ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの即興小説 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:2016字 お気に入り:0人

巴形薙刀 ※未完

「おもい………………」

ふと、こぼれた。

「重い、」

ああ、ほんとうに。このままつぶれて、この地面をつきぬけて、どこか、じごくのような場所へ行けたらいいのではないか。ふわっとした思考がよぎる。

「あとさむい」

それもそうだ。今はもう一月。皆との新年のあいさつや初詣や政府への報告は済ませて、ひとりこんなところに地面とだきあっている。もうすこしあたためてくれてもいいんだぞ、地面さんよ。
重くて重くてもうしゃべれない。くちもひらかない。いっそ死人のように一晩過ごすのもいいかもしれない。だれにも見つからず、ただひとり、ただただひとり。それならばひとりごとを延々としゃべっていても赦されるような気がした。なんか空気的にも自分的にも。

「おもい……」
「主、なにをしている?」
「あーーーその声は巴形薙刀だ……今会いたくない刀剣男士トップのほうにランクインしている」
「済まない。だが主。そのままでは風邪をひく。本丸に戻ったほうがいい。動けないなら俺が運ぼう」
「いや、戻りたくない」
「なぜだ」
「重いから」
「? なにが重いのだ」
「言葉にすると陳腐だけど、使命と期待、と、」
「と?」
「…………わからないや。とにかく重い。重くて動けないし、運んでもらいたいわけでもあなたと話していたいわけでもないので本丸に戻って」

主命ね。と付け加えておいた。こうすれば巴は言うことを聞いて戻るだろうと思ったが、去っていく足音が聞こえない。近づいてくる足音もいまいち聞こえなかったけどな。こいつ幽霊なんじゃないかと疑い始めたときにすこしだけ揺れた声が月夜に響いた。

「俺は主に嫌われているのか。それとも頼りないか」
「どちらとも違う」
「そうか」

感情をそこまで表に出さない彼のほっとしたような声色に悪いことをしたかなと思った。嫌いじゃないどころか、私の刀はみんな好きだ。巴だって例外じゃない。ただ、場所とタイミングと、私の心が悪いのだ。必要以上の言葉がでてこない。あらゆることがめんどくさい。ああ、コミュニケーションもままならないからどっか行ってくれ。私だってこんな返ししかできないのだから、こんな風に会話していたくないんだよ。去れ去れ!

「ねえ」
「なんだ」
「戻ってほしいんだけど」
「主はまだここにいるのだろう?」
「でももどってほしんだけど」
「それは聞くことが出来ない。なにがあるか分からないからな」
「何があるっていうんだよ」






巴形薙刀

「なぜ泣いている?」

「なんでだろうな。もうこうなると止まらないんだ。」

「なぜ俺を呼ばない?」

「まさかこんな夜更けまで近くに居るとは思わないだろ?」

「俺は主の側に仕えている。いつのときも。」

そこでようやく主はこちらをちゃんと見た。

「ああ。お前、綺麗だな。月明かりできらきらしてる。」

「きらきらしてるのは主だ。」

そう言って巴は私の涙を袖で拭った。

「とりあえず寝ろ。人間は睡眠をとらないといけないのだろう?」

それでも主はいまだにこちらを見ている。

しばらくして口を開くには。

「巴だけだ。もう巴なしではだめだ。私以外では駄目だと言う巴がいなければ私は審神者をやっていられなくなるかもしれない。ただ一つの『主』を『わたし』と認めてくれるあなたがいなければ、私は、」

それがとても悲しいのだと彼女は再び涙を零した。

「それの何がいけないのだ?」

「ほかの刀剣男士に申し訳が立たない。特に極になった刃(ひと)たちは『わたし』を『主』と認めてくれたのだから。さっきの発言は主としてその言葉を受け入れられていないことになる。」

「俺は嬉しい。主が俺を認めてくれなければ俺はお役目御免、無用の長物だ。依る記録も忘れるほどの記憶も頼る兄弟も咲かせる逸話もなく、一人だ。集合体の俺は一人だ。」

首を振る審神者。涙がきらきら、ぽろぽろと溢れてゆく。このように美しいものは初めて見た。

「依存と認めることは違う。依存しなくても私は主としてあなたを認めている。あなたは立派な私の刀剣男士だ。無用なものなんて私が言わせない。でも私が悲しいのは、そう、」

やはり巴形薙刀は不思議そうな顔をしている。よくわからないという顔だ。

「そう、私は…………」

"なんのために審神者になったんだっけ"

お役目のため?歴史修正主義者から歴史を守るため?ハローワークに仕事があったから?神社が好きで神様が好きだから?今の社会を守るために?狐に誘われたから?なんにせよ少なくとも……

「少なくとも、あなたたちの『唯一』になりたいなんて傲慢な想いを願うために審神者になった訳じゃない。」

「主は俺たちの唯一だ。」

「その主じゃない。」

「理解できない。目の前のお前は俺たちの主じゃないのか?」

「主だよ。」

「禅問答か?」

「違う。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:694字 お気に入り:0人
ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。「待て」「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:戦争と霧 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:500字 お気に入り:0人
遠くで銃声や大砲の音が聞こえる。周りは倒れて動かない兵士ばかり。森の中、俺の主は気絶してるだけ…だと信じたい。けど、もう俺は駄目みたい…刀身がボロボロでもはや使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:長谷部の主 ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし狂気 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:797字 お気に入り:0人
男の子ってなにでできてる?女の子ってなにでできてる?男も女も関係なく、肌を裂けば醜く汚い血肉が色と熱を孕んでいる。人体というものを、理科の教科書でその肌の下をの 〈続きを読む〉

小夜子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
巴形薙刀 ※未完
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの即興小説 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:2016字 お気に入り:0人
「おもい………………」ふと、こぼれた。「重い、」ああ、ほんとうに。このままつぶれて、この地面をつきぬけて、どこか、じごくのような場所へ行けたらいいのではないか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:箱の中の弔い 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:5480字 お気に入り:0人
普段使われている丸テーブルがいくつか置かれ、ある程度の広さとにぎわいをもつ文豪食堂とは別の、どうやって来たのか忘れるくらい奥まったところの、忘れ去られた元食堂の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:自分の中の勇者 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:460字 お気に入り:0人
勇者は常にその手に剣(つるぎ)を握っているものだ――。その本はそのような書き出しで始まっていたように思う。さてその剣とは如何様なものか。現代において剣とは、なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:遠い快楽 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:3961字 お気に入り:0人
「来客、ですか。」「何言ってるんですか、あなたが呼んだんでしょう。」「覚えていますとも。ようこそ、木曜の茶会へ。」「あれ?他の人はいないんですか?芥川くんとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:永遠のヒロイン 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:3732字 お気に入り:0人
「今日の晩ご飯はロールキャベツなんだねぇ。いただきます!」そう言ってロールキャベツにナイフをたてる。外側の見た目に反し、ロールキャベツの中には肉がぎっしり入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:賢い絶望 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:3173字 お気に入り:0人
「おいっ!!」大きな声とともに手を伸ばしていたほうの肩を急に引かれる。夜も深くなった中勢いのまま振り向いて見上げれば、空の色よろしく暗色をした髪色の男が心配顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の14歳 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:1548字 お気に入り:0人
「僕が浮気したらどうする?」書類に最後の認印とサインをしていた私は後ろに控えていた近侍の言葉に審神者は振り返る。この男は唐突にこういうことを言う男だ。「貴方は刀 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:贖罪の踊り 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:378字 お気に入り:0人
「ああ、踊ってみせよう。あまたの死体の山を築いても、苦しい辛い痛いと叫ぶ声が木霊しても、僕は踊りつづけよう。それがご主人様の名だからね。美しく可憐に愛を持って、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:歪みの国のアリス お題:とてつもない勇者 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:678字 お気に入り:0人
チェシャ猫は首1つになっても貼り付けたようなニヤケ顔のままだ。それ痛くないの?と問うたところで不思議そうにされるだけ。「痛くないさ。チェシャ猫の首は落ちるものだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:私の悪魔 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:386字 お気に入り:0人
「ねえ、お前が私の悪魔なの?」「『あくま』とやらが何かは知らんが、俺っちは多分『あくま』じゃねえぜ。薬研藤四郎っていうんだ。兄弟共々よろしくな、大将。」「そう。 〈続きを読む〉