ジャンル:文豪失格 お題:魅惑の喪失 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:960字 お気に入り:0人
[削除]

ドッキリしゃっくり

今日も天国は平和であってほしいと文豪達から願われていた。しかしそんな考えはすぐにまた始まったにかわる。
「ひっく!ヒック!これがヒックとまらなきゃヒック僕の声の魅力がヒック半減するよおおおおお!」
天国のトラブルメーカー文豪、太宰治である。
「うるせえな相変わらず!ビール瓶で殴りゃあ止まるか!?!?」
危ない時事ネタを出してくるのは酒乱文豪の中原中也。
「ヒックそれ息のヒック根まで止まるじゃん!ヒック」
渾身のツッコミもしゃっくりによって勢いが失われてしまう。二人があーだこーだ言っているとき、後ろから声がかかった。
「また騒いでいるのか君たちは…」
煙草をふかしながらくるのは国民的小説家の芥川龍之介。
「あ、あ、ヒック芥川せんせえええええ!?ヒック」
「そういえば君に伝えたいことがあってね。これを」
袖の中から出したのは封筒だった。
「な、ヒックなんですかヒックこれ!?」
「いいから開けてみたまえ」
中を開くとそこには生前も死後もあこがれた芥川賞だった。公式の賞状を模したものだが芥川本人から受け取るなら本物に匹敵するだろう。
「い、ヒックいいんですかああああああ!?ヒックヒックヒック」
「ああ。川端君も谷崎も承諾した。正真正銘の賞状だ」
あまりの感動でしゃっくりが早くなる太宰と冷静沈着な芥川の対比がそこにはあった。太宰が泣き止んで、感謝の言葉を連ねようとしたその時
「どっきり大成功!!」
声と共にどこかの番組で見たことあるような看板が出される。その声はトラブルメーカーの坂口安吾だった。
「えっ…えっ!?」
間をおいて太宰が声を上げる。芥川と安吾を交互に見、完全に空気になっていた中也は笑いをこらえるのに必死だった。
「これみんなで考えたどっきりなんだよ。ビックリした!?」
安吾が【どっきり大成功】の看板を持ち太宰と自撮りを撮ってツイットァーにアップする。
「すまない。その芥川賞の賞状はとっておいてもらっても構わないがニセモノだし書いたのは乱歩君だ」
様々なネタ晴らしが耳に入り、混乱する。がすぐに自分が嘲笑されていると気づきいつものように
「あんぐぉ~~~~よくも芥川先生をこんなことに誘ったな~~~~」
周りにかみつくのだった。いつの間にかしゃっくりは止まったみたいだ。めでたしめでたし。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:不本意な夫 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
山吹亘史が、やまぶきベーカリーを軌道に乗せるまで、なにも苦労しなかったわけではない。 全国各地で、商店街の空洞化が叫ばれる昨今である。東京の、それも文教地区に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:大人の帰り道 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:397字 お気に入り:0人
妙なことをいう、同行人の顔にはこちらがどれほど苦労しようと、表情は浮かばない。その一瞥で裂かれそうな眼が、雄弁に物を語るのを見たのは同じ学園に在籍していた、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉