ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な強奪 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:649字 お気に入り:0人
[削除]

強奪





【緑高】

緑間の部屋に上がるのはこれで何度目だろう
初めから数えてはいないが、とうとう数がわからなくなるくらい、ここに来ていることになる
だが、その多くはテスト勉強であったり、敵情視察や趣味によるバスケ映像の観賞であることが殆どで、今日のようになんとなく休日にすることもなくて遊びに呼ばれた、なんてことは初めてだった
それなりに緊張するのはオレが真ちゃんに恋してるから
なんて恥ずかしいこと考えてみたりしても緊張は溶けない
緊張していることがバレたらめちゃくちゃ恥ずかしくないか?と恐ろしく思うが、どうしようもない
緑間なんか変な行動してくれねぇかな、そしたらバカ笑いして緊張なんて忘れられるのに、とかなんとか思っていたら、オレの右手と真ちゃんの左手がぶつかり、更にそれが出してもらった麦茶のグラスへとぶつかった

「ぅわっちゃぁ!ごめん!!」

「いや、オレも悪かった。濡れたか?」

幸いなことに麦茶は緊張から来る喉の乾きを潤すために殆ど中身が残っていなくて、オレの上着だけを濡らした

「いや、そこまでじゃねぇよ、すぐ乾きそう」

と伝えるも、緑間はムッと唸り、

「そのままにはさせられない。待ってろ今着替えを出す」

と言って、ごそごそとタンスを漁り、暫くすると1着のパーカーをどや顔で出してきた
ありがたく着るが、あまりにもサイズが合わない
それでも
ありがとう、真ちゃん
と心からのお礼を言う
きっとこのパーカーを返すことはないだろう
これはオレの宝物にするのだ


END

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:@ココ ジャンル:黒子のバスケ お題:見憶えのある狐 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:4385 人 文字数:1017字 お気に入り:0人
【赤虹】 先輩って、狐っぽいですよね。 そう、後輩から言われたのが昨日のこと。 失礼な奴だなって思ったものの、相手があまりにも良い笑顔をしていたので何も言えなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ーーーー ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:684字 お気に入り:0人
オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。「おーい2号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
―――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:786字 お気に入り:0人
オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:きちんとした、と彼は言った 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:827字 お気に入り:0人
きちんとしたバスケがしたい、と彼は言った。聞いたときは、きちんとした、とはどんなバスケなのだろうと思った。真面目な、でも、勝てる、でも、チームプレーの強い、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
masqu ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:ナウい模倣犯 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:941字 お気に入り:0人
それは洋服というよりもっとぴったりと寄り添う小物のような。帽子であったり、ポシェットであったり、そういうものだと思う。ただ、彼にはそんなものに例える必要もなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いき ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:誰かは踊り 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:725字 お気に入り:0人
この国の音曲は故郷とは調子が違う。薩摩で感じた違和は長崎で過ごして慣らされた。言葉も違う場所であれば、音曲も変わる。丸山の女たちはサンシンではなくシャミセンを弾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
シミリ ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:愛、それは列車 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:888字 お気に入り:0人
その嗅覚に感心してしまうのはいつものことで、大ちゃんは、違った、青峰君は辺りを憚らず言った。彼らが集まると、周囲の視線は集中する。もっとも、それはきーちゃんの影 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湊 未来 ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
布告 ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:絵描きの秘部 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:610字 お気に入り:0人
付き合い長いから、と今吉は言った。(そう、なのか?)そういえば、花宮と今吉が会話をしている姿を見たことがあった。選抜の会場だった。選抜とそれ以外のチームで戦うト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
趣味の一致 ※未完
作者:かみむら@原稿中/DCR16東5こ28a ジャンル:黒子のバスケ お題:白い踊り 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:556字 お気に入り:0人
こちらに来た時には寄らせてもらっています義父は言った。妻の墓の前には彼の手によってつけられたであろう、線香が煙をあげていた。新しい白菊も添えられていた。構いませ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉