ジャンル:カルジュナ お題:楽しかった大学 制限時間:15分 読者:351 人 文字数:1383字 お気に入り:0人

【カルジュナ】洋裁専攻学科xモデル志望6

アルジュナが教員控室に乗り込んでいる一方、カルナの方は少しだけ時間を遡って動き出すことになる。

生まれて初めてモデルにしたいと思った人間にすげなく断られたカルナは、しばらくその衝撃に呆然と立ち尽くし、周囲の学生たちから励まされたり肩を叩かれたりとせわしなかった。皆はカルナがどんな服を作るか、どんな評価を得ているかを知っている人間たちであったため、この機会にカルナへと取り入ろうとする者も何人かいた。
しかしカルナは全ての言葉に軽く返事を返した後、勢いよく走り出した。そして今しがた飛び降りてきた二階の教室まで、階段を場違いなほどの勢いで駆け上がり、力いっぱいにドアを開けた。これはカルナが乱暴にしようとしたからではなく、勢い余ってそうなっただけだということだけ訂正しておく。
そしてカルナは開口一番、教室内のチームメンバー全体に聞こえるように叫んだ。

「オレはチームからしばらく外れる!」
「はぁ!? どうしたんだよ!?」
「ちょっと待って辞退!?」

チームリーダーにも等しいカルナの台詞に教室内が一気にざわつく。が、カルナの言葉を待つよりも早く、声を上げるものが居た。

「はっはっは! なんじゃお主、在奴に惚れたか!」

清々しいほどの笑い声に、全員の視線がそこへ無垢。ノッブこと、信長がさもおかしそうにカルナを指差していた。

「あの交換学生、手に入れるには生半可なものでは足りんぞ」
「交換学生?」
「ム? 知らんのか? 次の個人コンペがあるじゃろ? それの『景品』じゃぞ、在奴らは」

にたり、と信長が笑うと、カルナの双眸が細められる。信長は、今まで腰掛けていた実習用机から降り、パーカーのポケットに両手を突っ込みながらカルナへと歩み寄った。

「てっきりお主、個人コンペで一位が取りたいからチームを抜けるもんだとばかり。しかしその様子だと知らんと見えた」
「あぁ、今知った。が、礼を言う」
「そうじゃろうそうじゃろう? 手に入れる手段を教えてくれたノッブに、ちと褒美をくれても良いのだぞ?」
「オレにできることならば」

信長は、カルナの前に立ち、その細身からは想像できない程の眼力でカルナを見上げてくる。
ちろ、と信長の舌がさもごちそうを前にした蛇のように動いた。

「あの交換学生、ワシにも味見させよ」
「断る」

ばっさり。
断頭台もかくや。
先程自分がかけられたギロチンの下に、今度は他者をひっかけることになろうとは。カルナは底冷えする瞳で信長を見下ろしている。

「アレはオレのものだ」
「ほーぅ? またまた、施しの気鋭は冗談が上手いのう。今の今まで、お主は在奴のことをこれっぽっちも知らなんだ」

けけけ、と信長は心底楽しそうに笑う。
こうした、他人をおもちゃにするときの信長の笑みは、まるで魔王のようだと言われる。信長に、目の前でじっとりと笑われると、その瞳の奥に心根さえを焼き尽くしてくる炎を見せられるのだと。
しかしカルナは信長の視線を如何ともせず、ただ静かに見返すのみだ。
何故ならカルナは知ってしまった。自分の心の中の炎を、自覚してしまった。
流れ星が落ちてきたように、轟く雷鳴に導かれたように。

「それでも、オレはあいつを待っていた。誰にもやることはできない」

カルナの心へ向かって、真っ逆さまに、彼は落ちてきたのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:茶色い小説トレーニング 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「ということで、第一回、カルデア主催のスワヤンヴァラ婚の始まり始まり~!」「いよっ待ってました!」おざなりな合いの手を投げるランサーのクー・フーリンの手にはビー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:黄色い信仰 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1569字 お気に入り:0人
※個人的解釈・曲解を多分に含みます。ご注意ください。「アルジュナの頃の結婚って、やっぱり男の人が女の人に求婚するのが多かった?」マスターの言葉に、アルジュナは首 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:マンネリな電撃 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1447字 お気に入り:0人
やっこさん、なかなかに燃えてるねぇ。そんな軽口が聞こえたかと思うと、オレの目の前に突然緑色のマントが広がった。隣にいたマシュも驚きに目を丸くしている。「ロビンフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:ひねくれた巨人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
闇夜の中にあって、焚火の炎は優しく揺らめている。先程まで、オレはアルジュナと戦っていた。あのアルジュナが反転し、オレたちを迎撃してくるとは思っていなかった。けれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:絶望的な霧 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1643字 お気に入り:0人
震える瞳の眼前に、今までにも何度か見た緋色が広がる。ただ、それが、あまりにも苛烈に広がったものだから、オレは茫然とマシュの盾に守られたまま膝をつくしかなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉