ジャンル:FGO お題:早すぎたパラダイス 制限時間:30分 読者:165 人 文字数:2433字 お気に入り:0人

【ジュナごはん】ノッブといっしょ

「お?」

信長が、アルジュナを見かけたのは、本当に偶然だった。
エミヤやタマモキャットが未召喚のこのカルデアでは、食堂には簡素な非常食が山積みになっており、それらをかいつまんで生を繋いでいる職員が殆どである。腹に溜まればいい、という身もふたもない言葉を、心の盾にしているようでもあり、信長にはそれらの意識をわざと避けていた。

基本的にサーヴァントたちにとって食事は不要である。カルデアから送られてくる電力を魔力に変換しており、供給が途切れることはない。空腹感を感じるため、というよりも嗜好品としての食事を摂りたくて非常食に残念がるサーヴァントはいたが、なにせ人手も材料も足りない。
信長は食堂というよりも、そこから続く食糧庫の中から水のみを取り出してきたアルジュナに声をかけた。

「アルジュナ、ちょうどよいところにおったな、お主は幸運じゃぞ!」
「はい、私は幸運であることを自負しておりますが」
「パラメーター的なものを言及するのはつまらん。そこではない」
「そうですか」
「お主はスーパーカーを手に入れたら、どう走るべきか考えるタイプじゃのう」
「はい?」
「型にはまるばかりでは世の享楽のうち半分も得られんぞ」
「……私には不要のものと思います」
「まぁ良いわ、ちょっとこっちに来い」

自分よりも頭一つ分は小さいところにある旋毛は、今は帽子で隠れている。アルジュナは先導する信長についていき、食堂の片隅のテーブルへ腰を下ろした。
アルジュナは自他共に認める強者であったが、その彼がくるまでのカルデアでアーチャーを言えば信長だった。拳銃という武器を使うものの、それが現代に近しい歴史での飛び道具――ひいては弓に近しいものである――ということを聞いてから、アルジュナも信長には表立った不義理をすることはない。自分が召喚された直後は、数少ないアーチャーとしてアレコレと世話を焼いてくれた記憶を持っているからでもある。

四角いテーブルに向かい合わせになった状態で、信長は一つの袋を取り出した。

「ババーーーン! どうじゃ、どうじゃ~! ポテチじゃぞ~!」

四角い袋を、効果音つきで見せびらかされたのだが、アルジュナはそれが何か分からずに首を傾げた。

「ぽてち…?」
「なぬ!? これを知らぬか!? 天下のポテトチップスじゃぞ!? うぅむ、まぁ、お主は職員と仲良くなって菓子をちょろまかすなどということはせんだろうな」
「そんなことをしているのですか、あなたは…」
「ちょちょいーっとこの間のレイシフトの時の話をしてやっただけじゃぞ? それはともかく、ここで会ったのも何かの縁じゃ。特別に相伴に預からせてやろう」
「いえ、私は良いのでご自身で召し上がっては?」
「それじゃワシが心が狭くてみみっちい奴のようではないか! お主は黙って食っておれば良いのだ」

ぱん!と袋を開けた信長は、テーブルの中央で袋を広げる。アルジュナが中身をまじまじと見ると、薄くて、円形がへにゃりへにゃりと曲がりくねった形だと分かる。それらに規則性はなく、たまに割れたもの同士なのかが近くにあり、酷くもろいものであることも見て取れた。

「……食べ物、なのですよね?」
「そうじゃそうじゃ。ほれ、食わんか」

信長はぽいぽいと手袋を脱ぎ捨て、一番おおきなポテトチップスを摘まみ上げる。
大口を開けて、前歯に軽く力を入れれば、パキッ、という軽やかな音と共に軽々と砕かれる。半分ほどが一気に口の中に消え、咀嚼するたびに軽快な音が響く。
最初の一口はいつも、舌先をぴりりと痺れさせる。信長の食べ方を見て、アルジュナもそうっと手を伸ばした。が、手袋をつけたままであったため、信長に止められた。

「汚れるぞ~外せ~」
「はぁ」

その通りに手袋を外し、そうっと一枚を摘まみ上げる。信長が食べているものの、四分の一ほどの大きさのそれを、おずおずと噛んでみる。
カリッという音と共に円形の端が齧り取られる。唇の裏に感じた塩気に、唾液がどっと溢れてくる。舌の上で転がせば、すぐに唾液を吸って柔らかくなる破片は、それでも揚げた直後の香ばしさを残していた。もう一度、アルジュナは指先のそれを齧った。今度は半分ほどを。唾液に絡め取られるよりも早く、奥歯でシャグシャグと噛めば、先程よりも強い香ばしさがすっと鼻腔へ抜けていく。塩気といい、香ばしさといい、そして何よりリズミカルな噛み心地は今までに無いものだった。

初めてのジャンクフードに、アルジュナが思わずもう一枚、もう一枚、と手を伸ばす。できるだけ小さいものを無意識に選び、リスのように端から齧る。しばらくしたところではっとして、そろりと信長の方を見ると、どこから取り出したのかもう一袋、同じようなものを持っていた。

「あの、それは?」
「フッフーン。今食べているのがコンソメ味でな。そしてこちらはのりしお味じゃ!」
「のり…しお…?」
「説明するより食べた方が早いぞ」

バリーンと再び袋を破き、テーブルにもう一つ袋が増える。アルジュナは油でぬるつく指先を持て余しながら、信長とポテトチップスを見比べる。

「ほれほれ、早く食べんか! こんなとこ、他の奴らに見つかったら横取りされてしまう」

ニッ、と白い歯を見せて笑う信長に急かされ、アルジュナは新しく登場したのりしお味も一枚手に取る。やはりそれを微かに齧り、磯の香りがすることに目を瞠った。

「せーっかく人の身を持ったんじゃ。少しくらい気を抜いてもバチは当たらんと思うぞ」

信長が、笑いながら指先を舐める。
アルジュナは何度か、ポテトチップスと自分の指先を交互に見ると、こっそりと舌を伸ばして指先を舐めた。それは大英雄が、一介の王子がするような動作ではなかった。けれど、舌先に感じた塩気は、やはりアルジュナの味蕾を刺激し、次の一枚に手を伸ばさせた。


※王道ジャンクフードとアルジュナ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ふじした ジャンル:FGO お題:去年の風 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
宝蔵院胤舜の着物の裾からは、いつも白檀の、よいにおいがする。俺が彼をこのカルデアに喚びだしてから、何日も経過したというのに、その甘くて爽やかな線香のにおいは彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ボンゴレーノ麹 ジャンル:FGO お題:どこかの情事 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:1394字 お気に入り:0人
「あれ?」小西はふと足を止めた。視線の先、開けた人工中庭には二人の女性が隣同士に腰をかけ、手元の本に目を落としている様子だった。「ますたー?」「あ、あぁ、悪い」 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:軽い本 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
さて、結論から言うと私は根競べに負けた。遥か東方ではお百度参りとでも表現するらしい。カルナは私の元へと度々脱走を繰り返し、とうとうボスが手駒として子飼いにしてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:燃える人々 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
初めて見た時に、私にはそれが白い石の塊に見えた。例えば大理石を砕いたまま打ち捨てているような、それがこんな裏路地の片隅にあるとは思えなかったが。それは私が近づく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:僕の好きな恨み 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
私は一匹の獣を飼っている。さて、おかしいとは思っていたのだが、これはもう思わず口元を歪めてしまうくらいわかりやすい展開だ。例えばここが相手の経営するカジノの上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:気持ちいい太陽 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「カルナ、しんぞうって、どうやったらあげられますか?」アルジュナは丸い瞳を爛々を輝かせてそう言った。「しんぞ………心臓か」「そうです!」たっぷりの沈黙と困惑のあ 〈続きを読む〉