ジャンル:トランスフォーマー お題:僕の交わり 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:255字 お気に入り:0人
[削除]

過去に手を振る ※未完

 俺という存在を肯定してもらいたかった。ただそれだけだったのかもしれない。大きな手違いもあったが、ようやくここまで来ることができた。俺——サイクロナスは、認めてもらいたかった相手の背後を見つめながら安堵の笑みを浮かべた。

 「サイクロナス殿、なにか良いことでもありました?」

アンタが笑うなんて余程のことなのでしょうね——と、俺の真横に立っていたスカージは不気味に笑った。

「少し、懐かしい感覚がした」
「サイクロナス殿もソレをご存知で?」
「お前も感じるのか?」
「正体は皆目掴めないのですが、時々ね」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:スポーツの祖母 制限時間:15分 読者:499 人 文字数:777字 お気に入り:0人
「第3地区ちく駆逐完了かんりょうかんりょう! 駆逐状況はちくちく逐一報告報告ほうk」ブラーはよく噛まないよな……と思いつつもうっとおしいので回線は切った。スクラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:とてつもない罰 制限時間:15分 読者:463 人 文字数:611字 お気に入り:0人
「ホイスト! 次は彼を頼む!」ラチェット軍医長の声に返事はしない。その時間さえ今は惜しむべきだと、医療キャンプに張り詰めた空気が俺を責め立てる。エネルゴン、予備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:気持ちいい衝撃 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:668字 お気に入り:0人
僅かな時間ではあったが、異次元の自分との邂逅は多くの恵みをもたらした。ショックウェーブが設えた新たな自身のボディは戦闘ヘリのオルタネイトモードを持つ。スタースク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
猫と巨人 ※未完
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:早い王子 制限時間:15分 読者:395 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今日1日の苦労が、水の泡になった瞬間だった。人だかりの向こう。路肩に停まっていたクロスカットが「立ち上がって」街路樹の茂みに手を突っ込んでいる。「何してるの!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:あきれたドア 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:513字 お気に入り:0人
「地球のドアってのは呆れたもんだな。ちょっとノックした位でこのざまかよ」薄いモルタルと分厚い鉄筋コンクリートが、仲良く粉々になって爆炎の中を漂う。朦朧とした意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:明日のパラダイス 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:373字 お気に入り:0人
「覚えてろよコンボイ! デストロン軍団、退却だーっ!!」何万回繰り返したのかわからない捨て台詞を残し、スタースクリームが仲間を連れて鉛色の空へ飛び去る。その背中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:トランスフォーマー お題:苦い人体 制限時間:15分 読者:441 人 文字数:1007字 お気に入り:1人
こんなことになるとは――サウンドウェーブは陰鬱な気分で己の手の平を見た。そこには見慣れた群青色の鋼鉄の指ではなく、薄肌色のいかにも柔らかそうな指があった。いつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
メメントモリ ※未完
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:ワイルドな喜び 制限時間:30分 読者:420 人 文字数:956字 お気に入り:0人
肝心なのは地面の隆起に逆らわない事だ。 アイアコーンの環状道路とは違う、風雨という気まぐれな芸術家が作り出した歪み、ひび割れ、そして地面からせり出した岩肌。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エリ ジャンル:トランスフォーマー お題:彼の汁 制限時間:1時間 読者:459 人 文字数:3397字 お気に入り:0人
【IDWスプラングとプロール】「刺激と、それに対する反応だけで相手の心が読めると思っているのか?」「だとしたらそれは大変な思い違いだ」「同じ刺激に対して、相手が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:女の帝王 制限時間:30分 読者:525 人 文字数:597字 お気に入り:1人
「キャハハハーッ! ベイビーッ!! アタシのベイビーッ!!!」炎。軋み。そして嬌声。護送ポッドの落下地点を割り出すまでも無く、ドリフトは脱走犯罪者の姿を夜の街に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉