ジャンル:カルジュナ お題:ロシア式のドロドロ 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:1441字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x小さい婚約者2

以前、アルジュナはカルナに一つ、聞いたことがある。

『好きってひとと好きってひとがいっしょにいるのに、どうしていけないんでしょう』

それは読み聞かせに持ってきた古い絵本だった。にんぎょひめ、と銘打たれたその中身をアルジュナは悲しそうに聞いていた。
いくつもいくつもを、お泊り用の鞄に入れてきた。アルジュナはカルナの家に泊まる時に、必ず絵本を持ってきた。絵本を読まれている間は、アルジュナは多忙な家族から置き去りにされている感覚を忘れることができたのだ。

『きつねさんも、たぬきさんもダメなのですか』

アルジュナが持ってきた『新訳:遠野物語』というところに些かのひっかかりを覚えたものの、カルナはアルジュナの形の整った頭を無言で撫でてやる。カルナはアルジュナの多感な感覚を衰えさせたくは無かった。
空を美しいと思うのも、花を愛でようと思うのも、それらを教えられたからではない。愛しいと思う心が育っていなければ、それらは視界認識の情報のみで流れていく。
言語情報で流れていくだけだったそれに、意味を持たせ、疑問にまで育てたのはアルジュナだ。カルナはそれを潰したくは無かった。清廉な水を与え、肥厚なほどの栄養の層を重ねて、アルジュナの心を守りたかった。
だからカルナはこう答えた。

『――お前が思えば、思うだけ』

カルナの言葉は、正しく実行された。






「――ですからぁ、このシリーズの続きですってばぁ!」
「そっちは先月も短編もらってたでしょーがっ! 今度はこっち!」

狐面出版社の編集者、玉藻と、新緑出版社の、同じく編集者であるロビン。その二人がカルナの前でいよいよ火花どころか流血沙汰を起こしそうに睨みあっている。

「どちらも書くが」
「いやいやムリでしょ! アンタ自分のスケジュール分かって言ってます!?」
「そうですよ! カルナっちさん、『謝罪探偵すまないさん』の一冊目も十五回目の重版かかってんですから!」
「ふむ」

現在、カルナは三つの出版社と契約をしている。それもこれも、来るもの拒まず仕事を受けていたからなのだが。
カルナはアルジュナの『次に勝ち取った話が、アルジュナが十六歳になるまで続いていたら結婚する』という言葉を信じて、今も小説を書き続けている。
初のシリーズものとなった謝罪探偵シリーズは、今や一年一回のペースで刊行され、時に番外編として文学雑誌に四千字程度のものを載せている。これでも十分、シリーズが続いていると言えるだろう。
それに加えて、玉藻とは『週末伊勢丹審問』、ロビンとは『あした花咲く薔薇園で』というシリーズを出している。

「……カルナ、あまり、困らせてはいけませんよ」

中学に上がったアルジュナが、はぁ、と溜め息をつきながら客間を横切り、自室へ戻る。
エスカレーター式である、名門パーンダヴァ校に通うアルジュナは、カルナの家の方が近いため、中学に上がったときからカルナと同居をしている。

「おかえり、アルジュナ」
「……ただいま帰りました」

以前のようにひっついてくるでもない。カルナが話しかけなければ事務的な会話しかしない。それでも挨拶だけはしっかり返してくれる。


「やはりもう一本書こう。内容は狸と狐の婚姻ものにしよう」
「過労で死にたいんですかぁ!?」
「好き同士ならば、障害はなにもないということを知らしめなければ」
「はぁ??」

カルナはまだ、アルジュナとの約束を覚えている。
全部、覚えている。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉