ジャンル:ロビジュナ お題:苦し紛れの男 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:1388字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】あみだくじの恋人

「あみだくじで恋人を決めたんです」

へぇ、と笑ってやれる時間はあっちこっちに飛び去って、目の前で笑う宇宙人はやっぱり極上の笑みを浮かべていた。
ふわりと揺れるあみだくじ。確かにそこには五人の候補者。あなたはかぐや姫ですかね。聞いてみたかったけれど、やめておいた。まだ、死に近付くには早い気がしたのだ。

「名誉ある恋人に、こんな一般人を入れちまったアンタに同情しますよ」
「そうでしょうか。私、きちんと昨日、雷に祈りましたよ」
「へぇ?」
「『私を一番愛してくれる人にしてください』と」

柔和な笑みは輝きを増し、背後に背負う太陽の光とあいまって、まったくひとつの宗教画みたいな強さを誇っている。
目の前の美丈夫は、ゆくゆくはこの学校の生徒会長になるだろうというもっぱらの噂の一年生で、そのチョコレートのような肌とブラックダイアモンドのような瞳は女子学生の視線を集めて止まない。良くも悪くも完璧な、ロビンとは真逆の孤高を貫く彼は、遠くから見る観賞用の造花に似ていた。

「それこそ、隣の学校の生徒会長候補とかどうよ」
「あれはライバルのようなものであって、私の恋人にはなれなさそうです」
「いつもつるんでる青い髪の槍投げ部」
「ちょっと癇癪もちの子供みたいなものです。弟という感じがしませんか?」
「うーん、現生徒会長」
「金ぴかすぎて、色が好きじゃないです」

いくつか、彼を取り巻く名前を挙げてみるもぴんとこないらしい。ならば、そのあみだくじは最初から八百長だったのではないか? とも思うのだが、そうするとアルジュナが必ずロビンを選ぶべきという矛盾にたどり着いてしまう。くじなのだから、最初から答えが決まっているわけではない。

「ちなみにこれは誰が用意したんですか」
「私の友人が」

りつかというのです。そう言うアルジュナの表情は穏やかな海の凪ぎのようであった。そのりつかも、はたして友人と言えるのか。こんなくじ一つで、他人の運命を決めるのだと、アルジュナのこれからを決めるのだと、分かってやっているのだろうか。
考えれば考えるだけ、ロビンの眉間にしわが寄っていく。

「ロビンフッド」

アルジュナの呼びかけに、はっと視線を寄越せば微笑まれる。ロビンは、アルジュナが自分の名前を知っていたということに驚愕してしまい、次の言葉がなかなか出てこなくなる。

「私、言いましたでしょう。昨日、きちんと祈りましたと」
「は……はぁ、まぁ」
「ですから大丈夫です。きっと、あなたが私を愛してくれると信じています」

完敗だ。君の完勝。
そんな、太陽を打ち落としてきたみたいな、LEDを何百の単位で集めたってとうてい敵わない笑みを浮かべるなんて。
ロビンはしばらく口を無意味に開閉させたあと、「はぁ」と、返事になるのかならないのか不明な声だけを落とした。
アルジュナはロビンの目の前でなおも微笑み続けている。それが、あみだくじによるものである、という点を除けば、ロビンにはもう、手を伸ばさない理由は無かった。
届かないところにあった星が落ちてきて、太陽みたいに輝いている。ロビンを中心にした衛星となり、宇宙に歌を散らばせながら、今日の幸福を歌い続ける。

「よろしくお願いします。私、あなたの名前以外知らないんですから」

こうして不可思議なあみだくじの恋人ができたのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:軽い本 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
さて、結論から言うと私は根競べに負けた。遥か東方ではお百度参りとでも表現するらしい。カルナは私の元へと度々脱走を繰り返し、とうとうボスが手駒として子飼いにしてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:燃える人々 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
初めて見た時に、私にはそれが白い石の塊に見えた。例えば大理石を砕いたまま打ち捨てているような、それがこんな裏路地の片隅にあるとは思えなかったが。それは私が近づく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:僕の好きな恨み 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
私は一匹の獣を飼っている。さて、おかしいとは思っていたのだが、これはもう思わず口元を歪めてしまうくらいわかりやすい展開だ。例えばここが相手の経営するカジノの上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:気持ちいい太陽 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「カルナ、しんぞうって、どうやったらあげられますか?」アルジュナは丸い瞳を爛々を輝かせてそう言った。「しんぞ………心臓か」「そうです!」たっぷりの沈黙と困惑のあ 〈続きを読む〉