ジャンル:メルクストーリア お題:帝王の夜 制限時間:1時間 読者:220 人 文字数:1039字 お気に入り:0人
[削除]

ラティーフとサミルスハ

 視察から戻った彼は、山のように積まれた書類に挑んでいた。その全てに目を通して、可否を判じる。今年はどうもモンスターによる被害が多いように思う。近く山間部の方へと出向いて様子を見に行かなくてはなるまい。民の苦しみを見過ごすことはできぬが、モンスターにもきっと何か理由があるはずなのだ。場合によっては王国へ癒術士の派遣を依頼しなくては。かつて共に過ごした癒術士の少年を思い出し、彼は健勝にしているだろうかと思いを馳せた。
 あの時得たもの達が、今の自分の血肉となり糧となっている。あの日刃を交えた女の、痛みを湛えた瞳とその決意。それを受けてなお、止まることはせずにここまで歩んできた。彼女の言う通り儘ならぬ道行きではあったが、それでもこの胸に燃える理想がある限り、何人たりとも自分を止めることなどできないのだ。瞼の裏に、いつでもその光景を描くことができる。あの日向けられた問いを思い出しては、自身の心を燃やす薪にするのだ。
 ここ最近とみに忙しくなり、寝所に入るのが遅くなっていたからか、どうにも疲れが溜まっているようだ。ゆっくりと頭を蝕み始めた眠気が煩わしい。この一角を片付けたら今日は早めに眠ることにしようと、再び書類に目を通し始めた彼の意識は薄闇の中へと溶けていった。



 ゆるやかに、頭を撫でる感触がする。母のような、恋人のような、姉のような、何ともつかぬ優しい手つき。この女を知っている。
 目を開けると、そこには見知った女の姿があった。
「……私は眠っていたのか」
 いつの間にか体は寝台に預けられている。どうやら彼女が移動させてくれたらしい。頭を撫でる手を止めずに、女ははいと頷いた。その手が心地良くて、目覚めた意識は再びゆっくりと眠りの淵へと沈んでいく。どこまでも深く、ともすれば吸い込まれてしまいそうな紫の瞳が、果てない慈愛を以てこちらを見ていた。
「我が君、無理はなさらず休んでください。代わりの王はいても、あなたの代わりはどこにもいないのですから」
「そうだな。私が眠るまでこうしていてくれ。お前の手は心地良い」
 瞼を下ろしながら告げると、くすりと笑う気配がした。はい、と再び返事が返されて、褐色の手が頭を撫でる。それに誘われるように夢路へと向かう最中、朧げな意識は女の声を微かに聞いていた。
「大きくなられましたね、我が君。昔はあんなにも軽かったのに」
 理想を抱き進み続けた王子を知る臣下の呟きは感慨と慈しみに満ちていた。王の夜は静かに更けていく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:古池 ジャンル:メルクストーリア お題:刹那の視力 制限時間:1時間 読者:366 人 文字数:2403字 お気に入り:1人
※バルトロメイ加入前の五番隊。ティレーズくん五番隊設定。 まるでスローモーションだ。 暴走したモンスターの爪に貫かれそうになるヴァレリーを見て、世界に罅の入る音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オルトス ※未完
作者:ななしの ジャンル:メルクストーリア お題:箱の中の海 制限時間:30分 読者:211 人 文字数:741字 お気に入り:0人
オルトスは思わず自分の手の中を見た。小さな白い、正方形の箱から水があふれている。紙でできているだろう箱には水がまったく染みていない。どこまでも白く、歪まず、ゆら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:古池 ジャンル:メルクストーリア お題:君の冬 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:638字 お気に入り:1人
※バルヴァレのようなヴァレバルのような。 だだっ広い雪原の上に広がる曇天で、パウダースノーがふうわりと舞っていた。吹雪くことも多い雪国では珍しい、優しい光景だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:古池 ジャンル:メルクストーリア お題:少女の微笑み 制限時間:15分 読者:323 人 文字数:668字 お気に入り:1人
※ジネフラです。お菓子の国の行事捏造。 チョコレート・ワールドを揺蕩う雲の切れ間にいくつもの星が見えた。快晴とはいかないが、闇に溶け込むには良い夜だ。「フラン、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きみの寝顔 ※未完
作者:クロイヌ@ナイトくん難民 ジャンル:メルクストーリア お題:失敗の絵描き 制限時間:30分 読者:603 人 文字数:900字 お気に入り:0人
暇だから、と駄々をこねて連れて来てもらったリフリスの部屋は、殺風景で必要な物しか置いていないという印象を受けた。ベッド、テーブル、椅子……。後は、トレーニング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:棒々鶏春谷 ジャンル:メルクストーリア お題:めっちゃ馬鹿 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:1時間 読者:464 人 文字数:2955字 お気に入り:0人
ミルクが先か、紅茶が先か。この問題はティータイムを楽しむために避けられない論争である。先にミルクを入れればちょうどいい量を見誤ってしまうし、後から入れると温度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:棒々鶏春谷 ジャンル:メルクストーリア お題:不屈の死刑囚 必須要素:右の上履き 制限時間:1時間 読者:497 人 文字数:3023字 お気に入り:0人
石造りの螺旋階段を何段超えたか記憶も薄れ、これは永久に続くのではないか、自分などにはまだ知り得もしない壮大な魔法がかけられているのではないか、と半ば本気で涙を 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉