ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:大きな光 制限時間:1時間 読者:281 人 文字数:1938字 お気に入り:0人
[削除]

ただの人間

「アキラ~♪」


『先生、なんすか?』


「いつになったら付き合ってくれんの?」


『いつになっても付き合いませんよ』


「えー!!冷たいなぁアキラは」


こんな風に、今日も先生からの告白をさらっと流す。


一番初めはすごくびっくりしたし、正直嬉しくてしょうがなかった。


でもやっぱり、現実的に考えてダメなんだ。


生徒と教師の恋愛


男同士の恋愛


年の差……


何をとっても、普通でないことばかりだから。


もしばれたときに、俺より先生の方が処罰は大きいだろう。


そう考えると


はい、いいです付き合いましょなんて言えたものではない。


ただ…俺も先生のことが好きで


本当は付き合いたいし、気持ちを伝えたい。


こうしてる間にも、先生の気持ちが薄れていってしまっているんじゃないかって恐くなる。


せめて、せめて俺が高校を卒業したら…


言っても、いいのかな。







俺がそんなことを考えてるとも知らず、先生はまたいつものようにふざけたような口調で告白をしてくる。


「アキラ~、もう観念して付き合ってくれよ~」


『無理です。ってか勝手に人の部屋入んないでくださいよ』


「いいじゃん、家庭訪問家庭訪問」


『はぁ…』


本当に、人の気も知らないで…


俺は何かしようと雑誌を手に取り読み初めた。


まぁ、内容は全然入ってこないんだけど。


数秒間の沈黙のあと、先生が俺に話しかけてきた。


「アキラ」


『なんすか?』


「…緊張してる?」


『え?』


すごく近くで声が聞こえ、振り向くとすぐ目の前に先生が前屈みになって立っていた。


「震えてるよ、手」


雑誌を持つ手に、先生の手が重なる。


それだけなのに、体が強ばって


胸の鼓動が速くなる。


「どうして?」


『……』


しばらく先生と見つめあっていたけど、我慢できなくて自分からそらした。


「ダーメ」


『んっ…』


重ねていた手で雑誌を取られ、反対の手を俺の頬に添える。


自然とまた目があって、今度はそらしたいのにそらせない。


あまりにも、真っ直ぐすぎて……


先生の紫の目に吸い込まれそうな感覚に、さらに体が強ばっていく。


「…キス、していい?」


『…………


ダメ……です…』


「なんで?」


『…生徒と教師は、そんなことしないから』


「生徒と教師じゃなきゃ、いいんだ?」


『え、』


「俺が教師じゃなくて、お前も俺の生徒じゃなかったら


お前は今、俺とキスしてくれてたんだ?」


『!』


「なぁ…アキラ…理由はそれだけなんだよな?


お前…本当は俺のことどう思ってんの?」


いつもふざけてるくせに、急に真面目になったりするから


いつもみたいに、冷静に答えを返せない。


『だ、だって俺、男だし、まだ高校生だし


先生とキスとかすんの、普通じゃないよ』


「…だから!!」


先生は俺を挟むように、机に手をついて


さっきよりも近い位置で、見つめてくる。


「男とか、年とか、普通とか!


そう言うの抜きにしたら、お前は俺とキスできんのかって聞いてんの!


付き合ってないからとか、自分は俺のこと好きじゃないからとか、そういう


お前の気持ちは!どうなんだよ!」


『……』


そんなの、思い付くわけない。


だって、実際そうだから。


世間の事情とか、普通とか、全部なくなったら


俺はここで……


「………アキラ。


今、さっき言った理由全部無しにして


ただの“九瓏ケント”が、ただの“神生アキラ”にキスしたいっていったら、どうする?」


『…………もし、


もしそんなことができんなら


俺は…



俺は…






“九瓏ケント”が好きだから、いいですよって、言います』


俺達がただの人間っていう概念だけの存在だったなら


愛し合うなんて自然の摂理にしか過ぎなくて


もっともっと簡単に、上手く物事は進んでいくのに。


そんなこと出来ないから


出来るわけ、ないから


今、この空間だけ


この時間だけでも


ただの人間として、この人と愛し合ってたい。


重ねた唇の感触も


頬に触れた手の体温も


自分の気持ちを伝えられたことも


決して、忘れたくない。


ずっと俺達


ただの人間でいれたらいいのに。


でも叶わないから


今の居心地のいい空間、時間があって


まるで世界から隔離されてしまったような


そんな、素晴らしい気分なんだ。


エンド

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:白い悪意 制限時間:1時間 読者:2189 人 文字数:1344字 お気に入り:3人
「先生も、お前の事好きなんだけど?」え、え。「聞いてる?」ちょっと、待って。「こーら、」俺には良く「ねぇ、」わかりません。「アキラ。」これは嫌がらせなんでしょ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 紫赤 お題:どうあがいても駄作 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:1時間 読者:1685 人 文字数:2012字 お気に入り:1人
「んー、やめたやめた。」気分が乗らず、束ねていた髪をほどく。どう考えても駄作だ。こんな事をしようとしたのではない。遡る事一時間前。「なぁ、アキラ。どうしたらこっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉