ジャンル:ロビジュナ お題:私と狼 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:1490字 お気に入り:0人

【服飾ロビ→ジュナ】一般人懺悔論

最初は、かわいそうな人だなって思ったんですよ。

はは、あー、それそれ。そういう表情すると思ってました。
オレが最初にアイツに会ったのは、カルナに忘れられて凹んでた直後だった。アイツは「私を覚えていないカルナなどカルナではありませんよ」なんて言ってたんじゃなかったっけ。
因果というか業というか。こんな平和な世界の学生として生きてきてるオレらなのに、アイツだけが記憶にとらわれてて、でもその記憶の一番深い所にいる奴は全然アイツのこと覚えてない。酷い話だよなぁ。カルナはアイツを覚えてないのに、アイツのことを美しいとかなんとしてでも手に入れるとか言ってるんだぜ。おぞましくねぇ? 考えてもみてくれよ。牙を剥いて戦いに殉じるためだけに生きてきた相手に、手のひらを返されて観賞用の鉢にぶち込まれた気持ちをさ。

……そう、アイツとカルナが会って、何度目だろうな。カルナはやっぱりアイツのことを賛美しかしなかったし、どれだけアイツが冷たい態度を取ったとしてもかまわないという様子だった。それってつまり、「モデル」としてしか扱ってもらえてないわけだろ? 外見の賛美だけを甘受できるほど、アイツは器用な男じゃなかった……。

カルナと二つ三つばかし話をして、教室の外に出てきたアイツの顔といったら、絶望に色をつけたらあんなもんになるのかな、とも思った差。いや、でも、なんつーか、ちょっと違うかな。
アイツがあんまりにも、雨の中の迷子みたいな顔してたもんだからさ……。そこでやめときゃよかったんだ。背中をといと叩いて大丈夫かよって声をかけて、それでわざとらしくナイチンゲールでも呼んでやれば済む話だったんだ。
しゃがみ込んで、息を荒げて、ひゅうひゅう鳴ってる音を聞いて。そこから両目を見開いているアイツの横顔を見たら、そんなのは、どっかにいっちまった。
闇夜の月は綺麗だし、野に咲く花は尊い。薔薇はそこにあるだけで世界を明るくするし、迷子の子猫はかわいそうだ。そんな当たり前の、世界の真理を混ぜ込んだ男に、どうして触れようなんて思っちまったんだろう。

気付けばオレはアイツの唇を塞いでいて、そこが異様に冷たいことを知ってしまった。
目尻に浮かんだ水滴は朝露のようだったけど、全然違った。朝露なら、もっと純粋で希望に満ちていただろうに、アイツの両目にはそれがなかった。諦めと困惑、それから疑問と焦燥。……カルナと対峙してたときの、オレの覚えてる強い瞳じゃあなかった。
魔が差したんだ。本当にそれしか言いようがない。じゃなきゃ、カルナの持ち物に手を出したりなんかしなかった。誰がなんと言おうと、カルナはアルジュナのもので、アルジュナはカルナのものだった。それはカルデアに居る頃からの不文律で、そこに運命めいた形のなにかが存在していなかっただなんて誰も言えない。例え、カルナとアルジュナの間に恋情が無かったとしても、だ。

あぁ、そうだったな。アイツの唇は案外冷たかった。男にしては柔らかいそこは、オレが口をふさぐたびに酸素を求めるようにうごめいてて、魅惑的だった。こんな言葉を使うと、後で誰かから殺されるとは思うが……役得だと思った。
うまく呼吸ができないそこに、少しずつ酸素を送り込んでやると、しばらくして呼吸が収まってきて、それからアイツがようやくオレの名前を呼んだんだ。……綺麗な、響きだった。

……これはさ、オレの懺悔なんだよ。いたいけなお姫様に手を出した一般人の後悔の話。
救えないよなぁ。だって、オレ、アイツの唇も、肌も、どんなに滑らかで美しいのか、もう知っちまったんだからさ……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:軽い本 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
さて、結論から言うと私は根競べに負けた。遥か東方ではお百度参りとでも表現するらしい。カルナは私の元へと度々脱走を繰り返し、とうとうボスが手駒として子飼いにしてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:燃える人々 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
初めて見た時に、私にはそれが白い石の塊に見えた。例えば大理石を砕いたまま打ち捨てているような、それがこんな裏路地の片隅にあるとは思えなかったが。それは私が近づく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:僕の好きな恨み 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
私は一匹の獣を飼っている。さて、おかしいとは思っていたのだが、これはもう思わず口元を歪めてしまうくらいわかりやすい展開だ。例えばここが相手の経営するカジノの上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:気持ちいい太陽 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「カルナ、しんぞうって、どうやったらあげられますか?」アルジュナは丸い瞳を爛々を輝かせてそう言った。「しんぞ………心臓か」「そうです!」たっぷりの沈黙と困惑のあ 〈続きを読む〉