ジャンル:ロビジュナ お題:私と狼 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:1490字 お気に入り:0人

【服飾ロビ→ジュナ】一般人懺悔論

最初は、かわいそうな人だなって思ったんですよ。

はは、あー、それそれ。そういう表情すると思ってました。
オレが最初にアイツに会ったのは、カルナに忘れられて凹んでた直後だった。アイツは「私を覚えていないカルナなどカルナではありませんよ」なんて言ってたんじゃなかったっけ。
因果というか業というか。こんな平和な世界の学生として生きてきてるオレらなのに、アイツだけが記憶にとらわれてて、でもその記憶の一番深い所にいる奴は全然アイツのこと覚えてない。酷い話だよなぁ。カルナはアイツを覚えてないのに、アイツのことを美しいとかなんとしてでも手に入れるとか言ってるんだぜ。おぞましくねぇ? 考えてもみてくれよ。牙を剥いて戦いに殉じるためだけに生きてきた相手に、手のひらを返されて観賞用の鉢にぶち込まれた気持ちをさ。

……そう、アイツとカルナが会って、何度目だろうな。カルナはやっぱりアイツのことを賛美しかしなかったし、どれだけアイツが冷たい態度を取ったとしてもかまわないという様子だった。それってつまり、「モデル」としてしか扱ってもらえてないわけだろ? 外見の賛美だけを甘受できるほど、アイツは器用な男じゃなかった……。

カルナと二つ三つばかし話をして、教室の外に出てきたアイツの顔といったら、絶望に色をつけたらあんなもんになるのかな、とも思った差。いや、でも、なんつーか、ちょっと違うかな。
アイツがあんまりにも、雨の中の迷子みたいな顔してたもんだからさ……。そこでやめときゃよかったんだ。背中をといと叩いて大丈夫かよって声をかけて、それでわざとらしくナイチンゲールでも呼んでやれば済む話だったんだ。
しゃがみ込んで、息を荒げて、ひゅうひゅう鳴ってる音を聞いて。そこから両目を見開いているアイツの横顔を見たら、そんなのは、どっかにいっちまった。
闇夜の月は綺麗だし、野に咲く花は尊い。薔薇はそこにあるだけで世界を明るくするし、迷子の子猫はかわいそうだ。そんな当たり前の、世界の真理を混ぜ込んだ男に、どうして触れようなんて思っちまったんだろう。

気付けばオレはアイツの唇を塞いでいて、そこが異様に冷たいことを知ってしまった。
目尻に浮かんだ水滴は朝露のようだったけど、全然違った。朝露なら、もっと純粋で希望に満ちていただろうに、アイツの両目にはそれがなかった。諦めと困惑、それから疑問と焦燥。……カルナと対峙してたときの、オレの覚えてる強い瞳じゃあなかった。
魔が差したんだ。本当にそれしか言いようがない。じゃなきゃ、カルナの持ち物に手を出したりなんかしなかった。誰がなんと言おうと、カルナはアルジュナのもので、アルジュナはカルナのものだった。それはカルデアに居る頃からの不文律で、そこに運命めいた形のなにかが存在していなかっただなんて誰も言えない。例え、カルナとアルジュナの間に恋情が無かったとしても、だ。

あぁ、そうだったな。アイツの唇は案外冷たかった。男にしては柔らかいそこは、オレが口をふさぐたびに酸素を求めるようにうごめいてて、魅惑的だった。こんな言葉を使うと、後で誰かから殺されるとは思うが……役得だと思った。
うまく呼吸ができないそこに、少しずつ酸素を送り込んでやると、しばらくして呼吸が収まってきて、それからアイツがようやくオレの名前を呼んだんだ。……綺麗な、響きだった。

……これはさ、オレの懺悔なんだよ。いたいけなお姫様に手を出した一般人の後悔の話。
救えないよなぁ。だって、オレ、アイツの唇も、肌も、どんなに滑らかで美しいのか、もう知っちまったんだからさ……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉