ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:42 人 文字数:799字 お気に入り:0人

ブラックカルデア(ほぼ実話)

「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」
「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」
小説家というやつは、文字を書くだけではなく、口でも文章を垂れ流し続けずにはいられないのか。
私は小さくため息をつく。
一緒にレイシフトする相手を選び間違えたかな、とも思うけれど、今回はアサシンが相手なのだから仕方ないだろう。
途切れることなく文句を言い、隙あらば手を抜こうとするあまりのやる気のなさに、一緒に来てくれたメディアの目が吊り上がり始めている。まずい。

「よし、今回きっちり仕事してくれたら、明日から2週間の休みを差し上げましょう!」
「本当か?」
「本当ですか?」

私の提案に、小説家2人の声がハモる。

「本当です。カルデア内で一番静かな部屋もつけましょう。…仕事した、と私に認めさせたらね」

ちらり、とアンデルセン・シェイクスピアの視線が交錯する。
お前はどうする?と出方を探りあっている目だ。
ああもう、面倒くさいなぁ。さっさと始めてよ!!

「それとも、もう戦えない状態なら、ナイチンゲールさんに診てもらおうか?」

それがダメ押しとなった。
数秒前とは打って変わってやる気をみなぎらせた2人は、相変わらず息をするように不満を口にしながらも、次々と敵を撃破していく。
あんな2人に負けてはいられないとばかりにメディアもバンバン前に出てくれたおかげで、史上最短でカルデアに帰還することができた。

その日、あと2度ほど周回に付き合ってもらったのだけれど、「休みは『明日から』って言ったよね?」との言葉にしぶしぶでも付き合ってくれるあたり、優しいというかチョロいというか。
それでも、やることが終わって「お疲れ様でした!」と告げた時の2人の目の輝きを見ると、たまには休みをあげなきゃなぁ…過労死寸前まで連れまわすのは控えよう…と少し反省したのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:カンナちゃん ジャンル:Fate/Grand Order お題:私の修道女 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3604字 お気に入り:0人
「貴様たちの心よりの敬愛。余への想い。しかとこの神王が受け止めた」 オジマンディアスがそう言ったとき、立香は自分の想いが許されたような気がした。もちろん、それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:死にかけの百合 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:210字 お気に入り:0人
その百合は、花びらが既に落ちかけていました。幾枚かあったはずの花びらは、既に一枚を残し全て落ち去っています。 あの一枚が落ちれば、百合はもはや百合ではなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:消えた小説修行 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:518字 お気に入り:0人
名筆と名高い作家とてその才を自覚し傲慢に怠れば筆も衰えようと言うもの。何より歪な球体の組織体が詰まった頭の中から創世の神秘が枯渇してしまえばそれは作家にとって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:緩やかな彼方 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:335字 お気に入り:0人
陽が沈む夢みたいに柔らかい赤を見つめる仕草は、こうもただの人間なのに。人工灯の似合う楽園は眠ったまま夜になろうとしている。 亜種特異点と言えば最早耳に馴染む。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@即興二次 ジャンル:Fate/Grand Order お題:秋の能力者 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:380字 お気に入り:0人
響く鐘の音。茜色の空。端の方から薄紫が広がっている。 時計はまだ夕方。秋の夜長。夏を過ぎて、本日も少し早めに日が暮れる。「……あ、今5時か」 軽快な音色に紛れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士のラーメン 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:473字 お気に入り:0人
「腹が減ったと言ったな」確かに言った。キッチンに隠してあったチキンラーメンは今や故郷の味。思い出すのは夜中の背徳感。夜食とは何故かくもそそるのか。「食べる」「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。@小説用 ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの好きな話 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:672字 お気に入り:0人
いつだったか。もうずいぶんと昔に戯れに漁ったデータの中に見つけた話。 とてもありふれた、一人の少女が運命の恋に落ちて、いろいろな困難にぶつかりながらも最終的に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。@小説用 ジャンル:Fate/Grand Order お題:これはペンですか?違うわ、それは神話 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:785字 お気に入り:0人
部屋を訪ねると、マシュは机に頬杖をついて何かを眺めていた。時折嬉しそうな笑いがこぼれている。 いったい何を見ているのだろうか。とても気になる。 マシュに気づか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。 ジャンル:Fate/Grand Order お題:反逆のぬめぬめ 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:969字 お気に入り:0人
思えば戦う場所を考えればよかったのだ。身体中にまとまりつく泥を振り払いながら、思う。 狼みたいな敵を吹き飛ばしたところまではよかった。湿地帯だということも考え 〈続きを読む〉

マホの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:マホ ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:42 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」小説家というやつは、文字を書くだけでは 〈続きを読む〉