ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:684字 お気に入り:0人

ーーーー ※未完




 オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。
「おーい2号。餌の時間だ、ぞ……。」
 餌の入った皿を持っている伊月の声が、変に途切れた。
「どうした、伊月。」
「……ねえ、日向。」
「ん?」
「2号が彼女連れてきた。」
「は?彼女?何言って……はあ!?!?」
 トコトコと茂みの中から歩いてくる2号の後ろには、もこもことした白い犬が、赤いリボンを震わせながら付いてくる。
「……いやいや、いやいやいやいや。」
「ちょっと野良とは思えない犬なんだけど。」
「おい2号、お前どっからその犬連れてきた!?」
 何時もなら元気に返事をする2号は、まるでしらばっくれるかのように首をかしげる。そのとなりにおとなしくお座りをする2号の彼女(仮)。試しに近づいてみたが逃げようともしない。明らかに人に慣れている様子に、日向と伊月は頭を抱えた。
「迷子の犬か?」
「それならいいけど、ほんとに2号が連れてきた可能性もあるかも。」
「でも首輪ついてるし、そう簡単に逃げれるか?」
「いや、ただのリボンだよこれ。飾り。たぶん室内犬じゃないかな。小型だし。」
 そうっと手を伸ばすと、2号の彼女(仮)はおとなしく頭を撫でられる。ふるふると尻尾を振り、心なしか嬉しそうだ。
「……どうする?」
「……どうするもなにも、飼い主探すしかないだろ。」
「だよな。」
 親の心子知らず、もとい飼い主の心犬知らず。座っているのに飽きたであろう2匹は、キャンキャンと鳴きながら楽しそうにはしりた

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
う-い ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:悔しい接吻 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:570字 お気に入り:0人
切り替えがさ……、周りに人がいると、うまくいかねぇタイガが言った。ちょっと恥ずかしいっつーか、落ち着かねーっつーか、だって反応とか、わかってるし……あんまり気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜戦 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:許されざる私 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:596字 お気に入り:0人
裏切られたと感じた時、自分が考えている以上に、自分が彼のことを信じていたことを知った。得意の『女の勘』で気づかなかったのは、それが自分事だったからだろう。占い師 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くきぱん ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:843字 お気に入り:0人
日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イズミ ジャンル:黒子のバスケ お題:日本式の結婚 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:2204字 お気に入り:1人
だらん、と首を反らして出窓を見ている。逆さまになった視界、見えるのは黒々しい夜の色だけだ。なにやってんだよ、と風呂上がりの火照った体をベッドに寄せれば、黒子はぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
masqu ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:ナウい模倣犯 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:941字 お気に入り:0人
それは洋服というよりもっとぴったりと寄り添う小物のような。帽子であったり、ポシェットであったり、そういうものだと思う。ただ、彼にはそんなものに例える必要もなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いき ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:誰かは踊り 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:725字 お気に入り:0人
この国の音曲は故郷とは調子が違う。薩摩で感じた違和は長崎で過ごして慣らされた。言葉も違う場所であれば、音曲も変わる。丸山の女たちはサンシンではなくシャミセンを弾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
シミリ ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:愛、それは列車 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:888字 お気に入り:0人
その嗅覚に感心してしまうのはいつものことで、大ちゃんは、違った、青峰君は辺りを憚らず言った。彼らが集まると、周囲の視線は集中する。もっとも、それはきーちゃんの影 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湊 未来 ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
布告 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:絵描きの秘部 制限時間:15分 読者:155 人 文字数:610字 お気に入り:0人
付き合い長いから、と今吉は言った。(そう、なのか?)そういえば、花宮と今吉が会話をしている姿を見たことがあった。選抜の会場だった。選抜とそれ以外のチームで戦うト 〈続きを読む〉

そりーるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ーーーー ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:684字 お気に入り:0人
オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。「おーい2号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
―――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:786字 お気に入り:0人
オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:きちんとした、と彼は言った 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:827字 お気に入り:0人
きちんとしたバスケがしたい、と彼は言った。聞いたときは、きちんとした、とはどんなバスケなのだろうと思った。真面目な、でも、勝てる、でも、チームプレーの強い、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:地獄の彼方 制限時間:15分 読者:695 人 文字数:706字 お気に入り:0人
たくさんの教室。たくさんの窓。たくさんの机。ずっと遠くまで続く廊下。暗い、暗い、窓の外。そこは確かに学校だった。自分たちが通いなれた、一日の大半を過ごす場所だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:可愛い警察官 制限時間:15分 読者:604 人 文字数:773字 お気に入り:0人
オレが生きている世界はほかのみんなに比べればとても小さくて狭くて少なくて。もっと広々とした世界を自由に過ごしている姿を見ると、あぁ楽しそうだなって思う。でもま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:同性愛の伝説 制限時間:15分 読者:564 人 文字数:767字 お気に入り:0人
ザワザワと騒がしい校内。掛け声が響くグラウンド。熱気が満ちる体育館。どこにでもある学校の風景。本当にありふれた、誰もが見過ごしてしまいそうな、学校。でもそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:名前も知らない馬鹿 制限時間:15分 読者:730 人 文字数:918字 お気に入り:0人
ずっと、ずーっと、昔の話。 その日、黒子は暇だった。両親に連れられて母方の親戚の家に来たはいいが、そこに集まっていたのは大人ばかり。まだ小学校低学年の黒子と一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:白いパラダイス 制限時間:15分 読者:596 人 文字数:899字 お気に入り:0人
僕は思うんです。この世界には、たくさんたくさん辛いことがあって、たくさんたくさん悲しんで、たくさんたくさんもがいて、たくさんたくさん苦しんで。それでも、どうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な男の子 制限時間:15分 読者:730 人 文字数:912字 お気に入り:0人
自分が必要ないかもしれない、なんて、ずっと前から気付いてた。オレは才能には恵まれてなかったし、不器用で、人の何倍も努力してようやく追いつけるようなヤツやつだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:夜の流刑地 制限時間:15分 読者:592 人 文字数:717字 お気に入り:0人
ここ最近バスケが楽しくない。いや、バスケは楽しい。ただ帝光中学のバスケが楽しくないというか、彼らとするバスケが楽しくないというか。青峰を筆頭に次々とバスケの才 〈続きを読む〉