ジャンル:おそ松さん お題:振り向けばそこに誰か 必須要素:コンビニ 制限時間:2時間 読者:133 人 文字数:1528字 お気に入り:0人
[削除]

背中を任せて





離れても、離れても、そこには兄達がいた
どこに行こうが追いかけてくる兄達。
もう、どこかに行って欲しい。もう、ここには居たくない。そう思っても必ず追いかけてくる大きな影。



バイトの帰りに、なるべく家に居たくないと思い、コンビニで夜ご飯を買って食べることにした。
トド松「…まさかあのあとクビにならずにすむとはねー」
兄達が邪魔しに来たスタバァ。続けられるとはいえ、もう女の子は誘えなくなってしまった。あの五人の悪魔のせいで。
トド松「さぁ、もう帰らなくちゃ…」
本当は嫌だが親が心配する。トド松は大きなため息をついて足を動かした。




次の日
カランカラン
トド松「いらっしゃいませ」
するとそこには見慣れた黄色の影と紫の影。
トド松「なっ何でいるの…」
そう思ったけど追い出すのはやめにした。
せっかく店に入ってきたんだ、お金をおとしてもらわなきゃ困る。
十四松「あっあのねトド松、今思い返して見たけど、僕らひどいことしたなぁって思ってね!」
一松「謝るだけじゃなんか嫌だから自分の貯金使って少しでもお金おとして行こうかなって…」
一松.十四松「本当にごめんねっ」
半泣きになりながらも二人はそういった。
一松「…俺ら六人で一人だと思ってたからさ、
一人でも抜けるのが悲しくて…」
トド松「一松兄さん…もういいよ!二人は特別に許してあげるっ!でもその代わりにもう邪魔はしないでね!」
一松.十四松「トド松!!!ありがとう!!!」
二人はそういって席についた。
(二人がそんなこと思っていてくれただなんて)
そう思っているとある女の子が
女の子「トド松君って優しいんだね!
ねえねえ、良かったらLINE、交換しない?」
トド松「!!!良いの?」
女の子「うんっ!」
そう言われて嬉しかったけど前の出来事を思い出して、兄達に何されるかわかったもんじゃない、と思って一松兄さんと十四松兄さんの方を見た。すると二人はこっちを見て微笑んだ
一松.十四松「良かったね」
トド松はそれを見てすごく嬉しくなった。
トド松「そういってくれて嬉しいよ!
ありがとう!LINE交換しよう!」
嬉しい気分のまま家に帰るとそこには兄松がいた。(うわっ…どうしよう)
おそ松「トド松」
トド松「はいっ!」ゴクリ
兄松「「「ごめんなッ!!!」」」
トド松「えぇ!!!!」
カラ松「お前の自立を止めるようなことをしてしまって本当にすまない!!!」
チョロ松「やっぱり一人抜けると思うと寂しくてさ。本当にごめん!!!」
おそ松「お前は頑張っているのに!ごめんな!!!」
トド松「もっもういいよ!!!!」
兄松「ほんとかっ!!!!」
トド松「うんっ!」
兄松「ありがとう!!!!」
この時トド松は(あぁ、この人達はどこまでも兄なんだなぁー)と思った。



トド松「それにしても何でみんな急に謝る気になったの?」
おそ松「トド松が働いてもらった金を、半分以上生活費につぎこんでるって知ったら」
カラ松「急に罪悪感が襲ってきて」
チョロ松「ヨシッ!皆で謝ろう!ってことになって」
一松「さすがに皆で行くのはダメだから、皆の貯金一緒にして」
十四松「俺らで金をおとした!!!!」

トド松「ンンンッ!!!」
トド松「皆!許してあげるっ!」
兄達「ありがとう!トド松!!!」




それから数日後
一松「トド松、僕らはずっとお前の後ろにいるからね…いつでもこっちに戻ってきて良いんだよ。疲れない程度に頑張りなね…」
トド松「うんっ!ありがとう、一松兄さん!!!」



振り向けばそこに兄達がいる
僕は背中を任せて安心して前に進もう

トド松「期待してるよ。僕の兄さん達」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:何かの修道女 必須要素:二号機 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:279字 お気に入り:0人
言い争うシスター一松と神父カラ松。シスターが勢いで泉へ神父を突き落とす。呆然とするシスター一松。泉から女神が現れる。泉の女神「あなたが落としたのはセクシーなカラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:かゆくなる民話 必須要素:ところてん 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:648字 お気に入り:0人
恩返しに来たカニ「あの、これ、おれの手。良かったら食べて。……。べっ、べつにお前のために自切したんじゃないんだからな! ガキどもに岩ぶつけられてだいぶボロボロだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:12月の囚人 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
「ダヨーン、ワスのパンツはどこにあるダスか?」「知らないヨーン」「嘘をつくなダス! ネタは上がってるんダス!」「嘘じゃないヨーン」 「お風呂から上がったら脱衣所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:安い神様 必須要素:しゃっくり 制限時間:2時間 読者:256 人 文字数:575字 お気に入り:0人
しゃっくりが止まらない。「100回したら死ぬんだよな」「一松にーさん、死んじゃうの!?」なんて言われながら、昼間からずっと、いろいろ試したけど、夜、銭湯から帰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:情熱的なユートピア 必須要素:TOEIC 制限時間:2時間 読者:322 人 文字数:4210字 お気に入り:0人
「俺と一緒にユートピアに行かない?」「……一瞬カラ松かと思った」「やめてよ。一緒にしないで」求人雑誌を閉じて視界に広がったのは、半開きの目だった。近すぎる弟の顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:平和と育毛 制限時間:2時間 読者:385 人 文字数:3099字 お気に入り:0人
若干の性的な表現あります***「最近、薄くなってきた気がする……」同じ顔が深刻な表情を浮かべ、兄弟であり恋人でもある俺に、チョロ松が相談してきたのはほんの十分程 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:漆黒の闇に包まれし小説トレーニング 制限時間:2時間 読者:383 人 文字数:754字 お気に入り:0人
「うーん……」この俺、松野カラ松は夜闇が深まる中頭を捻っていた。この頃新たなチャレンジを始めたのだ。「ガールの心情……ここはどっちなんだ…?」書いてみているもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:希望の味 必須要素:ドイツ 制限時間:2時間 読者:322 人 文字数:1196字 お気に入り:0人
「大変だ大変だ大変だーーーーーっ!!!!」ドドドドッと雪崩れ込むように走ってきた十四松。「ドゥーーーーーーンッ!!大変っすよ兄さん!!」「ぐぇっ!?ちょ、十四松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の草 必須要素:川端康成 制限時間:2時間 読者:327 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
「カラ松兄さん、今日は兄さんの日だからちゃんと片付けしておいてね!」朝からそんな書き置きが机におかれていた。字や言葉を見るからに書いたのはきっとトド松なんだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:苦い口 制限時間:2時間 読者:509 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
地雷の人とかいたらごめんなさいです。ーーーーー……僕、松野一松はちょっと悩んでいます。それは…… 恋 人 と の 相 性 ………うん。嫌、別に嫌いとかそんなんじ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉