ジャンル:刀剣乱舞 審神者 お題:黒尽くめの魔物 必須要素:100字以内 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:100字 お気に入り:0人

100文字とか無茶ぶりが過ぎる

こんな所に大荷物。誰が置き去りにしたのだろう。そう思って審神者が触った真っ黒な布の塊が、いきなり動いた。
腰を抜かした主人に、迷惑そうな顔で山姥切が振り向いた。
「俺が黒い布を被っていて悪かったな。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

始皇帝クレールの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:始皇帝クレール ジャンル:刀剣乱舞 審神者 お題:黒尽くめの魔物 必須要素:100字以内 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:100字 お気に入り:0人
こんな所に大荷物。誰が置き去りにしたのだろう。そう思って審神者が触った真っ黒な布の塊が、いきなり動いた。腰を抜かした主人に、迷惑そうな顔で山姥切が振り向いた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:始皇帝クレール ジャンル:刀剣乱舞 審神者 お題:ありきたりな妄想 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:923字 お気に入り:0人
ここは現世。審神者の溜まり場と化した、幽霧の審神者が住まう古びたアパート。ここに、住人の幽霧を含め、4人の審神者がたむろしている。「あ~、結婚したい~……。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:始皇帝クレール ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:光の儀式 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:982字 お気に入り:0人
それは奇妙極まる光景だった。火輪の審神者の本丸の庭に設置された、謎の祭壇。ご神体を置く位置には何故か金色の鉄扇が置いてあり、その前には食事が乗った膳が据えてある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:始皇帝クレール ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:死にかけのもこもこ 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:963字 お気に入り:0人
ここは火輪の審神者の本丸。よく来客のあるここは、今日も数人の女審神者が訪れている。そのうちの一人、依代の審神者が急用で先に本丸に戻ることとなり、火輪に見送られて 〈続きを読む〉