ジャンル:カルジュナ お題:男のわずらい 必須要素: 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:1496字 お気に入り:0人

【カルジュナ】洋裁専攻学科xモデル志望9

講師室の仲は雑然としていた。スチールパイプの椅子がそこかしこに置かれているのにも関わらず、人の気配は少ない。アルジュナは自分のゼミ教授から言われていた、こちらの担当講師を探す。曰く「すぐに分かる」とのことであったが、正しくアルジュナはその人物を発見する。

「やぁアルジュナ、待っていたよ」
「レオナルド――先生」

ダ・ヴィンチという名前を伏せたのは意図的なものではなかった。ファーストネームで呼ぶことに些かの抵抗が無かったかといえば嘘になるが、アルジュナの判断は正しかったらしい。レオナルドは、に、と口元を片方だけ上げて魅惑的な笑みを作った。
手招きをされ、アルジュナはレオナルドに近付く。一歩、二歩。とうとう、チェアに座るレオナルドの前までたどり着く。ぴんと伸びた背筋のままにレオナルドの言葉を待つと、その形の良い唇が動いた。

「久しぶりだね、アルジュナ」
「――」

今のレオナルドの言葉で確信した。アルジュナは、「この人生」でレオナルドに会うのは初めてだ。だが、レオナルドは確かに久しぶりだと言った。つまり、

「記憶が、あるのですか」

ひっそりとしたアルジュナの問いに、レオナルドはやはり笑みで返答した。
レオナルドがくるりと人差し指を宙でかき回すと、ぱちん! という音と共に講師室の中の照明が全て落ちる。アルジュナが唾をのむ前に、ひやりとした空気が室内を満たした。

「悪いね、少し私の陣地に入り込んでもらったよ。一般人が居ると厄介だからね」

見れば、室内にまばらに居た教員たちの姿が見えなくなっている。彼らの世界をずらしたのではなく、レオナルドとアルジュナの存在を一枚のヴェールでずらしたのだろう。アルジュナは背に落ちる氷のような汗を無視しながらレオナルドに問う。

「ダ・ヴィンチ女史、貴女は、」
「うんうん。分かっているよ。君の疑問に答える前に、ある程度の説明をしておこう」

レオナルドは足を組み、膝の上に肘を置いて、うっとりするようなポーズを取った。上目遣いで心を動かされるアルジュナではないが、居心地の悪さは未だ消えない。しかし、何故だろうか。例えばアルジュナの記憶にあるレオナルドであって、ここが特異点であれば、その修正のための助力は惜しまないだろうし、アルジュナのみを自分の陣地に引き込むような真似はしない。そう、今この瞬間、講師室外に居るマリーもナイチンゲールもロビンも、レオナルドにとっては部外者になり得ている。おかしい、とアルジュナは思う。しかし、そのおかしさを補う「何か」が今から語られるのかと思うと、知らず握った拳に力がこもった。

「ここは、特異点にもならない何か。時間の狭間なのかはたまた世界の気まぐれか。何にせよ、ここは閉じられた『箱庭』だ」

レオナルドの言葉は、ある意味でアルジュナの予想と違えるものではなかった。しかし、続く言葉たちに、アルジュナの喉がひりつくことになる。

「アルジュナ、私が君だけをここに呼んだのには意味がある。君のゼミ教授である、諸葛孔明が君たちをここに送り込んできたように。アルジュナ、いいかい、私の一万飛んで三十五日のループの結果、君がこの特異点の鍵である可能性にたどり着いた」
「私が……です、か?」

舌の根が乾き、目が見開かれる。
アルジュナに、その自覚は全くなかった。

「私がこの歪みを作ってしまった原因……なのですか……?」

声が震えないようにするのが精いっぱいになりながら、アルジュナは問う。
レオナルドの唇は、残酷でありながらも現実的な、リアリズムの体現者に相応しい薔薇色をしていた。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉