ジャンル:カルジュナ お題:男のわずらい 必須要素: 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1496字 お気に入り:0人

【カルジュナ】洋裁専攻学科xモデル志望9

講師室の仲は雑然としていた。スチールパイプの椅子がそこかしこに置かれているのにも関わらず、人の気配は少ない。アルジュナは自分のゼミ教授から言われていた、こちらの担当講師を探す。曰く「すぐに分かる」とのことであったが、正しくアルジュナはその人物を発見する。

「やぁアルジュナ、待っていたよ」
「レオナルド――先生」

ダ・ヴィンチという名前を伏せたのは意図的なものではなかった。ファーストネームで呼ぶことに些かの抵抗が無かったかといえば嘘になるが、アルジュナの判断は正しかったらしい。レオナルドは、に、と口元を片方だけ上げて魅惑的な笑みを作った。
手招きをされ、アルジュナはレオナルドに近付く。一歩、二歩。とうとう、チェアに座るレオナルドの前までたどり着く。ぴんと伸びた背筋のままにレオナルドの言葉を待つと、その形の良い唇が動いた。

「久しぶりだね、アルジュナ」
「――」

今のレオナルドの言葉で確信した。アルジュナは、「この人生」でレオナルドに会うのは初めてだ。だが、レオナルドは確かに久しぶりだと言った。つまり、

「記憶が、あるのですか」

ひっそりとしたアルジュナの問いに、レオナルドはやはり笑みで返答した。
レオナルドがくるりと人差し指を宙でかき回すと、ぱちん! という音と共に講師室の中の照明が全て落ちる。アルジュナが唾をのむ前に、ひやりとした空気が室内を満たした。

「悪いね、少し私の陣地に入り込んでもらったよ。一般人が居ると厄介だからね」

見れば、室内にまばらに居た教員たちの姿が見えなくなっている。彼らの世界をずらしたのではなく、レオナルドとアルジュナの存在を一枚のヴェールでずらしたのだろう。アルジュナは背に落ちる氷のような汗を無視しながらレオナルドに問う。

「ダ・ヴィンチ女史、貴女は、」
「うんうん。分かっているよ。君の疑問に答える前に、ある程度の説明をしておこう」

レオナルドは足を組み、膝の上に肘を置いて、うっとりするようなポーズを取った。上目遣いで心を動かされるアルジュナではないが、居心地の悪さは未だ消えない。しかし、何故だろうか。例えばアルジュナの記憶にあるレオナルドであって、ここが特異点であれば、その修正のための助力は惜しまないだろうし、アルジュナのみを自分の陣地に引き込むような真似はしない。そう、今この瞬間、講師室外に居るマリーもナイチンゲールもロビンも、レオナルドにとっては部外者になり得ている。おかしい、とアルジュナは思う。しかし、そのおかしさを補う「何か」が今から語られるのかと思うと、知らず握った拳に力がこもった。

「ここは、特異点にもならない何か。時間の狭間なのかはたまた世界の気まぐれか。何にせよ、ここは閉じられた『箱庭』だ」

レオナルドの言葉は、ある意味でアルジュナの予想と違えるものではなかった。しかし、続く言葉たちに、アルジュナの喉がひりつくことになる。

「アルジュナ、私が君だけをここに呼んだのには意味がある。君のゼミ教授である、諸葛孔明が君たちをここに送り込んできたように。アルジュナ、いいかい、私の一万飛んで三十五日のループの結果、君がこの特異点の鍵である可能性にたどり着いた」
「私が……です、か?」

舌の根が乾き、目が見開かれる。
アルジュナに、その自覚は全くなかった。

「私がこの歪みを作ってしまった原因……なのですか……?」

声が震えないようにするのが精いっぱいになりながら、アルジュナは問う。
レオナルドの唇は、残酷でありながらも現実的な、リアリズムの体現者に相応しい薔薇色をしていた。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司*11428の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1364字 お気に入り:0人
「カルナよ、この者は何だ」「パーティの同伴者だ」「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」「あぁ」「……………こ奴がか?」いつもの高笑いと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:モージュナ お題:鈍い外資系企業 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
その日、アルジュナの機嫌は悪かった。ドレスの修正のために試着をして欲しい、という旨は前々から聞いていたし、試着自体は早々と終わった。あとは縫製の修正待ちのみとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:男のわずらい 必須要素: 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
講師室の仲は雑然としていた。スチールパイプの椅子がそこかしこに置かれているのにも関わらず、人の気配は少ない。アルジュナは自分のゼミ教授から言われていた、こちらの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:混沌のプロポーズ 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
いつもより、少しだけ特別な日だった。町中がクリスマスというイベントに湧き上がる中であてられていたのかもしれない。ロビンが「出かけましょうか」と言ってきた日はちょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:私と狼 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
最初は、かわいそうな人だなって思ったんですよ。はは、あー、それそれ。そういう表情すると思ってました。オレが最初にアイツに会ったのは、カルナに忘れられて凹んでた直 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:苦し紛れの男 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
「あみだくじで恋人を決めたんです」へぇ、と笑ってやれる時間はあっちこっちに飛び去って、目の前で笑う宇宙人はやっぱり極上の笑みを浮かべていた。ふわりと揺れるあみだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい冬 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1430字 お気に入り:0人
「アルジュナ」寒波を耐える、水仙のような凛々しさを持つ声。その声の主をアルジュナは知っている。「はい、どうされましたか」アルジュナが振り向いた先に居た、菫色の髪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:今年のあの人 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
長い階段を上った先。そこにあったのは、ただ皆が一方を熱心に見つめる姿だった。フランスのパリは郊外。モンマルトルーー殉教の丘――と呼ばれる、小高い山の上に二人は居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:1551字 お気に入り:0人
その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好き 〈続きを読む〉