ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:786字 お気に入り:0人

―――― ※未完




 オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと時のパスで、オレの青春は終わったと思った。全ての想いを込めたパスが、日向へ通った瞬間に、そのパスを受けた日向の表情を見た瞬間に、全てが救われたと思った。それで、全てが終わったのだと、区切りがついたのだと。
 でも現実はそんなこともなく。残りの1年もバスケをして過ごした。当たり前だ。バスケは好きだし、一度手に入れた高校バスケの頂点を、そう易々と手放したくなんて無い。それでもなんだか、普段の生活の全てに満足してしまって、今はただのおまけのような気がしていた。だからホームルームで進路の話が出たとき、呆然としたのだ。――自分はこれから、何がしたいのだろうか、と。
 バスケが大好きだった。全力でバスケをしたくて、中学ではバスケ部に入った。でもそこはオレの望んだバスケなんて出来なくて、日向という実力のある部員がいながら、ただ遊びのような、自分達の傷をなめ合うためのバスケしかしていなかった。絶望した。絶望して、高校では日向とバスケをしようと思った。高校に入学して、バスケ部を作って、日向もバスケ部に入ってくれて。部員が増えて、勝って、負けて。2年目で手に入れたらウインターカップ優勝。なんだかんだと、ここに来て夢が叶ってしまったのだ。あれほど焦がれていた夢がようやく。その先も人生があるだなんて、意識すらしていなかった。
「伊月、お前進路どうすんの?」
 ひらひらと進路希望の用紙を振られながらの問いに、オレは曖昧な笑みを浮かべるしかなかった。
「考え中。日向は?」
「んーオレも。まだ実感無いんだよな、進路なんて。」
「だよなー。」
 全ての願いが叶ってしまったの今のオレは、これから何を願えばあのだろう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:彼女とわずらい 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:741字 お気に入り:0人
ためらわなかった。苦しんだのはこちら、鋭く長い針で心の臓まで突き刺されたような痛み、しかも一瞬のことだった。気配を感じ、そちらを振り返った、息のつく間もなく敵軍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

そりーるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ーーーー ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:684字 お気に入り:0人
オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。「おーい2号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
―――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:786字 お気に入り:0人
オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:きちんとした、と彼は言った 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:827字 お気に入り:0人
きちんとしたバスケがしたい、と彼は言った。聞いたときは、きちんとした、とはどんなバスケなのだろうと思った。真面目な、でも、勝てる、でも、チームプレーの強い、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:地獄の彼方 制限時間:15分 読者:747 人 文字数:706字 お気に入り:0人
たくさんの教室。たくさんの窓。たくさんの机。ずっと遠くまで続く廊下。暗い、暗い、窓の外。そこは確かに学校だった。自分たちが通いなれた、一日の大半を過ごす場所だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:可愛い警察官 制限時間:15分 読者:658 人 文字数:773字 お気に入り:0人
オレが生きている世界はほかのみんなに比べればとても小さくて狭くて少なくて。もっと広々とした世界を自由に過ごしている姿を見ると、あぁ楽しそうだなって思う。でもま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:同性愛の伝説 制限時間:15分 読者:598 人 文字数:767字 お気に入り:0人
ザワザワと騒がしい校内。掛け声が響くグラウンド。熱気が満ちる体育館。どこにでもある学校の風景。本当にありふれた、誰もが見過ごしてしまいそうな、学校。でもそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:名前も知らない馬鹿 制限時間:15分 読者:764 人 文字数:918字 お気に入り:0人
ずっと、ずーっと、昔の話。 その日、黒子は暇だった。両親に連れられて母方の親戚の家に来たはいいが、そこに集まっていたのは大人ばかり。まだ小学校低学年の黒子と一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:白いパラダイス 制限時間:15分 読者:640 人 文字数:899字 お気に入り:0人
僕は思うんです。この世界には、たくさんたくさん辛いことがあって、たくさんたくさん悲しんで、たくさんたくさんもがいて、たくさんたくさん苦しんで。それでも、どうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な男の子 制限時間:15分 読者:778 人 文字数:912字 お気に入り:0人
自分が必要ないかもしれない、なんて、ずっと前から気付いてた。オレは才能には恵まれてなかったし、不器用で、人の何倍も努力してようやく追いつけるようなヤツやつだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:夜の流刑地 制限時間:15分 読者:644 人 文字数:717字 お気に入り:0人
ここ最近バスケが楽しくない。いや、バスケは楽しい。ただ帝光中学のバスケが楽しくないというか、彼らとするバスケが楽しくないというか。青峰を筆頭に次々とバスケの才 〈続きを読む〉