ジャンル:ロビジュナ お題:苦し紛れの男 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:1388字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】あみだくじの恋人

「あみだくじで恋人を決めたんです」

へぇ、と笑ってやれる時間はあっちこっちに飛び去って、目の前で笑う宇宙人はやっぱり極上の笑みを浮かべていた。
ふわりと揺れるあみだくじ。確かにそこには五人の候補者。あなたはかぐや姫ですかね。聞いてみたかったけれど、やめておいた。まだ、死に近付くには早い気がしたのだ。

「名誉ある恋人に、こんな一般人を入れちまったアンタに同情しますよ」
「そうでしょうか。私、きちんと昨日、雷に祈りましたよ」
「へぇ?」
「『私を一番愛してくれる人にしてください』と」

柔和な笑みは輝きを増し、背後に背負う太陽の光とあいまって、まったくひとつの宗教画みたいな強さを誇っている。
目の前の美丈夫は、ゆくゆくはこの学校の生徒会長になるだろうというもっぱらの噂の一年生で、そのチョコレートのような肌とブラックダイアモンドのような瞳は女子学生の視線を集めて止まない。良くも悪くも完璧な、ロビンとは真逆の孤高を貫く彼は、遠くから見る観賞用の造花に似ていた。

「それこそ、隣の学校の生徒会長候補とかどうよ」
「あれはライバルのようなものであって、私の恋人にはなれなさそうです」
「いつもつるんでる青い髪の槍投げ部」
「ちょっと癇癪もちの子供みたいなものです。弟という感じがしませんか?」
「うーん、現生徒会長」
「金ぴかすぎて、色が好きじゃないです」

いくつか、彼を取り巻く名前を挙げてみるもぴんとこないらしい。ならば、そのあみだくじは最初から八百長だったのではないか? とも思うのだが、そうするとアルジュナが必ずロビンを選ぶべきという矛盾にたどり着いてしまう。くじなのだから、最初から答えが決まっているわけではない。

「ちなみにこれは誰が用意したんですか」
「私の友人が」

りつかというのです。そう言うアルジュナの表情は穏やかな海の凪ぎのようであった。そのりつかも、はたして友人と言えるのか。こんなくじ一つで、他人の運命を決めるのだと、アルジュナのこれからを決めるのだと、分かってやっているのだろうか。
考えれば考えるだけ、ロビンの眉間にしわが寄っていく。

「ロビンフッド」

アルジュナの呼びかけに、はっと視線を寄越せば微笑まれる。ロビンは、アルジュナが自分の名前を知っていたということに驚愕してしまい、次の言葉がなかなか出てこなくなる。

「私、言いましたでしょう。昨日、きちんと祈りましたと」
「は……はぁ、まぁ」
「ですから大丈夫です。きっと、あなたが私を愛してくれると信じています」

完敗だ。君の完勝。
そんな、太陽を打ち落としてきたみたいな、LEDを何百の単位で集めたってとうてい敵わない笑みを浮かべるなんて。
ロビンはしばらく口を無意味に開閉させたあと、「はぁ」と、返事になるのかならないのか不明な声だけを落とした。
アルジュナはロビンの目の前でなおも微笑み続けている。それが、あみだくじによるものである、という点を除けば、ロビンにはもう、手を伸ばさない理由は無かった。
届かないところにあった星が落ちてきて、太陽みたいに輝いている。ロビンを中心にした衛星となり、宇宙に歌を散らばせながら、今日の幸福を歌い続ける。

「よろしくお願いします。私、あなたの名前以外知らないんですから」

こうして不可思議なあみだくじの恋人ができたのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:216 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:光の仕事 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
後に残されたカルナではあったが、はっと正気に戻った後に慌てて車に舞い戻り、あのタクシーを追え!と声を荒げたのだった。「もう見えないよぉ~ムリムリ~!」「アルジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉