ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:786字 お気に入り:0人

―――― ※未完




 オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと時のパスで、オレの青春は終わったと思った。全ての想いを込めたパスが、日向へ通った瞬間に、そのパスを受けた日向の表情を見た瞬間に、全てが救われたと思った。それで、全てが終わったのだと、区切りがついたのだと。
 でも現実はそんなこともなく。残りの1年もバスケをして過ごした。当たり前だ。バスケは好きだし、一度手に入れた高校バスケの頂点を、そう易々と手放したくなんて無い。それでもなんだか、普段の生活の全てに満足してしまって、今はただのおまけのような気がしていた。だからホームルームで進路の話が出たとき、呆然としたのだ。――自分はこれから、何がしたいのだろうか、と。
 バスケが大好きだった。全力でバスケをしたくて、中学ではバスケ部に入った。でもそこはオレの望んだバスケなんて出来なくて、日向という実力のある部員がいながら、ただ遊びのような、自分達の傷をなめ合うためのバスケしかしていなかった。絶望した。絶望して、高校では日向とバスケをしようと思った。高校に入学して、バスケ部を作って、日向もバスケ部に入ってくれて。部員が増えて、勝って、負けて。2年目で手に入れたらウインターカップ優勝。なんだかんだと、ここに来て夢が叶ってしまったのだ。あれほど焦がれていた夢がようやく。その先も人生があるだなんて、意識すらしていなかった。
「伊月、お前進路どうすんの?」
 ひらひらと進路希望の用紙を振られながらの問いに、オレは曖昧な笑みを浮かべるしかなかった。
「考え中。日向は?」
「んーオレも。まだ実感無いんだよな、進路なんて。」
「だよなー。」
 全ての願いが叶ってしまったの今のオレは、これから何を願えばあのだろう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
masqu ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:ナウい模倣犯 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:941字 お気に入り:0人
それは洋服というよりもっとぴったりと寄り添う小物のような。帽子であったり、ポシェットであったり、そういうものだと思う。ただ、彼にはそんなものに例える必要もなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いき ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:誰かは踊り 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:725字 お気に入り:0人
この国の音曲は故郷とは調子が違う。薩摩で感じた違和は長崎で過ごして慣らされた。言葉も違う場所であれば、音曲も変わる。丸山の女たちはサンシンではなくシャミセンを弾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
シミリ ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:愛、それは列車 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:888字 お気に入り:0人
その嗅覚に感心してしまうのはいつものことで、大ちゃんは、違った、青峰君は辺りを憚らず言った。彼らが集まると、周囲の視線は集中する。もっとも、それはきーちゃんの影 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湊 未来 ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
布告 ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:絵描きの秘部 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:610字 お気に入り:0人
付き合い長いから、と今吉は言った。(そう、なのか?)そういえば、花宮と今吉が会話をしている姿を見たことがあった。選抜の会場だった。選抜とそれ以外のチームで戦うト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
趣味の一致 ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:白い踊り 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:556字 お気に入り:0人
こちらに来た時には寄らせてもらっています義父は言った。妻の墓の前には彼の手によってつけられたであろう、線香が煙をあげていた。新しい白菊も添えられていた。構いませ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君観光 ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:僕とふわふわ 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:839字 お気に入り:0人
そうか僕はいつもと違うマットレスの柔らかさ。ここは青峰の家だ。空気も、音も、天井までの高さも違う。青峰が暮らす家。おそらく一人で。週末は誰か来ることもある、と言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
間違った誤解 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:間違った誤解 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:146字 お気に入り:0人
『間違った誤解』出会ったときからなんとなく「バスケが好き!」というイメージを持てずにいたので、なんとなく惰性でバスケに向いているからバスケをやっているのだと、青 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:官能的な悲劇 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:553字 お気に入り:0人
頼られることに自信を得て、生まれ持った大きな体をもって仲間を助けていく。適材適所で自己を獲得していく感動的な成功譚だ。途中で折れなければだけど。明らかにチームの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:俺と暗殺者 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:926字 お気に入り:0人
後ろから気配を感じて、振り返って、そこには何もなくて、何もないならそれで良いと素直に思えないのは、厄介なチームメイトたちがいるからに、きっと相違ないのだろう。 〈続きを読む〉

そりーるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ーーーー ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:684字 お気に入り:0人
オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。「おーい2号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
―――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:786字 お気に入り:0人
オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:きちんとした、と彼は言った 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:827字 お気に入り:0人
きちんとしたバスケがしたい、と彼は言った。聞いたときは、きちんとした、とはどんなバスケなのだろうと思った。真面目な、でも、勝てる、でも、チームプレーの強い、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:地獄の彼方 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:706字 お気に入り:0人
たくさんの教室。たくさんの窓。たくさんの机。ずっと遠くまで続く廊下。暗い、暗い、窓の外。そこは確かに学校だった。自分たちが通いなれた、一日の大半を過ごす場所だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:可愛い警察官 制限時間:15分 読者:593 人 文字数:773字 お気に入り:0人
オレが生きている世界はほかのみんなに比べればとても小さくて狭くて少なくて。もっと広々とした世界を自由に過ごしている姿を見ると、あぁ楽しそうだなって思う。でもま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:同性愛の伝説 制限時間:15分 読者:555 人 文字数:767字 お気に入り:0人
ザワザワと騒がしい校内。掛け声が響くグラウンド。熱気が満ちる体育館。どこにでもある学校の風景。本当にありふれた、誰もが見過ごしてしまいそうな、学校。でもそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:名前も知らない馬鹿 制限時間:15分 読者:708 人 文字数:918字 お気に入り:0人
ずっと、ずーっと、昔の話。 その日、黒子は暇だった。両親に連れられて母方の親戚の家に来たはいいが、そこに集まっていたのは大人ばかり。まだ小学校低学年の黒子と一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:白いパラダイス 制限時間:15分 読者:570 人 文字数:899字 お気に入り:0人
僕は思うんです。この世界には、たくさんたくさん辛いことがあって、たくさんたくさん悲しんで、たくさんたくさんもがいて、たくさんたくさん苦しんで。それでも、どうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な男の子 制限時間:15分 読者:712 人 文字数:912字 お気に入り:0人
自分が必要ないかもしれない、なんて、ずっと前から気付いてた。オレは才能には恵まれてなかったし、不器用で、人の何倍も努力してようやく追いつけるようなヤツやつだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:夜の流刑地 制限時間:15分 読者:565 人 文字数:717字 お気に入り:0人
ここ最近バスケが楽しくない。いや、バスケは楽しい。ただ帝光中学のバスケが楽しくないというか、彼らとするバスケが楽しくないというか。青峰を筆頭に次々とバスケの才 〈続きを読む〉