ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:128 人 文字数:1386字 お気に入り:0人

【九十九と大吾】船出

それはいつだって自分の頭の中の物語だった。
他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。
だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付けていった。
それを愛する者に受け入れられ、認められることが嬉しかった。
頭を撫でる、彼の掌の感触が堪らなく好きだったことを覚えている。
「でも、いつしかそれがなくなった」
怖くなった。
求められることが、苦しくなった。
けれどその苦しみはそう簡単に吐き出すことはできず、助けを求める事も出来なかった。
早く、早く、描かなければ。そうしなければ。
焦燥感に駆られるばかりの日々が続く。目の前はいつでも真っ暗で、先が見えない。
恐怖と不安。いつまでも終わらないのではないかという絶望が俺の足を捉えて離さない毎日。
もがき足掻き、息をしたくてのた打ち回る日々。
「色んなものが砕かれた」
夢、希望、愛情。確かに大切だったもの。自分。
今の俺は確かなものだと、はっきりと言い切れる自信。
世界が濁っていくばかりで、あれだけ美しく思えていた頭の中の物語が灰色に見えた。
「失っていくばかりだと、思っていた」
本当の自分を。彼への愛情を。物語を描くことへの情熱を。
手放さなければいけないと思っていた。



「まさか、こんなに美しいものを見れるなんて、思ってもいなかった」
舞台の上。
幾つものライトが奔って、闇を蹴散らしていく。
握ったマイクは思ったよりもずしりと重い。
顔を上げて場目の前に広がる世界はがらんとしていた。
「先生、大丈夫か?」
「ん、平気だ」
隣に立つ大吾が心配そうに俺の顔を覗き込んでくる。
額には汗が浮かんでいて、それが照明に照らされてきらりと光る。
「それならええが…。なんじゃ、ぼうっとして。何処か悪いんか?」
「いや…すまない。色んなことを、思い出してしまって。なんでもないんだ」
「ほんとうに?」
「本当だ。…リハーサルは終わったし、本番まであとちょっとだが時間はある。少し休もう。涼は?」
「涼ならボスと一緒にスタッフさんと話があるっちゅうて、先に出て行ったわ」
「そうか」
ふう、と息を吐く。
歌いながら踊るというのは、なかなか体力を持っていかれる。
未だに慣れない部分もある。だが。
「なあ、大吾」
「ん?なんじゃ先生」
もう一度、舞台から観客席を見る。
今はまだ誰もいない、そのがらんとした広い空間。
けれど、これから一人二人とあそこに座る人がいるのだろう。
俺たちを見に来てくれる、ファンがそこに座るのだろう。
そう思うと胸がぎゅっと締め付けられる。けれど、そこに苦しみはない。
「成功させよう、絶対に」
真っ直ぐに前を見る。
これから俺が生きる場所。これから俺が進む世界。
本当の俺をさらけだしていく世界。
俺"達"が生きていく世界。
何もかもが未知数で、今までとは全く違った景色がこれから先幾つも待っているのだろう。
不安がないと言えば嘘になる。けれど足は軽く、前へ進むことを恐れたりはしない。
眩いばかりの世界が広がっている。未来が、待っている。
「おう、あったり前じゃあ」
大吾がにっかりと笑って、俺の背中を叩く。
あの時とは違う掌が、俺を前へと進ませる。

船は出ていく。錨は引き上げられ、その進みは軽やかだ。
まだ見ぬ色彩。
それを求めて、俺の世界が一歩進んだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:tironu@ミラフェスI25bサインライト翔太 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:猫の潮風 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:722字 お気に入り:0人
ミャーミャーと空に猫が鳴く声が響く。はてさてここは、と周りを見渡すと、なんのことはない、港に着いただけである。タラップを降りる足音は軽く、パッと開いた日傘は朝顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:捨てられたパイロット 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:773字 お気に入り:0人
漂流してから52時間が経過しようとしていた。否、正確には、通信機の不調で母艦の座標が特定できなくなり、訓練生時代に座学で習った漂流時マニュアルを思い出して内蔵ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:775字 お気に入り:0人
翔太は人混みが嫌いだ。そもそも好きなものなんか僕にあったっけ? という中学二年生的そもそも論は横に置いておいて、人混みとか繁華街とか雑踏とか、そう言ったものが嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雑踏(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1168字 お気に入り:0人
電気くらいつけろよ、と言った天ヶ瀬冬馬が部屋の電気をつければ。真っ暗な部屋のソファの上で目を瞑っていた北斗は、ゆっくりとその瞳を開き、「よく俺が居るってわかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家たちのサーカス 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:688字 お気に入り:0人
冬馬の家には恋人の伊集院北斗が暮らしているが、翔太の家にも、御手洗家の次女の婚約者として北斗が暮らしている。二重生活ではない。それぞれの家の伊集院北斗は、それぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:かゆくなる夕飯 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:891字 お気に入り:0人
天ヶ瀬冬馬の得意料理はカレーだが、いつもそれしか作らないわけではもちろんない。「……おなかすいたなぁ……」夜中に二公演、仮眠を挟んで明け方からアンコールをもう一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:見憶えのある怒り 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:895字 お気に入り:0人
グラスの中で、氷が溶けていくのを見詰めている。何がきっかけでそうなるのか、氷は均一に溶けていくのではなく、氷の山のてっぺんに窪みを作って液体となってそこに貯まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:白い雑草 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1208字 お気に入り:0人
アタシは正直、彼のことをどういう風な好きなのか、自分自身よく分からなかったけど。女とか男とかそういうのを抜きにして、本当に好きだったから。多分これは、間違いなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花火(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:愛の計画 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1342字 お気に入り:0人
花火が見えるのだと言う北斗の部屋で、去年の約束を守って二人で花火を見ている状況は、少なからず冬馬には不思議なものであった。「どうしたの?」風の通りが気持ちの良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな、と彼は言った 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:968字 お気に入り:0人
とんでもないことになっているという自覚はあるが、じゃあこれを止める、打ち切りにできるかといえばそれはまた別問題だ、と。自分を壁際に追いやって見下すように眺める伊 〈続きを読む〉

七市の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:素朴な兄 必須要素:ロシア語 制限時間:30分 読者:124 人 文字数:892字 お気に入り:0人
事務所の一角に設けられた談話スペースは、いつも誰かしら人がいる。もふもふえんと神速のメンバーがトランプをやっていたり、硲さんと古論さんが何か難しい討論を繰り広げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:124 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中の恋 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
仕事が終わって、報告の為に事務所に向かう。任された仕事は無事こなしたと、忙しそうにデスクに向かう番長さんにそう告げるために。そんなこと電話の一本入れてしまえばそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:かたい僕 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:1135字 お気に入り:0人
彼の大きくて熱い掌が、俺の背中を撫でる。心地が良くて、思わず寝てしまいそうだった。それを察してか、頭上から彼の「寝ても良いっスよ」という優しい言葉が降ってくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:128 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
それはいつだって自分の頭の中の物語だった。他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされた船 制限時間:1時間 読者:128 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「クリスさん、何してるの?」北村の声に、名前を呼ばれた古論が振り返る。手には三十センチほどの木の棒が握られており、川辺に生えた茂みへと向けられている。早朝六時の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:最弱の国 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「どうしても駄目かい?」「どうしても駄目」静かな事務所で交わされるこのやり取りも、今日で五回目だ。自身の外見の良さを理解している類は、可愛らしく首を傾げて「何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:可愛い小説新人賞 制限時間:1時間 読者:113 人 文字数:793字 お気に入り:0人
「大きな休みが取れたらどうしたい?」俺の言葉に、道流が手に持っていたグラスをテーブルに置いて、ううんと首を捻った。俺としては酒の席のちょっとした雑談のつもりだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:安い孤島 制限時間:1時間 読者:133 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
男の一人暮らしには十分すぎるサイズのベッド。不満に思うことなどない、これから先も思うことなどないだろうと考えていたベッド。その上で、なんでこうなってしまったんだ 〈続きを読む〉