ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:純白の冒険 必須要素:大阪 制限時間:4時間 読者:101 人 文字数:763字 お気に入り:0人
[削除]

純白

今日は僕の初めての大阪出張だ。

大阪には何が有るのだろうか。
きっと、愉しい事でも有るんだろう。

何処かで犬が吠えている。
そう云えば。

自殺嗜好の隣の人は犬が大嫌いだった筈。

案の定、顔を真っ青にしている。

こんなに愛いのに、何故嫌いなのだろうか。

可愛らしいチワワだ。
何処か組織の幹部に似ている気がする。
まぁ…気のせいなのだろうけど。

「敦君は、大阪に行った事はあるかい?」

「ありません。」

電車に揺られながら呟いた。
孤児院では何処かに出掛ける何て行事は無い。
僕は専ら書庫で本を読んでいた。

今でこそ安価で手に入る本だが、
僕が小さかった頃は迚高価だった筈だ。

今日の仕事は、図書館に仕掛けられた爆弾を撤去する事。
全く、物騒な世の中だと思う。

「如何したの?」

「否、何でも有りません。
そう云えば、太宰さんは行かれた事が有るんですか?」

「うん、前職で蝙蝠と行ったよ。」

蝙蝠?
嗚呼、中也さんか。

それなりに仲の良い二人だから、
きっとプライベートで行ったんだろう。

「あの時、中也にウェディングドレスを着せてね……
壊滅的に似合ってなかったけれど、
面白かったよ。」

ん?
一寸待て。
何を着せた…?

ウェディングドレス~?!

野郎二人でブライダルショップに入ったのか。
完全にヤバイ奴だ。

抑、どうやったらそんな発想に至るのだろうか。


それに、彼より隣の男性の方が似合うだろう。

どちらかと云うと、
中也さんは牡丹のような豪快な美しさだが、

太宰は、百合や菖蒲池のようなほっそりとした美しさだ。

「太宰さんのウェディングドレスも見てみたい」

何て云ったら
ノリノリで着そうな気がするから云わないけど…。

そんな純白の冒険をしてみるのも一興だろう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:意外!それは汁 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
足の指は五本ある。両足を合わせると十本ある。いち、に、さん、しい、ご。指を折って数える。「ちょっと、部屋あったまらないから送風口あけて」 セーター伸びちゃうで 〈続きを読む〉