ジャンル:カルジュナ お題:神の小説合宿 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1539字 お気に入り:0人

【カルジュナ】転生なんて聞いてない

宿敵と戦おうと思っていたら老衰で死んでいた。

何を言っているか分からないと思うが、つまりはこれがカルナの前世のすべてだった。
人間として生を受け、神ではない父親と、そしてこちらも神ではない母親に育てられ、カルナは人間としての愛情を享受して生きた。青年になってからはそこかしこから賛美の言葉を貰ったが、その取り巻きの中に自分の魂を震わせるものは居なかった。
カルナは、自分が人間になったならばアルジュナとて人間になっていると確信していた。自分の生活圏内に居るかどうかは定かではなかったが、カルナが居る限りアルジュナも居る。そうしてこの窮屈な世で、どうにかして命を奪い合うのだと、そう信じていた。
が、現実とはカルナの予想を三回ほど捻り、反面教師で着地した。

そしてカルナは老衰で死ぬ直前、こう思った――次こそはアルジュナと出会い、あいつを殺す。

願いがかなったのか、はたまたこれも因果なのか。
気付いたときには、カルナは新生児室の天井を見つめていた。老衰で死んだ次は、赤子に逆戻り。タイムラグくらいは与えて欲しい、とは、さすがに思わなかった。記憶があるだけでも、カルナにとっては喜ばしいことであった。何故ならもう一度赤子をやり直せと言われた時に、前の記憶があると演技しやすいからだ。首も座っていない赤子が、いきなり流暢に話してしまったら、物の怪か天才か、それともドッキリかと両親は卒倒するだろう。
カルナはもちもちとした手を目の前にかざそうとして、失敗する。

またしても平凡な人間の両親の元に生まれたカルナは、両親のどちらにも似ぬ白い髪と水色の瞳、そして何よりアルジュナのことを考えていると赤く染まるというギミックを瞳に搭載していた。カルナはその自分に与えられたギミックに気付いたとき、アルジュナが生きているだろう、ということを確信に変えた。そうでなければ、と。

「……しかし……アルジュナを探さなければならないのか」

カルナは思い切り顔をしかめた。前回、つまり最初の転生ではアルジュナを待ち続けた上での老衰だった。あれでは最盛期の自分の姿では戦えない。人間の肉体は刻一刻と変容していくのだ。そして今、カルナはとうとう十六歳を数えようとしていた。高校一年生、そろそろアルジュナの居場所に見当を着けなければ、肉体の最盛期はすぐに過ぎ去ってしまうだろう。
自分からアルジュナのために動くというのも癇に障ったが、それよりもアルジュナは授かりの英雄と呼ばれた男であるのだから、人間に転生したとしてもカルナの耳に入るくらい輝いておけぐらいには思っていた。カルナの精神は外見年齢に些か引っ張られるようでもあったが、年齢以上に老成した視点のカルナは、いつも聞き分けが良すぎて両親に心配されていた。

「…………つまり、どう探すか」

探し物を見つけるのに探偵を目指す者が居るだろうか。それ以外、いや、もっと世界中を飛び回り効率的に人間を観察でき、あらゆる情報を収集できる場所に居なければ。
そう考えたカルナは、どこをどうして突き詰めたのか、独自の理論を展開し、SWAT所属にまでなっていた。
銃など弓に比べれば照準の合わせ方などとうてい安楽であるし、千里眼とは言わないけれども見識は衰えていないカルナは状況判断に長けていた。何より我慢強く、苦を耐え忍ぶことにも慣れていた。とすれば、カルナが軍隊に所属しようが秘密機関に所属しようが問題は無かったのだが――

「もしかして、また間違えたのか」

紛争地帯の真っ只中。スコープつきのスナイパーライフルを放り投げながら、カルナは言う。
集中砲火を浴びて、カルナの肉体が粉々になった。つまり、また、宿敵とは戦えずに死んだのであった。



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:1551字 お気に入り:0人
その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ロシア式のドロドロ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1441字 お気に入り:0人
以前、アルジュナはカルナに一つ、聞いたことがある。『好きってひとと好きってひとがいっしょにいるのに、どうしていけないんでしょう』それは読み聞かせに持ってきた古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:明日の善意 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1606字 お気に入り:0人
さて、どうにもこうにもカルナはウェディングドレス一式をデザインしなければならなくなった。深呼吸を一つ。咄嗟に持ち出してきたトルソーを小脇に抱えて、カルナは歩き出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:早すぎたパラダイス 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:2433字 お気に入り:0人
「お?」信長が、アルジュナを見かけたのは、本当に偶然だった。エミヤやタマモキャットが未召喚のこのカルデアでは、食堂には簡素な非常食が山積みになっており、それらを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:夜とパイロット 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1312字 お気に入り:0人
「げせぬ」それがこの度の人生で最初にカルナが発した意味のある言葉であった。両親が近くに居たのだが、まさかそんな言葉がカルナから発せられたとは思っても見ない二人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ロシア式の男祭り! 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1362字 お気に入り:0人
「カルナ、まただめだったのですか」どんぐりまなこを、えいやっと細めてカルナを睨もうとしている幼子(おさなご)の名前はアルジュナ。カルナの従弟でもある小さな子供。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:楽しかった大学 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1383字 お気に入り:0人
アルジュナが教員控室に乗り込んでいる一方、カルナの方は少しだけ時間を遡って動き出すことになる。生まれて初めてモデルにしたいと思った人間にすげなく断られたカルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:つらい視力 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
アイドルになっても死んでしまうとは情けない。しかしカルナは学んだ。人間は弱いのである。英霊とは全く別物なのだ。つまり、死ぬときは死ぬ。それだけの事である。「しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:重い成功 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1604字 お気に入り:0人
さて、もう三度目…いや、四度目になるだろうか。三度目で正直が来なかったのでそろそろ正解への糸口くらいは見えてもいいのではないのか、などとカルナは考える。再び新生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:つまらない町 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:2141字 お気に入り:0人
アルジュナとマリー、そしてナイチンゲールは本日の合流場所である中央ロビーに辿り着き、学内学生の作った衣装展示を眺めながら迎えを待っていた。「おーい、アンタたち~ 〈続きを読む〉