ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:冬の痛み 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:1330字 お気に入り:0人

ガイアイお誕生日 ※未完

凍てついた風が肌を刺す。クリスマスを目前にしたこの時期、町は色とりどりの電飾で光り輝くが、空気の冷たさまではカバーしきれないようだ。むしろ、LEDの青白い光は視覚的な冷たさを伴う。
「ここは、存外に寒いんだな」
愛しい人が生まれ育った東京の冬は、想像よりずっと寒かった。温かな笑顔の人が住んでいる街は、もっと暖かいのかと勝手な幻想を抱いていたのだ。
「ごめん、ガイヤール君! 待ったよね……寒くない?」
「いいえ、全然。アイチさんこそ、寒くはありませんか?」
「大丈夫だよ」
息を切らせて走ってきたアイチさんは、制服にマフラーという薄着だった。コートは腕に掛けたままで、着ようとしない。おそらくは、自分との待ち合わせのために学校から走ってきたのだろう。それなりに距離もあるのだから、全力疾走すれば体温も上がってしまう。
「僕なら平気なので、そんなに走らなくても良かったのに……」
この人を待つのは苦にならない。終わりの見えない月での生活を考えると、数分だろうと数時間だろうと、確実性をもって会えるいまの状況ならば待つうちに入らないのだ。
「うん、でも。僕が、早く会いたかったんだ。ガイヤール君に」
「アイチさん……僕も、あなたに会いたくてたまらなかったんです」
寒さと走ったことによる熱で赤く染まる頬を緩めて、アイチさんは笑う。そこらじゅうを飾る電飾なんか比べ物にならないほど、アイチさんは美しくキラキラと輝いた。
「ガイヤール君」
「はい、アイチさん」
ふと、真剣な表情で僕を見詰めてきたアイチさんは口を開いた。カトルナイツの頃の名残か、つい傅いてしまいそうになるが堪える。人通りのある往来ですることではないといつだかアイチさんに教えられたのだ。
「お誕生日おめでとう、ガイヤール君。今日中に、どうしても伝えたくって……今日君を誘ったんだ。忙しいのにごめんね」
「へ……ありがとうございます。アイチさん」
自分の誕生日など、あまり気にしたことが無かった。孤児院でも祝われることはあったものの、簡易的なものだったのだ。両親が生きていた頃でさえ、まともに祝いの言葉を贈られた記憶はない。
「プレゼント何が良いかなぁって悩んでいたんだけど、結局何も思いつかなくて。ごめんね、用意できてないんだ。でも、僕に出来ることなら何でもするから、遠慮なく言って?」
「そんな……僕はもう充分なほどたくさんのものをアイチさんに貰っています」
先導アイチという人間から与えられたものは数えきれないほどだ。孤児院の家族たち、その笑顔、ヴァンガード、地球とクレイの未来、そして愛するこの人と共に過ごすいまの時間だ。
「うーん……でも、せっかくのお誕生日なんだから……。あ、そうだ。ねえガイヤール君」
「なんですか?」
「少しだけ屈んで、目を閉じて?」
「……? はい」
言われた通りに、僕は少し屈んで目を閉じる。少しだけアイチさんの身長に近付くと、彼の甘やかな香りが鼻孔を擽った。
「アイチさん?」
アイチさんの思い付きが何か分からないが、心なしかアイチさんの香りが強くなったような気がする。僕の髪を梳かすように耳にかけてくれた小さな手は、もしやアイチさんだろうか。暗い視覚のなか、

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あお ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:記録にないこだわり 制限時間:30分 読者:464 人 文字数:1651字 お気に入り:0人
櫂は知らないだろうけど小学生のころ俺は日記を付けていてその日記には櫂のことばかり書いていた。櫂は知らないだろうけど俺は本当に櫂のことが大好きでその日記はもはや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:不屈の第三極 制限時間:30分 読者:462 人 文字数:741字 お気に入り:0人
@CardCapital BJアイをイメージ。「私は、もはや彼らの味方ではない。けれども、あの男の手駒になる気など、さらさらありはしない。」目の前に跪くその男は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あお ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:失敗の旅行 制限時間:30分 読者:535 人 文字数:1461字 お気に入り:1人
「櫂、旅行しよう」 俺が笑顔を見せれば櫂は微笑んでくれる。どこに行こうか、あそこにしようか、と提案すればあれやこれやとものを言う。きちんと喋り、笑う。櫂はまだ人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮沢 華澄 ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:生きている快楽 制限時間:30分 読者:964 人 文字数:840字 お気に入り:0人
※リバース櫂アイ ※捏造目の前に横たわった彼の、青い髪を撫でる。懐かしい声が蘇る。「スタンドアップ・ヴァンガード!」 生きている―。「立ち上がれ!僕の分身、ブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:俺と狂気 制限時間:30分 読者:671 人 文字数:6字 お気に入り:0人
データ消えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あお ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:無意識の惑星 制限時間:30分 読者:1291 人 文字数:1415字 お気に入り:2人
アイチのいない朝を迎える。 石田を、戸倉を、メイトの記憶を呼び戻す。カトルナイツに勝利し、セラに勝つ。 アイチの影が見える。捉えられない。何度も経験したような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明理 ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:人妻の命日 制限時間:30分 読者:628 人 文字数:1041字 お気に入り:1人
「なあ、櫂。昔夏祭りの屋台で一緒に金魚すくったの覚えてる?」8月に入ったばかりの茹だるような暑さの中、カードキャピタル横のベンチで氷菓をかじっていた三和はいきな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あお ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:彼と四肢切断 制限時間:30分 読者:799 人 文字数:1482字 お気に入り:1人
櫂くんの四肢がなくなってしまった。そう聞いたとき僕は自分でも不思議なくらい動揺しなかった。母親から聞いた現実味のない事態にどう反応すれば良いのかわからずにいた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:きのこん ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:私の星 制限時間:30分 読者:492 人 文字数:902字 お気に入り:0人
. 今日、空で輝く星の光は、何光年も過去からやってきたものらしい。 そうなのだとしたら、彼が放つ輝きも、幾年の過去から届いた光に違いない。 あの日、櫂がすくいあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きのこん ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:希望のうどん 制限時間:30分 読者:599 人 文字数:1381字 お気に入り:0人
.「手を貸せ、アイチ」「う、うん!」 何か食べたいものはあるか、と聞かれて。うんうんと首を捻ってあげく、その時ちょうどテレビCMで映ったから「おうどんが食べたい 〈続きを読む〉

ろと@そろそろ原稿の即興 二次小説


ユーザーアイコン
櫂アイ 夏 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ【腐】 お題:犬の夏 必須要素:個室 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1142字 お気に入り:0人
いつものようにカードキャピタルでファイトをしていた午後の事だ。いつもより少し落ち着かない様子のアイチは、ファイトが終わるとおもむろにチラシを取り出した。「ふれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ お題:女の傘 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1225字 お気に入り:0人
「アイチぃ! 今日、夕方から雨が降るかもしれないんだって。だから、折り畳み傘持っていきなさいってお母さんが……アイチ? ちょっとアイチ! 待ってよ、傘は?」「ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
床下調査 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:安コ お題:隠された床 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:926字 お気に入り:0人
例によって例のごとく、事件を引き寄せる体質の少年は遊びに出掛けた先で事件に遭遇していた。それ自体はよくあることのようで、彼本人は大して驚く事もなければ、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:淡い馬鹿 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1003字 お気に入り:0人
同居人の馬場はけして頭が悪いわけではない。むしろ逆だ。殺し屋としても探偵としても、その観察眼は誰にも勝るものであるし、頭の回転も速い。知識量も広く深いが、物覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:素朴な神話 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
『人は皆、神様に愛されて生まれてくるのよ。この世界の理はすべて、神様が決めた道筋であり、運命によって組まれているの。実はね、広い宇宙の過去も現在も未来もすべて最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:くさい理由 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
「何なんだよアイツは」「何って……何が?」「馬場だよ。くさくて仕方ないんだ」「体臭の話? そりゃあ、成人男性だもん。運動した後に汗と混じって臭いが発生するのは仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬林 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:有名な恋人 制限時間:30分 読者:264 人 文字数:1001字 お気に入り:0人
殺し屋にとって、知名度というものは必要不可欠らしい。フリーランスであれば猶更。そういった意味合いで考えれば、「にわか侍」として名をはせている馬場はある種一流の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:ぐふふ、嵐 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
今日はお互いに仕事が入っていて、朝食の後はそれぞれ別の場所へ向かった。方や探偵、片や殺し屋という内容ながらどちらもそれ程難しい案件でもなく昼過ぎには帰宅できる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:293 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉