ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:216 人 文字数:799字 お気に入り:0人

ブラックカルデア(ほぼ実話)

「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」
「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」
小説家というやつは、文字を書くだけではなく、口でも文章を垂れ流し続けずにはいられないのか。
私は小さくため息をつく。
一緒にレイシフトする相手を選び間違えたかな、とも思うけれど、今回はアサシンが相手なのだから仕方ないだろう。
途切れることなく文句を言い、隙あらば手を抜こうとするあまりのやる気のなさに、一緒に来てくれたメディアの目が吊り上がり始めている。まずい。

「よし、今回きっちり仕事してくれたら、明日から2週間の休みを差し上げましょう!」
「本当か?」
「本当ですか?」

私の提案に、小説家2人の声がハモる。

「本当です。カルデア内で一番静かな部屋もつけましょう。…仕事した、と私に認めさせたらね」

ちらり、とアンデルセン・シェイクスピアの視線が交錯する。
お前はどうする?と出方を探りあっている目だ。
ああもう、面倒くさいなぁ。さっさと始めてよ!!

「それとも、もう戦えない状態なら、ナイチンゲールさんに診てもらおうか?」

それがダメ押しとなった。
数秒前とは打って変わってやる気をみなぎらせた2人は、相変わらず息をするように不満を口にしながらも、次々と敵を撃破していく。
あんな2人に負けてはいられないとばかりにメディアもバンバン前に出てくれたおかげで、史上最短でカルデアに帰還することができた。

その日、あと2度ほど周回に付き合ってもらったのだけれど、「休みは『明日から』って言ったよね?」との言葉にしぶしぶでも付き合ってくれるあたり、優しいというかチョロいというか。
それでも、やることが終わって「お疲れ様でした!」と告げた時の2人の目の輝きを見ると、たまには休みをあげなきゃなぁ…過労死寸前まで連れまわすのは控えよう…と少し反省したのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:横河 ジャンル:Fate/Grand Order お題:怪しい作家デビュー 制限時間:4時間 読者:35 人 文字数:1150字 お気に入り:0人
レオニダスにはいくつか習慣があるが、そのうちの一つが日記だった。学生時代から欠かさず書いてきた日記はレオニダスにとって書くことに意味があり、どんなに忙しくても一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:横河 ジャンル:Fate/Grand Order お題:不幸な絶望 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:1663字 お気に入り:0人
アルジュナは美大に通う一学生だった。両親は写真家とコレクションモデルという豊かな家庭に育ち、才気と美貌を授かっていた。彼は絵画も木彫も嗜んでいたが、もっぱら塑像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:灰色の犬 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1300字 お気に入り:0人
(二部二章までネタバレ) ああ、悍ましきや善なる人よ。 お前たちの行動によって抑止の獣は自ら角を折り、生まれた時から災厄を決定された純白の約束は地に落ちてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏遠なつと ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と同性愛 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:712字 お気に入り:0人
煙草の臭いは好きじゃないけど、好きな人が吸うとときめくってあるしまゃない? エリちゃんの言葉に私はふと首を傾げた。「なにそれロビンのこと?」「はあ?」「エリちゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した彼 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
夕食を食べ終えた子どもらは、今日のお手伝いのご褒美にもらったホットココアの温かなマグを抱えて、そろりそろりと談話室へ向かった。ジャックやナーサリーの目当ては絵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/Grand Order お題:走る外資系企業 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:1419字 お気に入り:0人
お題無視します。すみません。以蔵は部屋でアサシンの連中と酒と花札に興じていた。札を囲むのは以蔵に新宿のアサシン(まだマスターにも真名を明かしていないそうで、ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:どうあがいても夏休み 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1349字 お気に入り:0人
振り返った容貌は不思議に微笑んでいる。アルカイックスマイルというそれがあの男の頬に飾られていることがまた苛立ちを呼んで、手の中で石がじゃりじゃりと触れ合った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愁花 ジャンル:Fate/Grand Order お題:東京の血痕 制限時間:1時間 読者:130 人 文字数:993字 お気に入り:0人
(※1.5部新宿、2部1章アナスタシアネタバレ、また真名バレがあります) よく、あの日を思い出す。 ボタン一つで命を決めた、あの日のこと。 その時はダディが寸前 〈続きを読む〉

マホの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:マホ ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:216 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」小説家というやつは、文字を書くだけでは 〈続きを読む〉