ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・巨人 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:1329字 お気に入り:0人

幼少期スザルル ナナルル ※未完

「そ、それは……とても大きな、大きなー…………なんて読むんだこれ」
「巨人、だろ」
「ああ、そうそう。確かそうだった。って、ルルーシュはブリタニア人だろ? なんで読めるんだよ、漢字が」
「本国に居た頃でも一通りの語学は勉強しているし、長期で滞在する国の言語を読み書きできるよう備えておくのは当然だろう。むしろ、母国語すら危うい君の方が問題だと思うぞスザク」
「母国語っていっても、まだ習ってない漢字なんだよコレ」
「学校教育で学んだことさえ満足に覚えているとは思えないがな」
「バカにしてるのか」
「バカだと言ってるんだよ」
 そのまま少しの言い合いを続けたあと、俺は本に向き合った。今日はルルーシュと喧嘩するために慣れない活字を読み上げている訳ではないのだ。彼ではなく、彼の妹であり俺の友人でもあるナナリーに本を読みたかったのだ。きっかけは、学校の事を話していた昨日に遡る。

 * * *

「おはなしの国? なんですか、それ?」
「特別な授業のひとつなんだ。お話会……だったかな、地域の読み聞かせ団体みたいなのが年に何度か学校に来るんだ。それで、授業の最初でロウソクに火をつけるんだよ。『ロウソク、ロウソク点いとくれ。お話のロウソク点いとくれ』って声をかけると、不思議なロウソクに火が点くんだ。その火が灯っている間、教室はお話の国っていうのと繋がっていてね。俺たちはお話会の人が話す読み聞かせの内容を聞いているだけの筈なんだけど、まるでお話の世界に入り込んでいるみたいな不思議な感覚に陥るんだ」
「つまりは集団催眠の一種か」
「ルルーシュは夢が無いなぁ。近いものがあるかもしれないけど、そういう悪だくみじゃないよ」
「そうですよ、お兄様。おはなしの国なんて、素敵じゃないですか。私も聞いてみたいです」
 確か、ナナリーのそのひとことがきっかけだった。それならばと、授業で聞いた本を借りてきて読み始めたのだ。プロとして活動している人には遠く及ばないが、物語の世界を揺蕩うような不思議と心地良い感覚を味わってもらおうかと考えたのである。いつも気を張っていて、誰かに本を読んでもらうという経験がほとんどないであろうルルーシュにも、その優しい穏やかさを与えたかったのかもしれない。結果としては、数行ごとにルビの無い漢字で躓き読み間違えも多くたどたどしいために話の内容が全く伝わらなかったのだが。
「ナナリーに自分が気に入った本の物語を伝えたいという心構えは良い事だと思うが、君はその前にもっと漢字を含めた国語を勉強するべきだ」
「うるっさいな。俺もそう思ったよ! でも」
 勉強をきちんと行っておくべきだった。漢字の読み書きだって、多分ルルーシュの方がよっぽど出来る。それでも、ロウソクの火にてらされて物語に耳を傾けるだけの穏やかな時間を彼らに与えたかったのだ。他ならぬ、自分自身で。
「昨日の感動をすぐに伝えたいと思ったら、勉強より先に本を持って走りたくなるだろ」
「……そうか」
「ありがとうございます、スザクさん」
「ど、どういたしまして!」
 感謝の言葉はナナリーからしか聞けなかった。でも、赤い頬で視線を逸らすルルーシュからもその気持ちはつたわtt

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ゆーん ジャンル:コードギアス お題:馬鹿な、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:1748 人 文字数:1825字 お気に入り:0人
「好きな人ができたんだ!」 教室に入るなりかました告白に、さすがのルルーシュも目を瞬かせていた。パチパチ、と瞬きをする様子はとても珍しくて、スザクは一瞬写メをと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四季乃 ジャンル:コードギアス お題:2つの祝福 制限時間:1時間 読者:913 人 文字数:2216字 お気に入り:0人
俺は誓った。もう、ナナリーを悲しませないと。あの日、確かに誓ったんだ。ルルーシュ・ランペルージ。今はこれが俺の名だ。アッシュフォードに匿われ、今まで隠れて生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:彼と狐 制限時間:15分 読者:843 人 文字数:624字 お気に入り:0人
「ライ、か?」生徒会質に顔を出したルルーシュから怪訝な声が漏れたのは仕方がないだろう。見慣れた銀髪の青年、ライの青紫の瞳……どころか、顔全体が狐をもしたお面に隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:3月のローン 制限時間:15分 読者:823 人 文字数:1144字 お気に入り:0人
(小説家ルルーシュと女子高校生ライ)三月といえば、学生ならば学年が上がったり、卒業式があったりとその年に一区切りがつく大切な月だ。それは、ライも例外ではなくて。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:清いあそこ 制限時間:15分 読者:836 人 文字数:415字 お気に入り:0人
「ルルーシュって本当に綺麗好きだよね」「そうか?」「うん、咲世子さんが掃除してないところまで掃除してるし」そういって、鳥を模したガラスの置物を持ち上げる。昨日み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:寒い転職 制限時間:15分 読者:977 人 文字数:1507字 お気に入り:0人
(現代パラレル、芸能人ルルーシュ女子高生ライ)「転職をしようと思う」「?」夕食の席で唐突にいわれた言葉に反応しきれずライはつい首をかしげた。一方のルルーシュは至 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:やわらかい笑顔 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:586字 お気に入り:0人
そっと眠っているライの頬をなでる。気配に敏感すぎるライもルルーシュの隣ならば安心して寝られるらしく、ルルーシュが身じろぎをしても起きる様子はない。これが、ほかの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:少女の恨み 制限時間:15分 読者:1302 人 文字数:796字 お気に入り:0人
(皇子ルルーシュと皇女ナナリー)「私、お兄様を許しません!」ぷいっとそっぽを向いた妹の言葉にルルーシュは苦笑をこぼした。ナナリーの機嫌が悪い理由を正確に把握して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・人体 制限時間:15分 読者:663 人 文字数:986字 お気に入り:0人
「ニーナ、なにみてるの?」生徒会室で熱心に本をめくっているニーナをみつけて、しばらく様子を観察していたのだけど、いい加減それにも飽きてしまった。邪魔をするのは悪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:コードギアス お題:真紅の怒りをまといし爆発 制限時間:15分 読者:935 人 文字数:1173字 お気に入り:0人
(ライ女体化注意)「殺してやる……!!」物騒な台詞を吐き出して、眼光だけで相手が殺せるならばすでに百万回はころしているんじゃないかという目付きをしているルルーシ 〈続きを読む〉

ろと@1/27東7W22aの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:恥ずかしい血痕 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
「ううーん……いや、でもなあ……」「おはようございま……どうしたの? デリックさん」「ああ、ミラ。おはよう」 いつも通りにバーの扉を開くと、店長は頭を抱えて唸っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鍵が壊れた話 ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
マクユリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:壊れかけのクリスマス 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1083字 お気に入り:0人
少しだけ、気が早いけれど。メンテナンスで家を空ける前にクリスマスの飾りつけをしようと提案したのは私の方だった。「良いね。今日は買い物する予定だったし、新しくで 〈続きを読む〉