ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:433字 お気に入り:0人

【Pと玄武】一歩踏み出す ※未完

くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。
進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。
胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮かべて、お前は前に進んでいく。
諦めることなく、立ち止まることなく。
「番長さん」
「ん?」
少し、不安そうに震えた声で玄武が呟く。
目の前にあるのは輝かしい舞台。
観客席からは期待に胸を膨らませたファンの歓声が響いている。
「此処からがスタートなんだな」
「…うん、そうだな」
MCが彼の名前を呼ぶ。
歓声が沸く。拍手の雨が降り注ぐ。
「なれるか、俺は。アイドルに」
「なれるさ、お前ならなんにだって」
これがその第一歩だ。
俺は玄武の背中を叩く。大丈夫、と笑ってやる。
これから先、お前はなんにだってなれる。
これから先も真っ直ぐに前を見据えていくなら、なんにだって。
朱雀もいる、俺もいる。
お前はなんにだってなれる。
「いってこい」
「…ああ!」
前へ進め若人よ。
目の前に光がある限り、きみは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:空前絶後の小説 制限時間:30分 読者:246 人 文字数:1623字 お気に入り:0人
先生はいつも本を読んでいる。読 んでいない時もないことはないが、基本的には本を読んでいる。 先生は熱心な読書家だ。いつだって本を手放さない。手放さ過ぎて、たまに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ざくP ジャンル:アイドルマスターsideM お題:女の旅行 制限時間:30分 読者:650 人 文字数:873字 お気に入り:0人
前日に準備はしていた。朝は朝食の一時間前には目覚めて、身支度もある程度整えておいた。それでもシーツを整え、歯を磨いて髪を纏めなおした頃には時間ぎりぎりだった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな行動 制限時間:30分 読者:471 人 文字数:824字 お気に入り:0人
あたたかい小春日和の昼下がり、事務所のソファでうとうとしていたら、るいがピンクに色づいた梅の花を持ってきた。事務所近くのフラワーショップで売ってたから買ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まつえー@つづキチ全盛期 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:憧れの階段 制限時間:30分 読者:457 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
「ここ、ここなんだよ」 もう自分が生まれる前のバブル期に建てられ、年月を重ねて白茶けてきた『近代的なビル』に囲まれた、これまた白茶けた石張りの広場。遊歩道に上が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:うへへ、博物館 制限時間:30分 読者:383 人 文字数:1219字 お気に入り:0人
「虹が綺麗っすねー」事務所から見える広い青空に、鮮やかな虹がかかっている。都会にある事務所から見える虹の存在は珍しく、四季は外を見て思わず声を上げた。視線を落と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青葉 和 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:幼い消しゴム 制限時間:30分 読者:566 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
ボロッと消しゴムの一部が欠けるのを見て、山下次郎は苦笑した。「力入れすぎですよ、はざまさん」 山下はコロコロと、自分の座っているところまで転がってきた消しゴム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青葉 和 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:緑の宇宙 制限時間:30分 読者:522 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
【sideM やまはざやま】 教育バラエティの一環で、俺たちS.E.Mはちょっと遠出のロケに出ていた。 どちらかというとフィールドワークの要素が多く、三人の中で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青葉 和 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明日のしきたり 制限時間:30分 読者:543 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
独身貴族のたしなみ 【sideM やまはざやま】 ライブが終わった後は、硲さんが五割、俺が三割、類が二割の勘定で飲みに行くことが多い。 特に話し合ったりしたわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:淡いローン 制限時間:30分 読者:495 人 文字数:1356字 お気に入り:1人
「今月、何回目だ、山下君」そう言いながら、はざまさんは財布の口を開ける。いつものように5000円を引き抜くと、俺に向かってぶっきらぼうに差し出した。ありがとうご 〈続きを読む〉

七市の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:素朴な兄 必須要素:ロシア語 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:892字 お気に入り:0人
事務所の一角に設けられた談話スペースは、いつも誰かしら人がいる。もふもふえんと神速のメンバーがトランプをやっていたり、硲さんと古論さんが何か難しい討論を繰り広げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:36 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
それはいつだって自分の頭の中の物語だった。他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされた船 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「クリスさん、何してるの?」北村の声に、名前を呼ばれた古論が振り返る。手には三十センチほどの木の棒が握られており、川辺に生えた茂みへと向けられている。早朝六時の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:最弱の国 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「どうしても駄目かい?」「どうしても駄目」静かな事務所で交わされるこのやり取りも、今日で五回目だ。自身の外見の良さを理解している類は、可愛らしく首を傾げて「何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:可愛い小説新人賞 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:793字 お気に入り:0人
「大きな休みが取れたらどうしたい?」俺の言葉に、道流が手に持っていたグラスをテーブルに置いて、ううんと首を捻った。俺としては酒の席のちょっとした雑談のつもりだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:安い孤島 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
男の一人暮らしには十分すぎるサイズのベッド。不満に思うことなどない、これから先も思うことなどないだろうと考えていたベッド。その上で、なんでこうなってしまったんだ 〈続きを読む〉