ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:来年の別れ 制限時間:30分 読者:260 人 文字数:1462字 お気に入り:0人
[削除]

居酒屋にて【あつトド】


「ニートやめようと思って」
 トド松はそんな台詞を吐いてビールをあおった。カウンター席なので隣に座るトド松の喉仏がよく見える。それが何度か上下して止まった。ぽかんとする俺に、今日もいいスーツ着てるね、とトド松は何も考えずに言う。世の中にはわざとアヒル口にする女がいるが、トド松のこれは素なのだろう。トド松は俺には金をねだる時しか媚びてこない。媚びを生きるすべとしているトド松は基本的に、心を許した人間以外に素を曝け出すことはない。これはノロケである。
「就職するの?」
 一口だけ飲んだビールが俺の目の前に置かれている。できる限り平静を装ったつもりだ。
「そう。言っとくけど今度は喧嘩じゃないからね。兄さんたちとも関係は良好だし」
「じゃあなんで」
「あつしくんにお金出してもらうの、そろそろ申し訳ないなって」
「え、今まであれだけ躊躇なくせびってきてたのに?」
「うるさいな」
 それから一拍おいて、トド松は言いづらそうに言葉を漏らす。
「…………今までは、友達だったからさー…………」
 声がだんだん小さくなり、気恥ずかしそうに俺の顔から目をそらした。今までは友達だったから。それは俺たちの関係を示す言葉でもあった。「友達」が変わったことを示す言葉でもあった。自然と頬が緩まる。突き出すようにした上唇を舐めたいと思った。大衆向け居酒屋のカウンターでそんなことをしたらどうなるか分かりきっているので自制心で抑える。
「対等な関係でいたいんだよね、僕は」
 別に就職なんてしなくてもめいっぱい甘やかして何でも買ってあげるのに。俺だってトド松に何かおごるとき、言葉では嫌がるそぶりを見せるけれどいやだと思ったことは一度もないのに。そう思っているのは俺のほうだけで、あくまでトド松は恋人として隣に立ちたいという。そんなところもいじらしい。
「就職先に当てはあるの?」
「……」
 ビールをまた飲む。今度は底が見えるまできっちり飲んで、パネルで追加注文の操作をし始めた。あまり良い就職口は見つかっていないらしい。
「俺が人づてに良いところ紹介してもいいけど」
「いや、今回はあつしくんには頼らないから」
 対等でいるために、トド松は自分の中でルールを決めているらしかった。それならば俺が口出しできることではない。合コンの女の子を紹介した時のような気軽さは今回は通用しないらしい。それはそれで残念である。トド松が俺の範囲外で何かを選び決定してしまうというのはあまり面白くない。
 居酒屋の従業員がやってきて、トド松の席から空のビールを下げて新しいビールを置いた。その手があまりにも細くて顔を見ると、まだ大学生に見える若い女の子だった。胸も大きい。トド松のほうに向きなおると、トド松はしっかり胸を見てから「ありがとうございます」と従業員に愛想よく笑った。
「だから、ニートの僕とはお別れだよ、あつしくん」
「いつになることやら」
「……やれると思ってないでしょ?」
「まあ、やれたとして…高く見積もっても来年くらい?」
「今年中に就職してやるからな……」
 恨み言のように言うトド松が面白くて、思わず笑う。目の前のかわいらしい男は不服そうにしていたが、俺が笑うのをやめないでいると諦めてなんこつの唐揚げをつまみ出した。大衆向け居酒屋というのは得てしてうるさいので俺はそんなに好きではなかったが、トド松と行く居酒屋は好きだった。俺の笑い声が喧騒に掻き消える。
 もしも就職できたなら、トド松の望み通り割り勘で居酒屋に行こうと約束した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りこた ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:657字 お気に入り:0人
【数字松】---一松サイド---あの日の十四松の「ごめんね」が俺の胸に呪いのように刺さって抜けない。俺に友達がいないからってあの変態博士に頼み込んで猫と話せるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:光の動揺 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:2884字 お気に入り:0人
【おそカラ】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Diva ※未完
作者:いろはな2450 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:とてつもない女 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
毎年恒例、イタリア全土のマフィアの幹部が顔を合わせるパーティーには、それぞれ最も上物の女を連れてくるのが仕来りだ。ある者は国一番の美女を、ある者は極東から連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:東京の恋愛 制限時間:30分 読者:342 人 文字数:2914字 お気に入り:0人
【レスバス】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:栄光の仕事 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:2584字 お気に入り:0人
ショタドン(15くらい)×マフィくん(30くらい)------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:勇敢な動揺 制限時間:30分 読者:299 人 文字数:2851字 お気に入り:0人
(おそカラ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつかわかるだろうと先延ばしにしていることが、積もり積もって、いつの間にかわからないことだら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:贖罪の銀行 制限時間:30分 読者:373 人 文字数:851字 お気に入り:0人
「どうしてカラ松は、こんな俺にも優しくしてくれるの」何時も通りの何分かの祈祷の後、隣にいたシスター――一松に尋ねられた。彼は少し前、この教会で働き始めたシスター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:どす黒い闇 制限時間:30分 読者:297 人 文字数:519字 お気に入り:0人
初めは純粋に、あいつのことが好きだった。あいつが好きだと感じるたびに、それだけで幸せだった。だけど、日に日に想いが募って、独りで抱え込むのが苦しくなった。眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mirai@創作とか妄想垢 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:名付けるならばそれは博物館 制限時間:30分 読者:314 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
※チョロおそハロワに行って、面接失敗して、求人雑誌を眺めながらため息をつくもう何回目だろうか。家路を辿る足は重い。玄関の戸を開けただいまと呟く。靴は兄のものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:理想的な冥界 制限時間:30分 読者:404 人 文字数:2730字 お気に入り:0人
【ジェイカラ】------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ゆめみ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:いしかり お題:消えた人々 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:413字 お気に入り:0人
朝。石切丸が日課の加持祈祷に励んでいる。その様子を見ているのが好きで、今日も静かに襖を開けた。するとはっきりと聞こえる彼の声。凛としている、が、久しく聞くことの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鋼の錬金術師 お題:漆黒の闇に包まれし闇 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:561字 お気に入り:0人
彼には、闇がよく似合った。===光と闇=== 艶やかな黒髪は、光の角度で緑がかって見えて。 黒を基調とした露出の多い服は、その白い肌を闇によく映えさせた。 紫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:綺麗な極刑 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:608字 お気に入り:0人
蒼い空の下には草花が咲き乱れ、爽やかな風は喧騒どころか鳥の囀りや虫の羽音すら乗せず、ただ涼しさと花の香りだけを運んでいた。楽園のような、しかしただ綺麗なだけの停 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:激しい罪人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:490字 お気に入り:0人
俺はなんてことをしてしまったんだろう。そう思ったってもう遅い。どんなに考えたって悩んだって時間は戻ってこないのに。俺と三好さんが出会ったのは本当に偶然だった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
甘庶(1%未完) ※未完
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:僕の好きな略奪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:506字 お気に入り:0人
敗者の物は勝者の物。湖賊だった頃から、甘寧にとってそれが常識だった。いくさに勝てば、相手の財産を奪うのは当然のことで。だから今回だって、大敗した曹操軍の物は何だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:薄汚いパソコン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:443字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。ユーゴがDホイールの調整に使うパソコンは、彼とリンが一から作り上げたものだ。モニターやキーワードは闇市で購入、細かい部品は少しずつ貯めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:フニャフニャの宿命 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
どうしても、映える個性というのは差があるものだ。華やかなヒーローを目指す者が大多数の世の中で。思想や、スタイルがフニャフニャと定まらない者と言うのは。つまはじき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:過去の恋人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:829字 お気に入り:0人
それはゆきずりだった。雨がしとしとと降っている。部屋の中からガラス越しに薄暗い、灰色の世界を眺めながら、平賀は頬杖をつく。「なんだい、浮かない顔をして」カフ○ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:ダイナミックな超能力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:748字 お気に入り:0人
平賀は飢えていた。物理的にお腹が空いている。彼にさてどれだけ基本的欲求が備わっているのか、あるいは感じているのかは不明だが、稀有なことに彼はおなかがすいてどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉