ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:大きな光 制限時間:1時間 読者:253 人 文字数:1938字 お気に入り:0人
[削除]

ただの人間

「アキラ~♪」


『先生、なんすか?』


「いつになったら付き合ってくれんの?」


『いつになっても付き合いませんよ』


「えー!!冷たいなぁアキラは」


こんな風に、今日も先生からの告白をさらっと流す。


一番初めはすごくびっくりしたし、正直嬉しくてしょうがなかった。


でもやっぱり、現実的に考えてダメなんだ。


生徒と教師の恋愛


男同士の恋愛


年の差……


何をとっても、普通でないことばかりだから。


もしばれたときに、俺より先生の方が処罰は大きいだろう。


そう考えると


はい、いいです付き合いましょなんて言えたものではない。


ただ…俺も先生のことが好きで


本当は付き合いたいし、気持ちを伝えたい。


こうしてる間にも、先生の気持ちが薄れていってしまっているんじゃないかって恐くなる。


せめて、せめて俺が高校を卒業したら…


言っても、いいのかな。







俺がそんなことを考えてるとも知らず、先生はまたいつものようにふざけたような口調で告白をしてくる。


「アキラ~、もう観念して付き合ってくれよ~」


『無理です。ってか勝手に人の部屋入んないでくださいよ』


「いいじゃん、家庭訪問家庭訪問」


『はぁ…』


本当に、人の気も知らないで…


俺は何かしようと雑誌を手に取り読み初めた。


まぁ、内容は全然入ってこないんだけど。


数秒間の沈黙のあと、先生が俺に話しかけてきた。


「アキラ」


『なんすか?』


「…緊張してる?」


『え?』


すごく近くで声が聞こえ、振り向くとすぐ目の前に先生が前屈みになって立っていた。


「震えてるよ、手」


雑誌を持つ手に、先生の手が重なる。


それだけなのに、体が強ばって


胸の鼓動が速くなる。


「どうして?」


『……』


しばらく先生と見つめあっていたけど、我慢できなくて自分からそらした。


「ダーメ」


『んっ…』


重ねていた手で雑誌を取られ、反対の手を俺の頬に添える。


自然とまた目があって、今度はそらしたいのにそらせない。


あまりにも、真っ直ぐすぎて……


先生の紫の目に吸い込まれそうな感覚に、さらに体が強ばっていく。


「…キス、していい?」


『…………


ダメ……です…』


「なんで?」


『…生徒と教師は、そんなことしないから』


「生徒と教師じゃなきゃ、いいんだ?」


『え、』


「俺が教師じゃなくて、お前も俺の生徒じゃなかったら


お前は今、俺とキスしてくれてたんだ?」


『!』


「なぁ…アキラ…理由はそれだけなんだよな?


お前…本当は俺のことどう思ってんの?」


いつもふざけてるくせに、急に真面目になったりするから


いつもみたいに、冷静に答えを返せない。


『だ、だって俺、男だし、まだ高校生だし


先生とキスとかすんの、普通じゃないよ』


「…だから!!」


先生は俺を挟むように、机に手をついて


さっきよりも近い位置で、見つめてくる。


「男とか、年とか、普通とか!


そう言うの抜きにしたら、お前は俺とキスできんのかって聞いてんの!


付き合ってないからとか、自分は俺のこと好きじゃないからとか、そういう


お前の気持ちは!どうなんだよ!」


『……』


そんなの、思い付くわけない。


だって、実際そうだから。


世間の事情とか、普通とか、全部なくなったら


俺はここで……


「………アキラ。


今、さっき言った理由全部無しにして


ただの“九瓏ケント”が、ただの“神生アキラ”にキスしたいっていったら、どうする?」


『…………もし、


もしそんなことができんなら


俺は…



俺は…






“九瓏ケント”が好きだから、いいですよって、言います』


俺達がただの人間っていう概念だけの存在だったなら


愛し合うなんて自然の摂理にしか過ぎなくて


もっともっと簡単に、上手く物事は進んでいくのに。


そんなこと出来ないから


出来るわけ、ないから


今、この空間だけ


この時間だけでも


ただの人間として、この人と愛し合ってたい。


重ねた唇の感触も


頬に触れた手の体温も


自分の気持ちを伝えられたことも


決して、忘れたくない。


ずっと俺達


ただの人間でいれたらいいのに。


でも叶わないから


今の居心地のいい空間、時間があって


まるで世界から隔離されてしまったような


そんな、素晴らしい気分なんだ。


エンド

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:白い悪意 制限時間:1時間 読者:2158 人 文字数:1344字 お気に入り:3人
「先生も、お前の事好きなんだけど?」え、え。「聞いてる?」ちょっと、待って。「こーら、」俺には良く「ねぇ、」わかりません。「アキラ。」これは嫌がらせなんでしょ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:どうあがいても駄作 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:1時間 読者:1654 人 文字数:2012字 お気に入り:1人
「んー、やめたやめた。」気分が乗らず、束ねていた髪をほどく。どう考えても駄作だ。こんな事をしようとしたのではない。遡る事一時間前。「なぁ、アキラ。どうしたらこっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:66 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
「はい、あーん」「ん、あーん」 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。「ごしゅじんさま、おいしい?」「……ああ、おい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ドリフェス! お題:人妻の喜劇 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
こんにちは! 今日も『ちょっとラジオでも聞いてよ、佐々木純哉!』のお時間です。 パーソナリティはもちろんこの俺! DearDreamの黄色担当、佐々木純哉です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:遠い葬式 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:247字 お気に入り:0人
失踪から一年程度では、死亡とは見做されない。だというのに、この状況は何だろうか。空の棺に、子供が二人寄り添っている。しんしんと蝉の声が重なる空は染み一つない。声 〈続きを読む〉