を無くしたというので、一緒に探してやったのだが、草の根を掻き分けても出てこなかったので諦めることになった。「いや、あんたほんとに草の根掻き分けてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:俺は絶望 制限時間:15分 読者:339 人 文字数:1550字 お気に入り:0人
付き合いもそこそこの年数になったから、例えば路地の隙間に血まみれで座り込んでいたって驚いたりはしないけれど、その日はさすがに少し焦った。特に忍び寄るでもなくザッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:複雑な薔薇 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:1552字 お気に入り:0人
大丈夫だと、よく言う男だった。どこからそんな自信が湧くのか、どんな時も、何があっても、馬鹿みたいにからりと笑いながら、大丈夫だと言う男だった。「心配せんでも、大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:名付けるならばそれは宇宙 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:1989字 お気に入り:0人
銀時が食事当番の日、万事屋の夕食は少しだけ華やかになる。あまりにも収入のないときは別だが、大抵、銀時が食べ盛り育ち盛りの二人のためにと、少し気合を入れて料理を作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:去年のサイト 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:1818字 お気に入り:0人
十夜目あたりまでは気づかないフリをしていた。大体夜中の2時を過ぎる頃だ、寝室の襖がガタガタと音を立てて開いて、布団ごとずって歩く足音がだんだんと自分に近づいてく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:軽い町 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
雪の降る夜だった。陽が完全に沈み切った頃降り出した雪は、夜が深まるのに比例してしんしんと降り積もっていき、夜が完全に一寸の灯りもない闇に包まれる頃には、江戸の町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:同性愛の魔物 制限時間:15分 読者:300 人 文字数:2371字 お気に入り:0人
周りの誰彼と同じように、当たり前に礼服に身を包んでそこにいた土方の姿を遠目から見ただけで、近藤はこみ上げてくる感情に顔を覆った。(来ないんじゃねェかと思ったのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:2235字 お気に入り:0人
差し伸べた手を掴んでほしいと思っていた。全部託すから、全部託してほしかった。『見てられないから、夜中目が覚めないようにするしかないアル』『…そんなにひどいの』ぽ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜琉/達 ジャンル:銀魂 お題:セクシーな闇 制限時間:15分 読者:307 人 文字数:3021字 お気に入り:0人
「またこんなところでサボってる」寝転がって広げていた週刊誌の影が急に濃くなったと思ったら、そこからひょっこりと覗いた顔がくすくすと笑みをこぼしながら揺れる。「お 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恐ろしい潮風 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:RPS お題:恐ろしい潮風 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
「ヒョン?」まだ夜も明けきっていない時間に、隣室で何かをぶつけた音がした。さっきまで撮りだめていた写真たちの整理をしていたオレは、その音に閉じようとする瞼と意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:それいけユートピア 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:3628字 お気に入り:0人
ホワイトデーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!有難うございましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:歌い手 お題:マイナーな転職 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:881字 お気に入り:0人
私、美里(みり)は、今日勤めていた会社を辞めた。理由は簡単、転職をしようと思ったから。私は、3年前から『ミリメートル』という名前で歌い手を始めた。初投稿は『【歌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:人狼ジャッジメント お題:煙草と囚人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:369字 お気に入り:0人
「それだけか?」淡々と底冷えした声が反響する。ゆっくりと吐かれる煙は目の前の蜂蜜に。目に染み、臭いに嫌悪を覚えるも顔をしかめる事はなかった。「…それだけ」「お高 〈続きを読む〉