ジャンル:カルジュナ お題:ナウい冬 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:1430字 お気に入り:0人

【服飾パロ】アルジュナ単独√

「アルジュナ」

寒波を耐える、水仙のような凛々しさを持つ声。その声の主をアルジュナは知っている。

「はい、どうされましたか」

アルジュナが振り向いた先に居た、菫色の髪色を揺らす女性。今世でもナイチンゲールと呼ばれている彼女がアルジュナを呼び止めたのだ。

「孔明先生が、すぐに研究室へ来るようにと」
「私だけですか?」
「いえ、もう一人おりますが、先に研究室前へ」

そうですか、とアルジュナは返し、ナイチンゲールと共に廊下を歩く。ナイチンゲールはこの短大にて特殊服を専攻する学生であり、アルジュナはモデル専攻である身だ。互いの分野が違えば交流も無きに等しいが、この二人には「前世の記憶がある」――いや、「英霊としての記憶がある」という共通点があった。その共通点を持ち、密かに情報共有をする間柄であるのが、この二人。そしてもう一人。

「まぁ! 最後の一人とはあなたね、アルジュナ!」

英霊の時では男性を呼び捨てにはしなかっただろうマリーが、廊下の先で上品に手を振ってくる。アルジュナはそれに目礼で返し、研究室前まで歩み寄った。

「この三人が呼ばれたのですか?」
「えぇ、詳しくは准教授より」

エルメロイ教室、と書かれたプレートが揺れる扉をノックすれば、すぐに「入れ」という声が響いてくる。テノールが響く、艶のある声だった。
アルジュナがまず入り、それにナイチンゲールとマリーが続く。

「お呼びに預かりました、アルジュナです」
「ナイチンゲールです」
「マリーです」
「あぁ、突然呼び出してすまなかった。君たちには、少し頼まれて欲しいことがある」
「私たちにできることであれば」

アルジュナの返答に、二人も頷く。その反応を見て、エルメロイ教室の――孔明が、口を開いた。

「近々、この敷地内にある兄弟校、専門学校へ学生を出張させることになっている。これは毎年、あちらの学生ファッションショーが秋に行われることによるもので、こちらの短大は代々そのモデルを提供することになっている。今年はあちらも粒ぞろいで、下手な学生をもらいたくないと直々にモデルや交換学生を指定してきた。それが君たち三名だ」
「一つ不思議に思っていることなのですが、交換学生ならば、向こうからも学生がこちらに?」
「いや、それは無い。本来は学生を三名ずつで交換するのだが、ここ数年は形骸化しており、あちらに覇権を奪われてしまっている以上、こちらから学生を出すのみだ」

生贄ですわね、とマリーが楽しそうに言うと、孔明が眉間の皺を深くする。何か思うところがあるのだろうか。
しかし孔明は手元の葉巻の葉先を落ち着いて切り落とし、手元のライターでもったいぶるように火をつけた。アルジュナはそのしぐさに見覚えがある。記憶の中のカルデアで、彼が――諸葛孔明の頭脳を借りた彼が行う、思考の沼へ立った証拠。

「君たち三名を指定してきた――この意味が分かるか?」

三人は無言で頷いた。
この三人であることに、意味があるというのならそれはこの記憶からくるものに他ならない。
英霊としての記憶、尊厳、威風を失わず、人間としての生活に風化しない魂。孔明は三人の瞳を順に眺め、それから口を開いた。

「現代身体学准教授、エルメロイⅡ世教室の三名。モデル専攻アルジュナ、特殊服専攻ナイチンゲール、オートクチュール専攻マリー。君たちに、専門学校へ侵入し、この特異点の基盤を探ることを命じる」





同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉