ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:321 人 文字数:1551字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】服飾パロ

その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。

ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好きだ。それを言うと、エリザベートやビリーには苦い顔をされるのだが。
ロビンには幾何かの「前世の記憶」があった。これを前世と呼ぶべきかは分からないが、とかく、ロビンは自分が今ここに生まれるまで以前の記憶を持っていた。そしてその記憶の中で、ロビンは不思議な場所で戦っていた。古きアメリカにも行ったような気がするし、イギリスにもローマにも行ったような気がする。壮大なスケールの夢のようだった。
けれど、それが夢ではなかったのだと思い知らされる出来事にも会った。

「こちらにいらっしゃったのですか」

ロビンが顔を上げると、逆光の中に青年が立っていた。
今世においてもとかく顔の良い、ひとりの若者。
「前世」では、少し、因果のあるようなつながりを感じていたが、それはそれ。ロビンは自分の感情と記憶を切り離す術を、年齢が二桁になる前に学んでしまっていた。だからこそ、平静を装って青年に返答ができる。

「なんか分かったんです?」
「いえ、そういうわけではなく」

青年――アルジュナは、言葉を少しばかり濁して沈黙につなげる。ロビンの瞳をじっと見つめてくる双眸は、逆光の中でもきらりとした光を放っている。黒曜石か黒真珠か。表現に差はあれど、美しさの賛美に他ならない。ロビンは咥えていた電子タバコの端を噛み、それから右手で自分の隣を示した。
アルジュナは何度かロビンと、その隣を交互に見やり、困ったように眉を寄せた。ロビンはそれがやけに癇に障り、何にも気付かないふりをして、わざとらしく一枚の布を隣にひいた。

「どうぞ。衣装が汚れるの、気付かなくてすいませんね」
「いえ、そういうわけでは」

アルジュナが着ているのは、次のショーで着せられるアオザイを基調としたロングドレスだった。仮縫いの状態であるため、本番ではもう少しドレープも入り、裾にもレースが入る。今のアルジュナが着ているのは、夜着を連想させる、未だ薄布でしかないドレスだ。

「……」

沈黙に負けたのだろうか、アルジュナがロビンの敷いた布の上に腰を下ろす。二人で並ぶと、余計に会話は無く、ただ時間だけが二人の間に横たわった。
その間も、ロビンは小さく手を動かし続ける。アルジュナが横から、下品ではない程度に手元を覗き込んできても、ロビンは敢えて気にしないふりをした。
気付かないふりも、気にしないふりも、ロビンは「ふり」が得意だった。自我を消し、自分という概念を薄くのばしていくと、自然の一部へ溶けていくかのような錯覚に陥る。ロビンは自己と世界の境界線が揺らぐ瞬間が好きだった。
アルジュナのドレスは、カルナが作っているものだ。カルナはコンペで一位を取り、記憶がないというのにアルジュナに執着した。アルジュナがどれだけ苦しんでいるかを知らないままに、カルナはアルジュナを賛美する。美しい、と言葉の少ないあの男が、語彙を駆使してアルジュナを讃える。それがアルジュナを殺していることに、カルナは気付かないのだ。

「……これ、どーぞ」

ロビンはぷちりと蝋糸を切り、アルジュナへと、今まさに自分の手元にあったものを差し出した。
それはビーズとスパンコールで作った、手のひらにすっぽりと収まる程度の薔薇のコサージュだった。

「……良いのですか?」
「余りもので作りましたんで」

ロビンの言い分は、アルジュナにどう捉えられたのかは分からない。

「ありがとう、ございます」

しかし、アルジュナは確かに礼を言い、コサージュを受け取った。
青い薔薇の花言葉は、不可能、絶望――それから、希望。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉