ジャンル:文豪失格 お題:魅惑の喪失 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:960字 お気に入り:0人
[削除]

ドッキリしゃっくり

今日も天国は平和であってほしいと文豪達から願われていた。しかしそんな考えはすぐにまた始まったにかわる。
「ひっく!ヒック!これがヒックとまらなきゃヒック僕の声の魅力がヒック半減するよおおおおお!」
天国のトラブルメーカー文豪、太宰治である。
「うるせえな相変わらず!ビール瓶で殴りゃあ止まるか!?!?」
危ない時事ネタを出してくるのは酒乱文豪の中原中也。
「ヒックそれ息のヒック根まで止まるじゃん!ヒック」
渾身のツッコミもしゃっくりによって勢いが失われてしまう。二人があーだこーだ言っているとき、後ろから声がかかった。
「また騒いでいるのか君たちは…」
煙草をふかしながらくるのは国民的小説家の芥川龍之介。
「あ、あ、ヒック芥川せんせえええええ!?ヒック」
「そういえば君に伝えたいことがあってね。これを」
袖の中から出したのは封筒だった。
「な、ヒックなんですかヒックこれ!?」
「いいから開けてみたまえ」
中を開くとそこには生前も死後もあこがれた芥川賞だった。公式の賞状を模したものだが芥川本人から受け取るなら本物に匹敵するだろう。
「い、ヒックいいんですかああああああ!?ヒックヒックヒック」
「ああ。川端君も谷崎も承諾した。正真正銘の賞状だ」
あまりの感動でしゃっくりが早くなる太宰と冷静沈着な芥川の対比がそこにはあった。太宰が泣き止んで、感謝の言葉を連ねようとしたその時
「どっきり大成功!!」
声と共にどこかの番組で見たことあるような看板が出される。その声はトラブルメーカーの坂口安吾だった。
「えっ…えっ!?」
間をおいて太宰が声を上げる。芥川と安吾を交互に見、完全に空気になっていた中也は笑いをこらえるのに必死だった。
「これみんなで考えたどっきりなんだよ。ビックリした!?」
安吾が【どっきり大成功】の看板を持ち太宰と自撮りを撮ってツイットァーにアップする。
「すまない。その芥川賞の賞状はとっておいてもらっても構わないがニセモノだし書いたのは乱歩君だ」
様々なネタ晴らしが耳に入り、混乱する。がすぐに自分が嘲笑されていると気づきいつものように
「あんぐぉ~~~~よくも芥川先生をこんなことに誘ったな~~~~」
周りにかみつくのだった。いつの間にかしゃっくりは止まったみたいだ。めでたしめでたし。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉