ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:昨日食べた事故 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:888字 お気に入り:0人
[削除]

(シュガミン)

「……おはよ」
「んん……おはようございます」
 目の前に、はぁとちゃんの顔がありました。メイクも落とさずに眠ったから、下まぶたにマスカラの繊維がついています。そういえば、歯磨きもしませんでした。はぁとちゃんの息と同じぐらい、ナナの息もお酒くさいでしょう。お互い、アイドル失格です。
 深いため息が勝手に出ました。くさかったらいけないなと、慌てて手のひらでおさえました。
「……ふふ」
 メイクはよれよれでも、しっかり上を向いたまつげの下。いたずらっぽい目で、はぁとちゃんはナナを見ています。
「ねえパイセン、覚えてる?」
 すぐに昨夜のあのことがフラッシュバックしました。残ったアルコールでガンガンする頭がいっそう痛くなります。
「お、おっ……」
 覚えていないわけがないじゃないですか。
 昨日のお仕事はさんざんでした。撮れ高は上々です。ただ、ロケの見学に来ていたスポンサーが本当に散々でした。アイドルは嫌いだと吐き捨てて、言いたい放題。だったら見学なんか来てんじゃねえよ、とはぁとちゃんが☆をつけるのも忘れて激怒していました。ナナはひたすらに悲しかった。自分が十七歳であることも忘れて、はぁとちゃんのおうちでハイボール缶をいくつあけたのかも分からないぐらいにあけてしまう程に。
「アイツ、嫌いだとか言いつつ帰り際にはぁとのおっぱい触ったからね」
「ひどい……」
 床にパーティー開けして置いたポテトチップスをつまもうと、ふと視線を落とすと、オフショルダーのニットの隙間から谷間が覗いていました。ああ、これが。あんなやろうに。
「ナナも触ります」
「は?」
 だって、無性に悔しかったのです。
 気がつけば、ナナの両手はやわらかいそれを包んでいました。
「ま、いいけど☆はぁともやり返すし」
 やり返されて、やり返して、というのがえんえん続き、疲れ果てて眠ったのでした。
「お……」
 そのとき、床のポテトチップスが目に入りました。衝動的に、ナナはそれを口にしました。
「覚えてません!」
 昨夜の出来事は、ポテトチップスと一緒に、食べてしまったことにするのでした。
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:芝浦澪音 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:絵描きの豪雪 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:1744字 お気に入り:0人
奈緒)なぁ、加蓮加蓮)どしたの?奈緒)外、凄い雪だな加蓮)こんなに降るの初めてじゃない?奈緒)だな加蓮)さて、身体が冷えないようにっと奈緒)うわっ、ちょ、ちょっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:芝浦澪音 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ぐちゃぐちゃの料理 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:2034字 お気に入り:0人
「奈緒-、今日どうするー?」加蓮が問いかけてくる。いや、ちょっと待てって。「今日どうするも何も、今はまだ朝の5時だぞ?」「早いうちに何するか決めちゃった方がいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:12月の俺 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:780字 お気に入り:0人
※推ししかいない12月のプロデューサーは忙しい。12月は師が走るから師走というが、走るのは師だけではなくプロデューサーやアイドル、スタッフたちもだ。12月にはク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
親友きのこ ※未完
作者:サムラビット ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:突然の性格 制限時間:30分 読者:191 人 文字数:903字 お気に入り:0人
「今日も誰とも話せなかった」 この学校に入学し、二ヶ月が経った。相も変わらず僕はクラスメイトと話す事が出来ない。 今も昼休みで、他のクラスメイトは席をくっつけこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:真紅の怒りをまといし会話 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:1610字 お気に入り:0人
……志希さん。 なに? プロデューサー。 飛鳥さんってマックスコーヒー好きそうですよね。 あーうん、そうかもしれないしそうじゃないかもしれない。偏見まみれのキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ありきたりな借金 制限時間:30分 読者:254 人 文字数:1366字 お気に入り:0人
「お金がない。お金がないと大変だ。水道ガス電気代が滞納する。ごはんがたべられない。研究ができない。生活が成り立たない。お金は現代の人間生活の基礎なんだっていい加 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:左の母性 制限時間:30分 読者:241 人 文字数:1175字 お気に入り:0人
速水奏が、346プロダクションの中でも人気を誇る有名アイドル高垣楓とユニット「ミステリアスアイズ」を組むという話を、速水奏の担当プロデューサー、夜川夜子から聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夜と円周率 制限時間:30分 読者:224 人 文字数:1143字 お気に入り:0人
もう二度と朝なんて来ないと思ってしまうような凍えた夜だった。今冬一番の寒気だと、周囲が雑談していたのを、速水奏は耳にしていた。 月の綺麗な夜である。学校の帰り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:マイナーな娼婦 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:1207字 お気に入り:0人
速水奏が、極寒の冬の、月の綺麗な夜、崖から海に向かって重力に寄り添うように死に向かい、自殺したのを、一ノ瀬志希はプロデューサーの夜川夜子の口から知った。 志希 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:名付けるならばそれは職業 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:1311字 お気に入り:0人
――志希ちゃんってフレデリカちゃんと仲良しだよね。 その相葉夕美の言葉には、他意もなく悪意もなく、ただ事実をありのままに志希に伝えただけの淡々としたもので、し 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:意外!それは汁 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
足の指は五本ある。両足を合わせると十本ある。いち、に、さん、しい、ご。指を折って数える。「ちょっと、部屋あったまらないから送風口あけて」 セーター伸びちゃうで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:輝く寒空 必須要素: 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:775字 お気に入り:0人
寒い、寒いと連呼したところでこの手がかじかむほどの寒さをどうにかできるわけもない。 だけれど、意味もなく、やっぱり「さみぃ…」と言ってしまうのだ。「凛。」ん? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:黒尽くめの転職 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:997字 お気に入り:0人
暗闇と光は正反対だけれど、どちらかがなければどちらも存在できない、2つで1つのようなもの。俺達も、光と闇のようなものなのだ。たぶん、人間の大半は光を好むのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:ぐふふ、帰り道 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1171字 お気に入り:0人
ぐふふ 何処かから聞こえた声に肩が跳ねた。 すっかり暗くなった帰り道。薄情な幼馴染はとっとと先に帰ってしまい、他の部活仲間も共にいない。 まだ夜と言える時間で 〈続きを読む〉