ジャンル:鋼の錬金術師 お題:苦しみの秘部 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:401字 お気に入り:0人
[削除]

あの瞬間からの登場とかカッコ良くない!?


百獣の王を内に宿す男に噛みつかれ、喉からは空気が出入りする音しか出ない。

大きな深い傲慢に飲み込まれ、そこで結末を見届けることにした。

吹き荒れる子守唄の中でその傲慢と錬金術師が戦っているのを見ていた。

傲慢の入れものは扉を開けたために崩れかけていた。

だから、傲慢は錬金術師を新たな入れものにしようとた。

自らの灯火が危うくなると、あろうことか、下等生物と罵っていた人間を頼りにするそれに私は意見した。

傲慢は驚愕し戦いた。

殺される、と。

私は嘲った。

「殺す?あなたはエドワード・エルリックをわかっていない!」

そう。錬金術師は確かに言った。

殺す覚悟ではなく、殺さない覚悟をもってきた、と。

これもまた、貫けば真理。


傲慢は悲鳴を上げると錬金術師によりセリムへと返り、私は子守唄の渦巻く中へと進み、別れを告げた。



怨嗟の声など私にとっては子守唄に等しい!!!

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:如月たまこ ジャンル:鋼の錬金術師 お題:ねじれた春 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:447字 お気に入り:0人
記憶の中の父はどこか怖かった。弟をトイレに連れて行こうとしたら、母の声が聞こえた。覚醒しない頭で呼びかけると少し上擦った声で俺の名前を呼んで頭をなでてくれた。目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美琉 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:不本意な何か 制限時間:30分 読者:597 人 文字数:1172字 お気に入り:0人
「やあエリザベス。元気かい。僕の顔が見れなくて寂しがってたんじゃないかい。」空を見つめる。快晴だ。太陽の日差しも、少々痛い。無意識なのか、手駒として愛でてきた彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美琉 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:わたしの好きな絶望 制限時間:30分 読者:615 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
そんなにやさしく、しないでください。あいしていると、言わないでください。深夜、珍しく深酒した大佐を送り届けるためにアパートの鍵を開ける。ソファじゃ肌寒いだろうと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美琉 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:せつない凶器 制限時間:30分 読者:553 人 文字数:698字 お気に入り:0人
女性の手にはひどく似合わない、重くて硬いそれ。彼女はそれで私の背中を護っているとともに、彼女は私の背中をまた、狙ってもいる。―――道を踏み外したら、その手で打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美琉 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:許せない逃亡犯 制限時間:30分 読者:554 人 文字数:640字 お気に入り:0人
まだ私が軍に所属したばかりの頃、嫌というほど叩き込まれたことがある。どんな状況下でも、冷静さを欠かないように。それがたとえ、敵に遭遇したときであろうと、味方の負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エレン♡苑城佑紀 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:トカゲの冬休み 制限時間:30分 読者:515 人 文字数:751字 お気に入り:0人
…そんな突然のワケわからないお題で私は悩む。初めて放棄しようかとも思ったが……そうもいかない。電話の向こうで、ヒューズがニヤリ声で話す。『簡単だろ』「何かの謎解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜葉(再臨) ☆7MAX ジャンル:鋼の錬金術師 お題:10の宇宙 制限時間:30分 読者:544 人 文字数:757字 お気に入り:0人
アメストリスは、広大な領土を持つ国家であり、北は豪雪地帯、南には砂漠を抱え、大きな湖も山岳地帯もある。平野部の草原は酪農にも農耕にも適しており、豊かといって差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エレン♡苑城佑紀 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:ちっちゃな人間 制限時間:30分 読者:702 人 文字数:528字 お気に入り:0人
ちっちゃな人間……時に呟き吹き出す、アイツ。そう、ハボック。そんなに私はちっちゃな人間か!?そうでは無いと思うぞ。将来、大総統になったら女性全員の軍服はミニスカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エレン♡苑城佑紀 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:無意識の船 制限時間:30分 読者:813 人 文字数:631字 お気に入り:0人
End.4TH船に乗るには列車に乗り沿岸に向かう。別にどうって事はないが。その船に乗って海外にでも行けたら。見た事もない、世界に。が…そんな夢みたいな事を呟いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エレン♡苑城佑紀 ジャンル:鋼の錬金術師 お題:暑い王子 制限時間:30分 読者:870 人 文字数:666字 お気に入り:0人
気象か今日の気温は断然に上がってる。東方司令部の窓も全開。なのに暑さは和らげない。すでに、ハボックを始めブレダは全身溶けてるようにだらけてる。さすがホークアイ中 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉