ジャンル:アイドルマスターsideM お題:可愛い小説新人賞 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:793字 お気に入り:0人

【P道】みらいにっき

「大きな休みが取れたらどうしたい?」

俺の言葉に、道流が手に持っていたグラスをテーブルに置いて、ううんと首を捻った。
俺としては酒の席のちょっとした雑談のつもりだったのだが、意外と道流は真剣に考えるタイプだったらしい。
床に転がった日本酒の瓶を眺めて暫く待っていると「そうっすねえ」と道流が口を開く。
アルコールのせいでやや潤んだ目が、此方を見た。
どきり、と心臓が跳ねる。

「師匠と」
「うん」
「どっか遠出したいっす」

そう言って、道流はへらりと笑う。
いつもはしゃきっとした凛々しい顔立ちが、今ではアルコールの力も手伝ってだらしない。
うん、可愛い。

「俺と?」
「師匠と出かけたら、きっとどんなところも楽しいっすよ」
「はは、なんだか照れるわ」

俺はにやけがとまらず、道流と同じようにだらしなく笑う。
嬉しい、嬉しすぎる。あと道流が凄く可愛い。

「仕事で回ったところを、師匠ともう一回行ってみたいっす」
「ほお」
「仕事の時に回りきれなかったところとかを、師匠と巡ったらなんだか楽しそうっす」

へへ、と道流が笑う。
酒のせいなのか、それとも照れているのか。
顔がほんのりと赤く染まって、何とも愛おしく感じる。
いや、元々彼は可愛いのだが。

「んで、巡ったところの感想なんかを一つ一つ書いて」
「うん」
「一生大事にします」
「はは、なんだそれ」
「大切にします」

だって師匠との思い出っすからね。
などと、道流はまだやってもいないことを楽しげに話す。
どこか遠くを見ながらそう語る彼の瞳は、夢の中を揺蕩うように蕩けていた。

「…良いなあ、それ」
「でしょう?」
「うん、すごくいいと思うぞ。なあ、もし本当に出来たらさ、それ読ませてくれよ」
「ん、良いっすよ!」

道流が子供みたいに笑う。
いつかそんな日が来るといいな、と思いながら、俺は再び酒に口を付けた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:豆子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:穏やかな夏 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:1118字 お気に入り:0人
硲から見た舞田のはなし(教師時代捏造)※1stパンフレットインタビュー内容に触れています※ゲーム中では舞田・山下「くん」呼びですが、過去話なのでわざと漢字表記に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:豆子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:夜と狼 制限時間:1時間 読者:346 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
※SEM。やまはざにしたかったが…※何一つお題に添えなかった「はぁ~、夜は急に寒くなっちゃいましたねー」日も暮れゆく夕刻。事務所を出た途端の北風に山下は肩をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひじき ジャンル:アイドルマスターsideM お題:騙された流刑地 制限時間:1時間 読者:287 人 文字数:2610字 お気に入り:0人
※朱雀×玄武 寮住み(一人部屋)設定 ただいま、と口にした言葉が、しんと静まり返った室内に無為に響く。木霊のように返される声はなく、ついそう発してしまった苦々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
めも ※未完
作者:なつこ/実験 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:急なヒーロー 制限時間:1時間 読者:350 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
風薫る五月、その日はやたらと太陽が高い位置にある気がして、なんとなく手を伸ばすのも億劫に感じた。別に、普段から頻繁に空を見上げているというわけでもないのだが。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちょろいみくろ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:フハハハハ!それは悪役 制限時間:1時間 読者:564 人 文字数:1578字 お気に入り:0人
わああ、と歓声が沸いた。 それは四角く切り取られた世界だ。その光景が、声が電波に乗り、ハイビジョンで全国のあちこちへと飛んでいく。 そして、それはこの狭い一室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:少女のライオン 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:418字 お気に入り:0人
※ハイジョ※春名と四季とみんなとドーナツ※少女…?いや〜、ライオンみたいだよな。事務所の近くにあるドーナツ屋で買ってきた、モチモチした丸っこいのが連なって輪っか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:572字 お気に入り:0人
ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。 行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:224 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

七市の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:34 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
それはいつだって自分の頭の中の物語だった。他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされた船 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「クリスさん、何してるの?」北村の声に、名前を呼ばれた古論が振り返る。手には三十センチほどの木の棒が握られており、川辺に生えた茂みへと向けられている。早朝六時の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:最弱の国 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「どうしても駄目かい?」「どうしても駄目」静かな事務所で交わされるこのやり取りも、今日で五回目だ。自身の外見の良さを理解している類は、可愛らしく首を傾げて「何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:可愛い小説新人賞 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:793字 お気に入り:0人
「大きな休みが取れたらどうしたい?」俺の言葉に、道流が手に持っていたグラスをテーブルに置いて、ううんと首を捻った。俺としては酒の席のちょっとした雑談のつもりだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:安い孤島 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
男の一人暮らしには十分すぎるサイズのベッド。不満に思うことなどない、これから先も思うことなどないだろうと考えていたベッド。その上で、なんでこうなってしまったんだ 〈続きを読む〉