ジャンル:おそ松さん お題:振り向けばそこに誰か 必須要素:コンビニ 制限時間:2時間 読者:87 人 文字数:1528字 お気に入り:0人
[削除]

背中を任せて





離れても、離れても、そこには兄達がいた
どこに行こうが追いかけてくる兄達。
もう、どこかに行って欲しい。もう、ここには居たくない。そう思っても必ず追いかけてくる大きな影。



バイトの帰りに、なるべく家に居たくないと思い、コンビニで夜ご飯を買って食べることにした。
トド松「…まさかあのあとクビにならずにすむとはねー」
兄達が邪魔しに来たスタバァ。続けられるとはいえ、もう女の子は誘えなくなってしまった。あの五人の悪魔のせいで。
トド松「さぁ、もう帰らなくちゃ…」
本当は嫌だが親が心配する。トド松は大きなため息をついて足を動かした。




次の日
カランカラン
トド松「いらっしゃいませ」
するとそこには見慣れた黄色の影と紫の影。
トド松「なっ何でいるの…」
そう思ったけど追い出すのはやめにした。
せっかく店に入ってきたんだ、お金をおとしてもらわなきゃ困る。
十四松「あっあのねトド松、今思い返して見たけど、僕らひどいことしたなぁって思ってね!」
一松「謝るだけじゃなんか嫌だから自分の貯金使って少しでもお金おとして行こうかなって…」
一松.十四松「本当にごめんねっ」
半泣きになりながらも二人はそういった。
一松「…俺ら六人で一人だと思ってたからさ、
一人でも抜けるのが悲しくて…」
トド松「一松兄さん…もういいよ!二人は特別に許してあげるっ!でもその代わりにもう邪魔はしないでね!」
一松.十四松「トド松!!!ありがとう!!!」
二人はそういって席についた。
(二人がそんなこと思っていてくれただなんて)
そう思っているとある女の子が
女の子「トド松君って優しいんだね!
ねえねえ、良かったらLINE、交換しない?」
トド松「!!!良いの?」
女の子「うんっ!」
そう言われて嬉しかったけど前の出来事を思い出して、兄達に何されるかわかったもんじゃない、と思って一松兄さんと十四松兄さんの方を見た。すると二人はこっちを見て微笑んだ
一松.十四松「良かったね」
トド松はそれを見てすごく嬉しくなった。
トド松「そういってくれて嬉しいよ!
ありがとう!LINE交換しよう!」
嬉しい気分のまま家に帰るとそこには兄松がいた。(うわっ…どうしよう)
おそ松「トド松」
トド松「はいっ!」ゴクリ
兄松「「「ごめんなッ!!!」」」
トド松「えぇ!!!!」
カラ松「お前の自立を止めるようなことをしてしまって本当にすまない!!!」
チョロ松「やっぱり一人抜けると思うと寂しくてさ。本当にごめん!!!」
おそ松「お前は頑張っているのに!ごめんな!!!」
トド松「もっもういいよ!!!!」
兄松「ほんとかっ!!!!」
トド松「うんっ!」
兄松「ありがとう!!!!」
この時トド松は(あぁ、この人達はどこまでも兄なんだなぁー)と思った。



トド松「それにしても何でみんな急に謝る気になったの?」
おそ松「トド松が働いてもらった金を、半分以上生活費につぎこんでるって知ったら」
カラ松「急に罪悪感が襲ってきて」
チョロ松「ヨシッ!皆で謝ろう!ってことになって」
一松「さすがに皆で行くのはダメだから、皆の貯金一緒にして」
十四松「俺らで金をおとした!!!!」

トド松「ンンンッ!!!」
トド松「皆!許してあげるっ!」
兄達「ありがとう!トド松!!!」




それから数日後
一松「トド松、僕らはずっとお前の後ろにいるからね…いつでもこっちに戻ってきて良いんだよ。疲れない程度に頑張りなね…」
トド松「うんっ!ありがとう、一松兄さん!!!」



振り向けばそこに兄達がいる
僕は背中を任せて安心して前に進もう

トド松「期待してるよ。僕の兄さん達」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:安い神様 必須要素:しゃっくり 制限時間:2時間 読者:180 人 文字数:575字 お気に入り:0人
しゃっくりが止まらない。「100回したら死ぬんだよな」「一松にーさん、死んじゃうの!?」なんて言われながら、昼間からずっと、いろいろ試したけど、夜、銭湯から帰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:情熱的なユートピア 必須要素:TOEIC 制限時間:2時間 読者:245 人 文字数:4210字 お気に入り:0人
「俺と一緒にユートピアに行かない?」「……一瞬カラ松かと思った」「やめてよ。一緒にしないで」求人雑誌を閉じて視界に広がったのは、半開きの目だった。近すぎる弟の顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:平和と育毛 制限時間:2時間 読者:317 人 文字数:3099字 お気に入り:0人
若干の性的な表現あります***「最近、薄くなってきた気がする……」同じ顔が深刻な表情を浮かべ、兄弟であり恋人でもある俺に、チョロ松が相談してきたのはほんの十分程 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:漆黒の闇に包まれし小説トレーニング 制限時間:2時間 読者:328 人 文字数:754字 お気に入り:0人
「うーん……」この俺、松野カラ松は夜闇が深まる中頭を捻っていた。この頃新たなチャレンジを始めたのだ。「ガールの心情……ここはどっちなんだ…?」書いてみているもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:希望の味 必須要素:ドイツ 制限時間:2時間 読者:264 人 文字数:1196字 お気に入り:0人
「大変だ大変だ大変だーーーーーっ!!!!」ドドドドッと雪崩れ込むように走ってきた十四松。「ドゥーーーーーーンッ!!大変っすよ兄さん!!」「ぐぇっ!?ちょ、十四松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の草 必須要素:川端康成 制限時間:2時間 読者:279 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
「カラ松兄さん、今日は兄さんの日だからちゃんと片付けしておいてね!」朝からそんな書き置きが机におかれていた。字や言葉を見るからに書いたのはきっとトド松なんだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:苦い口 制限時間:2時間 読者:434 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
地雷の人とかいたらごめんなさいです。ーーーーー……僕、松野一松はちょっと悩んでいます。それは…… 恋 人 と の 相 性 ………うん。嫌、別に嫌いとかそんなんじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせのジョル仗ラーメン減量用しめじ大盛り ジャンル:おそ松さん お題:イタリア式のコウモリ 必須要素:足の小指 制限時間:2時間 読者:502 人 文字数:2363字 お気に入り:0人
職歴学歴セ○クス歴が真白でも、俺が俺という存在である限り女神は幸福を運んでくれるらしい。そういうことを本気で考えるくらい、松野カラ松はおめでたい人間だった。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときどき ジャンル:おそ松さん お題:白いお茶 制限時間:2時間 読者:541 人 文字数:3351字 お気に入り:0人
(静かだ……)パチン、パチンと剪定鋏の音だけが響く。馬鹿みたいに大きなお屋敷の、馬鹿みたいに広い庭。(早く帰ってこないかな)見上げた空はまだ青々としていて、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おのいなふは受験生につき ジャンル:おそ松さん お題:あきれた勇者 必須要素:手帳 制限時間:2時間 読者:257 人 文字数:1737字 お気に入り:0人
腐向け注意です。あの頃も、今も、僕達は間違いを犯しているの続きです。今更ですが、おそチョロです。チョロ松がチョロいです。甘々。あの時から、僕は、僕達の関係はおか 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉