ジャンル:トランスフォーマー お題:僕の交わり 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:255字 お気に入り:0人
[削除]

過去に手を振る ※未完

 俺という存在を肯定してもらいたかった。ただそれだけだったのかもしれない。大きな手違いもあったが、ようやくここまで来ることができた。俺——サイクロナスは、認めてもらいたかった相手の背後を見つめながら安堵の笑みを浮かべた。

 「サイクロナス殿、なにか良いことでもありました?」

アンタが笑うなんて余程のことなのでしょうね——と、俺の真横に立っていたスカージは不気味に笑った。

「少し、懐かしい感覚がした」
「サイクロナス殿もソレをご存知で?」
「お前も感じるのか?」
「正体は皆目掴めないのですが、時々ね」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:スポーツの祖母 制限時間:15分 読者:549 人 文字数:777字 お気に入り:0人
「第3地区ちく駆逐完了かんりょうかんりょう! 駆逐状況はちくちく逐一報告報告ほうk」ブラーはよく噛まないよな……と思いつつもうっとおしいので回線は切った。スクラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:とてつもない罰 制限時間:15分 読者:501 人 文字数:611字 お気に入り:0人
「ホイスト! 次は彼を頼む!」ラチェット軍医長の声に返事はしない。その時間さえ今は惜しむべきだと、医療キャンプに張り詰めた空気が俺を責め立てる。エネルゴン、予備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:気持ちいい衝撃 制限時間:15分 読者:431 人 文字数:668字 お気に入り:0人
僅かな時間ではあったが、異次元の自分との邂逅は多くの恵みをもたらした。ショックウェーブが設えた新たな自身のボディは戦闘ヘリのオルタネイトモードを持つ。スタースク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
猫と巨人 ※未完
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:早い王子 制限時間:15分 読者:419 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今日1日の苦労が、水の泡になった瞬間だった。人だかりの向こう。路肩に停まっていたクロスカットが「立ち上がって」街路樹の茂みに手を突っ込んでいる。「何してるの!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:あきれたドア 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:513字 お気に入り:0人
「地球のドアってのは呆れたもんだな。ちょっとノックした位でこのざまかよ」薄いモルタルと分厚い鉄筋コンクリートが、仲良く粉々になって爆炎の中を漂う。朦朧とした意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:明日のパラダイス 制限時間:15分 読者:411 人 文字数:373字 お気に入り:0人
「覚えてろよコンボイ! デストロン軍団、退却だーっ!!」何万回繰り返したのかわからない捨て台詞を残し、スタースクリームが仲間を連れて鉛色の空へ飛び去る。その背中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:トランスフォーマー お題:苦い人体 制限時間:15分 読者:486 人 文字数:1007字 お気に入り:1人
こんなことになるとは――サウンドウェーブは陰鬱な気分で己の手の平を見た。そこには見慣れた群青色の鋼鉄の指ではなく、薄肌色のいかにも柔らかそうな指があった。いつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
メメントモリ ※未完
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:ワイルドな喜び 制限時間:30分 読者:465 人 文字数:956字 お気に入り:0人
肝心なのは地面の隆起に逆らわない事だ。 アイアコーンの環状道路とは違う、風雨という気まぐれな芸術家が作り出した歪み、ひび割れ、そして地面からせり出した岩肌。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エリ ジャンル:トランスフォーマー お題:彼の汁 制限時間:1時間 読者:503 人 文字数:3397字 お気に入り:0人
【IDWスプラングとプロール】「刺激と、それに対する反応だけで相手の心が読めると思っているのか?」「だとしたらそれは大変な思い違いだ」「同じ刺激に対して、相手が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もささケダマノフ ジャンル:トランスフォーマー お題:女の帝王 制限時間:30分 読者:573 人 文字数:597字 お気に入り:1人
「キャハハハーッ! ベイビーッ!! アタシのベイビーッ!!!」炎。軋み。そして嬌声。護送ポッドの落下地点を割り出すまでも無く、ドリフトは脱走犯罪者の姿を夜の街に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉