ジャンル:カルジュナ お題:夜とパイロット 制限時間:15分 読者:653 人 文字数:1312字 お気に入り:0人

【カルジュナ】転生なんて聞いてない5

「げせぬ」


それがこの度の人生で最初にカルナが発した意味のある言葉であった。両親が近くに居たのだが、まさかそんな言葉がカルナから発せられたとは思っても見ない二人は、あらまた何かお喋りしてるわウフフアハハくらいの状態だったのが幸いした。カルナとて憤怒にまみれた呟きを聞かれた挙句に精神を心配されるのは御免こうむりたい。

はてこの度の人生ではどう歩んでいくか。
中学校までは今までの人生経験からいって、特に大差はない。ここから誰と会い、自分がどう返答していくかでカルナの行先が決まるようだった。
しかし、今までアルジュナを探したのが一回、見つけてもらおうとしたのが三回。しかし最後のモデル人生は、カルナとしても反省点の多いものであった。

「……アルジュナに会う、というのが、確定事項のように考えていたが……」

それはカルナの驕りでもあった。
自分が居るのならばアルジュナが居る。アルジュナが居るからこそカルナは転生する。単純明快なループの原因。

だが、そのループの原因が、いつまでたっても現れない。聖杯戦争を幾度となく経験していた身としては、アルジュナが共に召喚されない確率も高いのだということも、頭では理解していた。
しかしこれはもう運命なのだ。必然なのだ。カルナは公園の滑り台の像の上で膝を抱える。制服である黒いスラックスに顔をうめると嗅ぎ慣れた太陽の匂いがする。アルジュナからは感じられない匂いだ。
アルジュナは雷神の血を引いていたため、いつも朝靄を連れ、小雨の香りを漂わせていた。空気の中に飽和していく湿度と共に立ち上る土の匂い。カルナの持たぬ、違う種の静寂の欠片がそこにあった。

「……お前はどこに居る」

カルナの問いに、答える人間は居ない。黄昏時の公園にはカルナしか居ない。だが、いつまでも膝を抱えているわけにはいかないのだ。カルナは立ち上がり、平凡にて至高の家へと足を向ける。
今回の家族も、カルナがどんな記憶を持っているかをしらず、無垢なにて無償の愛を注いでくれている。カルナが生前にて手に入れることのできなかった、生まれながらの社会的地位も持った両親である。愛情を注がれ、何一つ不自由なく暮らし、自分の未来を、心身を案じてくれる家族が何より近くにいる。

「それでもお前は居ないのか」

カルナは闇夜に問いかける。
どこまでも続く空の奥深くに質問を投げても、答えをよこす神は居ない。この世界に、神を感じることはできない。

「大いなる我が父。どうかオレを見ているのならば、どんなにか嘲笑っても構わない。ただ最後にオレがアイツに会ううことができるようにだけ、どうぞ願うことを許して欲しい。千の生を越え、万の人々を踏みにじっても、オレはアイツへの炎を失うことができないのだ」

カルナの懺悔を聞き届ける神が、果たしてここに居たのだろうか。人間になってしまったカルナにはとうてい分からない。
ただ、遠くで少しだけ何かが瞬くように感じた。

カルナはこの人生を、ひどく平凡な男として過ごした。
社会の歯車となり妻を娶り、子供を成した。そして、何の感慨もなく、ただアルジュナの姿を思い浮かべながら死んだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉