ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:せつない小説の書き方 制限時間:4時間 読者:352 人 文字数:3233字 お気に入り:0人
[削除]

紅鮭団のある夜【最赤】

 ふう、と息を吐いて本を閉じた。
 漸く現実に戻って来れた僕は、背筋をぐっと伸ばして、凝り固まった体をほぐす。今が何時かは分からないけれど、ずいぶん長い間ここに居たことは間違いない。ぽき、と音が鳴った背中の骨がそれを教えてくれる。

 本がうず高く積まれた雑然とした図書室だけれど、僕はここが嫌いでは無かった。
 この図書室にはたくさんの推理小説が積まれていた。この学園の外ではお目にかかったことのない絶版になった推理小説の数々。読書はもともと嫌いではなかったけれど、それほど強く好んでいたわけでも無い。けれど僕は、この不思議な学園生活が始まってからこちら、高く積まれた推理小説の山を崩すかのごとく、読みふけっていたのだった。
 だって、この学園生活は暇なんだ。紅鮭団、だかなんだかと呼ばれたこの謎の企画は、ほぼ僕らの裁量に任された生活を送ることになっている。起床や消灯の時間は決まっているけれど、言ってしまえばそれだけだ。同じくこの企画に参加させられている超高校級のみんなと過ごすことに、制限はほぼなかった。一人でいても良いし、誰かと一緒に居ても良い。もっと親しくなりたいというのなら、モノクマの策に乗る形ではあるけども、チケットを片手に相手を訪ねれば良い。

 僕は、元来の内気な性質が災いして、初めはこの交流企画に乗り気では無かった。誘拐されて無理やり参加させられていること、モノクマたち企画者の身元が不明なことから、むしろこの学園の謎を解く方に意識が割かれていたのも理由だ。
 けれど調査を始めてから一日もしない内に、モノクマから調査禁止令が出されてしまい、僕はしぶしぶながら調査を断念するしかなかった。
 モノクマから交流を推奨されたところで、もともと乗り気でないものに熱心になれるはずがない。僕は自由時間と定められた時間に、一人で過ごすようになった。たった一人、赤松さんに誘われた時を除いて。

 今日は、そんな日だった。お昼を少し過ぎたくらいの時間に、僕の部屋を訪ねて赤松さんは言った。

「いつも、私に付き合って連弾してもらってるし…………今日は、私が最原くんに付き合うよ!」

 そして、僕がよく一人の時間を過ごす図書室に、二人で向かったのだった。



 そして、僕は恥ずかしくも赤松の存在を忘れ推理小説を読みふけり、読書に飽きた赤松さんは、僕の目の前の席に座ったまま居眠りをしてしまった、というわけだ。
 僕は申し訳なく思いながら、気持ちよさそうな顔をして眠っている赤松さんの肩をゆする。

「赤松さん」
「うぅ……ん。………………最原くん?」
「うん……。おはよう、赤松さん」

 ぼんやりしていた赤松さんの目が瞬く間にはっきりとして、机に臥せっていた上体をがばりと起き上がらせる。

「う、うわー! ごめん、最原くん!」
「う、ううん。こっちこそ、ごめん。その…………読みふけってたみたいで」

 普通の文庫本サイズだけれど、僕はきっちり一冊分、すべて読み終わっていた。読むのが早い方というわけでも無い僕が全て読み終わるまでの間、赤松さんを放っておいたのは僕の方だ。

「最原君は悪くないよ! 私、結局読み始めて三ページ目くらいで記憶なくなっちゃってるし…………」
「は、早いね…………。寝不足だったりしたの?」
「うん。ピアノバカで恥ずかしい話なんだけどさ…………実は昨日夜遅くまでピアノ弾いてて…………。なんていうのかな、ちょっとセンチメンタルな気分になって、どうしても弾きたくなっちゃったんだよね。実家で良く弾いてた、切ない恋の曲なんだけど」
「そうだったんだ…………」

 普段は気丈な赤松さんだけれど、誘拐されてきたんだ。不安にならないわけが無い。それに、もうこの企画も七日目だ。ホームシック、というのも多少はあるのかもしれない。
 帰ろうか、と彼女に声をかけて、図書室を出る。階段を上がれば、すでに窓の外はすっかり暗くなっていて、思っていたよりも遅い時間だと分かる。この時間だと、ひょっとしたら食堂に向かっても誰もいないかもしれない。それでもきっと、東条さんの事だから食事だけは用意してくれているだろう。僕らはまっすぐ食堂へ向かった。

「最原君は無い? こう…………切ない気持ちになるとき、とか」

 どきり、とする。切ない気持ち、と聞いて、僕のほんの少しのやましい気持ちが顔を覗かせたからだ。
 僕は後ろめたい気持ちを、丹念に覆い隠して、そうだね、となんでもない風を装い返答を探す。

「そういう小説を読んだ後とかは…………そういう気分になるかな。さっき読んでた小説も、そんな感じだったよ」
「あれ? でも、さっき読んでたのって推理小説だったよね? 切ないお話とかもあるんだね」


 推理小説だったけれど、先ほどのものは人間ドラマにも力の入った小説だった。
 けれど、話は存外シンプルだ。男が、死んだ恋人の復讐のために殺人を企てる。途中までは順調だったそれも、最終的には別の男に計画を乗っ取られていしまう。実は、計画を乗っ取った男は、死んだ女に片想いをしていて、女への想いを殺人という形で成し遂げた。という話だった。


「それって、切ない話なの?」
「うん…………僕は、そう感じたな。とくに、殺人を成し遂げた男の方が。なんて言ったらいいのか分からないけど…………」



 忘れることができなかった男が悲しかった。叶わない恋は透明で――――ただひたすらに、せつなかった。



「ただ僕が、そういう話に弱いってだけなんだけどね」
「最原君は、小説に入り込むタイプなんだね」
「うん。そうかもしれない」

 でも意外だな、と赤松さんは言う。

「意外?」
「うん。最原くんって、キャラクターの恋愛とかに、感情移入ってしない方だと思ってたから」
「そう……かな」

 そうだったかもしれない。少なくとも、この恋愛バラエティに参加する前までは。
 僕にとって、恋愛というのはなんだか遠くにあるもので、他人がするものだった。それこそ、小説の登場人物がするような。
 それが――――変わったのは。僕は隣を歩く赤松さんを見る。可愛くて、明るくて、仲の良い女友達。僕には今までそんな存在がいたことなんて無かったから――――だから、いつも困っている。彼女のことを考えるだけで湧いてくる、このせつなさに似た感情を、僕は許して良いのかどうか。
 許してしまえば、きっと今のままではいられない。そんな未来を想像することの方が、よほど胸が苦しくなる。僕は、赤松さんとの今の関係も、苦しいくらいに好きなのだ。



「うん、確かに、前まではそうだった…………かも」
「え?! それって…………」

 驚いたような様子の赤松さんに、僕の方が驚いた。何がそんなに意外だったんだろうか。今の話の何処に、そんなに驚くようなことがあったんだ?

「…………ううん。なんでもない。…………最原くん、たしかに最初に会ったときよりちょっと変わったもんね! なんていうか、頼もしくなったよ」
「え?! そ、そんなことないと思うけど…………」

 思わぬ褒め言葉に照れた顔を見られたくなくて、帽子のつばを握って俯く。赤松さんのなんてことのない褒め言葉が、どんな称賛よりも嬉しい。そんな僕を、きっと彼女は知らないだろう。


 ばれてはいけない後ろめたさが、甘美で悲しくて…………せつなかった。



 あの小説の作者は、知っていたのだろうか。隠し続けるだけだった恋の苦さを。叶わなかった恋のせつなさを。そして、その先の悲劇の味さえも――――
 きっと知っていたのではないかな、と思う。せつない小説の書き方は、せつなさを知っている人にしか分からない。





 僕は最終日に想いを馳せる。
 僕と赤松さんがどうにかなる未来なんて、ちっとも見えてなんかこなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:難しい天国 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:935字 お気に入り:0人
※5章ネタバレ「ねぇ、天国って本当にあると思う?」「……何だよ急に」「オレはさぁ……そんなの気休めだって思うんだよね」百田のジャケットに抱かれながら、プレス機に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:未熟な墓 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:682字 お気に入り:0人
『ねぇ、最原クン。これは誰のお墓なの?』胸の中で聞きなれた声が優しく僕に問いかけてくる。「これは天海クンと……赤松さん、君のお墓だよ」『そっか。私、死んだんだ』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
他人事 ※未完
作者: ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:左のあそこ 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
本編のネタバレ、本編の自己解釈を含みます。 「滑稽だとは思わない?」「何が?」「だって、全部嘘だって最初からわかってて、それでもみんな、私のこと、たのしんで観 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:メジャーな情事 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:357字 お気に入り:0人
※突然始まった恋愛バラエティとやらで愛の証を示すよう言われた百王「いやはや、これって有名な情事だよね?モノクマ」自分より一回り大きい手に指を絡ませ、繋いだ手を眼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:安全なピアニスト 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:770字 お気に入り:0人
ある日連れてこられた鳥籠の学園。才囚学園と呼ばれるその学校の校長、モノクマは16人の生徒たちに向かって言いました。『コロシアイをしなさい』けれど、生徒たちは嫌が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:永遠の唇 制限時間:15分 読者:240 人 文字数:519字 お気に入り:0人
※5章ネタバレ重ねた唇は思ったほどガサガサしていなくて、かといって柔らかくもなかった。「んっ!?」男に口づけられて驚いている百田解斗の姿を尻目に、王馬小吉は口の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:僕の嫌いな冬 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:349字 お気に入り:0人
閉じた瞼の冷たさに天海蘭太郎は眉を顰めた。下から三番目の妹を見失ったのはちょうどこの季節だっただろうか。決して小さくはないとはいえ、決して大きくもない彼女の姿を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:うるさい始まり 制限時間:1時間 読者:205 人 文字数:1031字 お気に入り:0人
※本編→紅鮭時空それは騒々しい目覚ましだった。「起きてよー。朝だよー。ねぇってばぁ」顔の近くでそんな声がし、直後腹部に何かが乗った重さに「ぐえ」と声を上げれば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
猫箱の猫 ※未完
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:彼が愛した作品 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:345字 お気に入り:0人
彼が愛したのは誰も見知らぬ空間で作られたシュレディンガーの箱の中の猫だった。犯人も被害者も、ましてや本当の死因すらも不明なそれは首謀者をいたくイラつかせたであろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:今度の結婚 制限時間:30分 読者:640 人 文字数:831字 お気に入り:0人
※紅鮭系列。繰り返す赤松「ねぇ、結婚しようか」「え!?」赤松楓が放ったその言葉に最原終一は飲んでいたお茶こそむせなかったものの、椅子から大いに崩れ落ちた。「あ、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉