ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1551字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】服飾パロ

その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。

ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好きだ。それを言うと、エリザベートやビリーには苦い顔をされるのだが。
ロビンには幾何かの「前世の記憶」があった。これを前世と呼ぶべきかは分からないが、とかく、ロビンは自分が今ここに生まれるまで以前の記憶を持っていた。そしてその記憶の中で、ロビンは不思議な場所で戦っていた。古きアメリカにも行ったような気がするし、イギリスにもローマにも行ったような気がする。壮大なスケールの夢のようだった。
けれど、それが夢ではなかったのだと思い知らされる出来事にも会った。

「こちらにいらっしゃったのですか」

ロビンが顔を上げると、逆光の中に青年が立っていた。
今世においてもとかく顔の良い、ひとりの若者。
「前世」では、少し、因果のあるようなつながりを感じていたが、それはそれ。ロビンは自分の感情と記憶を切り離す術を、年齢が二桁になる前に学んでしまっていた。だからこそ、平静を装って青年に返答ができる。

「なんか分かったんです?」
「いえ、そういうわけではなく」

青年――アルジュナは、言葉を少しばかり濁して沈黙につなげる。ロビンの瞳をじっと見つめてくる双眸は、逆光の中でもきらりとした光を放っている。黒曜石か黒真珠か。表現に差はあれど、美しさの賛美に他ならない。ロビンは咥えていた電子タバコの端を噛み、それから右手で自分の隣を示した。
アルジュナは何度かロビンと、その隣を交互に見やり、困ったように眉を寄せた。ロビンはそれがやけに癇に障り、何にも気付かないふりをして、わざとらしく一枚の布を隣にひいた。

「どうぞ。衣装が汚れるの、気付かなくてすいませんね」
「いえ、そういうわけでは」

アルジュナが着ているのは、次のショーで着せられるアオザイを基調としたロングドレスだった。仮縫いの状態であるため、本番ではもう少しドレープも入り、裾にもレースが入る。今のアルジュナが着ているのは、夜着を連想させる、未だ薄布でしかないドレスだ。

「……」

沈黙に負けたのだろうか、アルジュナがロビンの敷いた布の上に腰を下ろす。二人で並ぶと、余計に会話は無く、ただ時間だけが二人の間に横たわった。
その間も、ロビンは小さく手を動かし続ける。アルジュナが横から、下品ではない程度に手元を覗き込んできても、ロビンは敢えて気にしないふりをした。
気付かないふりも、気にしないふりも、ロビンは「ふり」が得意だった。自我を消し、自分という概念を薄くのばしていくと、自然の一部へ溶けていくかのような錯覚に陥る。ロビンは自己と世界の境界線が揺らぐ瞬間が好きだった。
アルジュナのドレスは、カルナが作っているものだ。カルナはコンペで一位を取り、記憶がないというのにアルジュナに執着した。アルジュナがどれだけ苦しんでいるかを知らないままに、カルナはアルジュナを賛美する。美しい、と言葉の少ないあの男が、語彙を駆使してアルジュナを讃える。それがアルジュナを殺していることに、カルナは気付かないのだ。

「……これ、どーぞ」

ロビンはぷちりと蝋糸を切り、アルジュナへと、今まさに自分の手元にあったものを差し出した。
それはビーズとスパンコールで作った、手のひらにすっぽりと収まる程度の薔薇のコサージュだった。

「……良いのですか?」
「余りもので作りましたんで」

ロビンの言い分は、アルジュナにどう捉えられたのかは分からない。

「ありがとう、ございます」

しかし、アルジュナは確かに礼を言い、コサージュを受け取った。
青い薔薇の花言葉は、不可能、絶望――それから、希望。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1551字 お気に入り:0人
その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ロシア式のドロドロ 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1441字 お気に入り:0人
以前、アルジュナはカルナに一つ、聞いたことがある。『好きってひとと好きってひとがいっしょにいるのに、どうしていけないんでしょう』それは読み聞かせに持ってきた古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:明日の善意 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1606字 お気に入り:0人
さて、どうにもこうにもカルナはウェディングドレス一式をデザインしなければならなくなった。深呼吸を一つ。咄嗟に持ち出してきたトルソーを小脇に抱えて、カルナは歩き出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:早すぎたパラダイス 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:2433字 お気に入り:0人
「お?」信長が、アルジュナを見かけたのは、本当に偶然だった。エミヤやタマモキャットが未召喚のこのカルデアでは、食堂には簡素な非常食が山積みになっており、それらを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:夜とパイロット 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1312字 お気に入り:0人
「げせぬ」それがこの度の人生で最初にカルナが発した意味のある言葉であった。両親が近くに居たのだが、まさかそんな言葉がカルナから発せられたとは思っても見ない二人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ロシア式の男祭り! 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1362字 お気に入り:0人
「カルナ、まただめだったのですか」どんぐりまなこを、えいやっと細めてカルナを睨もうとしている幼子(おさなご)の名前はアルジュナ。カルナの従弟でもある小さな子供。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:楽しかった大学 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1383字 お気に入り:0人
アルジュナが教員控室に乗り込んでいる一方、カルナの方は少しだけ時間を遡って動き出すことになる。生まれて初めてモデルにしたいと思った人間にすげなく断られたカルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:つらい視力 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
アイドルになっても死んでしまうとは情けない。しかしカルナは学んだ。人間は弱いのである。英霊とは全く別物なのだ。つまり、死ぬときは死ぬ。それだけの事である。「しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:重い成功 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1604字 お気に入り:0人
さて、もう三度目…いや、四度目になるだろうか。三度目で正直が来なかったのでそろそろ正解への糸口くらいは見えてもいいのではないのか、などとカルナは考える。再び新生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:つまらない町 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:2141字 お気に入り:0人
アルジュナとマリー、そしてナイチンゲールは本日の合流場所である中央ロビーに辿り着き、学内学生の作った衣装展示を眺めながら迎えを待っていた。「おーい、アンタたち~ 〈続きを読む〉