ジャンル:文豪失格 お題:魅惑の喪失 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:960字 お気に入り:0人
[削除]

ドッキリしゃっくり

今日も天国は平和であってほしいと文豪達から願われていた。しかしそんな考えはすぐにまた始まったにかわる。
「ひっく!ヒック!これがヒックとまらなきゃヒック僕の声の魅力がヒック半減するよおおおおお!」
天国のトラブルメーカー文豪、太宰治である。
「うるせえな相変わらず!ビール瓶で殴りゃあ止まるか!?!?」
危ない時事ネタを出してくるのは酒乱文豪の中原中也。
「ヒックそれ息のヒック根まで止まるじゃん!ヒック」
渾身のツッコミもしゃっくりによって勢いが失われてしまう。二人があーだこーだ言っているとき、後ろから声がかかった。
「また騒いでいるのか君たちは…」
煙草をふかしながらくるのは国民的小説家の芥川龍之介。
「あ、あ、ヒック芥川せんせえええええ!?ヒック」
「そういえば君に伝えたいことがあってね。これを」
袖の中から出したのは封筒だった。
「な、ヒックなんですかヒックこれ!?」
「いいから開けてみたまえ」
中を開くとそこには生前も死後もあこがれた芥川賞だった。公式の賞状を模したものだが芥川本人から受け取るなら本物に匹敵するだろう。
「い、ヒックいいんですかああああああ!?ヒックヒックヒック」
「ああ。川端君も谷崎も承諾した。正真正銘の賞状だ」
あまりの感動でしゃっくりが早くなる太宰と冷静沈着な芥川の対比がそこにはあった。太宰が泣き止んで、感謝の言葉を連ねようとしたその時
「どっきり大成功!!」
声と共にどこかの番組で見たことあるような看板が出される。その声はトラブルメーカーの坂口安吾だった。
「えっ…えっ!?」
間をおいて太宰が声を上げる。芥川と安吾を交互に見、完全に空気になっていた中也は笑いをこらえるのに必死だった。
「これみんなで考えたどっきりなんだよ。ビックリした!?」
安吾が【どっきり大成功】の看板を持ち太宰と自撮りを撮ってツイットァーにアップする。
「すまない。その芥川賞の賞状はとっておいてもらっても構わないがニセモノだし書いたのは乱歩君だ」
様々なネタ晴らしが耳に入り、混乱する。がすぐに自分が嘲笑されていると気づきいつものように
「あんぐぉ~~~~よくも芥川先生をこんなことに誘ったな~~~~」
周りにかみつくのだった。いつの間にかしゃっくりは止まったみたいだ。めでたしめでたし。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉