ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な強奪 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:649字 お気に入り:0人
[削除]

強奪





【緑高】

緑間の部屋に上がるのはこれで何度目だろう
初めから数えてはいないが、とうとう数がわからなくなるくらい、ここに来ていることになる
だが、その多くはテスト勉強であったり、敵情視察や趣味によるバスケ映像の観賞であることが殆どで、今日のようになんとなく休日にすることもなくて遊びに呼ばれた、なんてことは初めてだった
それなりに緊張するのはオレが真ちゃんに恋してるから
なんて恥ずかしいこと考えてみたりしても緊張は溶けない
緊張していることがバレたらめちゃくちゃ恥ずかしくないか?と恐ろしく思うが、どうしようもない
緑間なんか変な行動してくれねぇかな、そしたらバカ笑いして緊張なんて忘れられるのに、とかなんとか思っていたら、オレの右手と真ちゃんの左手がぶつかり、更にそれが出してもらった麦茶のグラスへとぶつかった

「ぅわっちゃぁ!ごめん!!」

「いや、オレも悪かった。濡れたか?」

幸いなことに麦茶は緊張から来る喉の乾きを潤すために殆ど中身が残っていなくて、オレの上着だけを濡らした

「いや、そこまでじゃねぇよ、すぐ乾きそう」

と伝えるも、緑間はムッと唸り、

「そのままにはさせられない。待ってろ今着替えを出す」

と言って、ごそごそとタンスを漁り、暫くすると1着のパーカーをどや顔で出してきた
ありがたく着るが、あまりにもサイズが合わない
それでも
ありがとう、真ちゃん
と心からのお礼を言う
きっとこのパーカーを返すことはないだろう
これはオレの宝物にするのだ


END

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:@ココ ジャンル:黒子のバスケ お題:見憶えのある狐 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:4462 人 文字数:1017字 お気に入り:0人
【赤虹】 先輩って、狐っぽいですよね。 そう、後輩から言われたのが昨日のこと。 失礼な奴だなって思ったものの、相手があまりにも良い笑顔をしていたので何も言えなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:反逆の終身刑 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:809字 お気に入り:0人
表示された番号読み上げろって言ってるだろ?そんなの出てないって!電話での会話はもどかしい。その画面を見ればすぐわかるというのに、言葉だけでは伝わらない。まさに百 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの狸 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:884字 お気に入り:1人
あ。 部活を終えて帰ろうとした黄瀬はふと気づいた。 赤司が困っている。 めずらし。 黄瀬は思わずわくわくした。なぜなら赤司は赤司なので。 そうして、人間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:彼が愛した裏切り 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字 お気に入り:0人
それは忘れらんねーな、と言ったら、よく言われた、と返された。そらそうだ、七夕に誕生日なんて、七夕のたびに思い出す。人の誕生日を覚えている利点はあるのだろうかおは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美人の定義 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:群馬の空想 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:622字 お気に入り:0人
タツヤの母親の出身地が秋田県と聞いたのは、たぶん、出会った頃だった。バスケを教えてもらって、勉強を教えてもらって、朝も帰りも一緒に帰るようになって、いろんな話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
う-い ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:悔しい接吻 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:570字 お気に入り:0人
切り替えがさ……、周りに人がいると、うまくいかねぇタイガが言った。ちょっと恥ずかしいっつーか、落ち着かねーっつーか、だって反応とか、わかってるし……あんまり気に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:1 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:73 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
「はい、あーん」「ん、あーん」 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。「ごしゅじんさま、おいしい?」「……ああ、おい 〈続きを読む〉