ジャンル:東方Project お題:薄汚いダンス 制限時間:1時間 読者:131 人 文字数:1350字 お気に入り:0人
[削除]

血よりも黒い朱の酒宴 ※未完

ひどいにおいだ。
レミリア・スカーレットはそうひとりごちる。

自分も吸血鬼などと呼ばれてはいるが、やはりやつらとは別種の存在なのだろう、こんな汚い環境は我々の趣味とは決定的に合わない。
そう…この目の前の鬼、伊吹萃香のように、血と酒と泥の臭いにまみれ、いや実際にそれらにまみれながら戦って、笑顔を浮かべるような類の趣味は決して持ち合わせていないのだ。

「不機嫌そうだな、景気付けにもう一杯いっておくか?」

酒か、拳か。どちらの意味にも油断はできない。事実奴は私に幾度となく拳を浴びせ、ついでとばかりにに酒も浴びせてきている。
もはや争いを始めた理由すらも曖昧になってきてしまった。だが、此奴が酔って絡んできたのだろう。自らも吸血鬼と呼ばれている手前、前々から鬼との戦いに興味はあったが。
吸血鬼の再生能力でも血糊や酒精は払えない。既に襤褸切れのように裂けた衣服も、それと不釣り合いなほど傷の無い肌も、血と酒が染み付いて離れる様子がない。

「遠慮しておこう。貴様のように反吐遊びなどする趣味はないのでな。」

言うと、どちらからともなく拳を出し合う。拳がぶつかり合い、そして弾き合う。
私は魔力で強化しているが、奴も能力で力を萃めているのだろう。力は互角、耐久力の都合で此方の拳に少し罅が入るが、広がることもなく修復する。
そのまま攻撃を続行。爪で裂き、魔力で穿ち、そして純粋な腕力で砕く。

「あっははは!それじゃあ力尽くで付き合ってもらうとするかぁ!」

しかしそれに対し馬鹿力で対抗してくるのがこの鬼なのだ。
奴もまた、こちらの爪を、腕を、魔力をも砕いてくる。
月をも砕く等という触れ込みも、強ち間違いでもないのか。
現に肉体を砕かれている私も月を異名に持つのだから、是なるかなという物である。
そんな益体もない事を考えながら、この鬼をねじ伏せる策を練る。
魔法も体術も能力も一級品であるという自覚はあるが、魔力も肉体も腕ずくで壊されてしまってはどうにもならないものもある。

ここは一度空に距離を置いて、肉体に衝撃をかけないよう立ち回るか…。

「クク…。」

自分の考えに思わず笑いが漏れる。
…まさかこの私が、少し、ほんの少し身体を壊されただけで、こんな考えを過ぎらせるとは。ほんの少しの膠着で、焦りを覗かせるとは。

「…やってやろうじゃあないか!だがいつまでも貴様の思う通りにさせてやると思うなよ!」

私は、体勢を深く落として相手の懐に潜り込む。
奴は此方の攻勢にも構わず、頭突きをかますつもりなのか此方の頭に手を伸ばすが…。
そんなことを許すつもりは毛頭ない。逆に腕を掴み体に手を当て、その小躯を投げ飛ばす。
奴もそう簡単に叩きつけられるつもりはないようで空中でバランスを取ろうとするが、此方も構わず力尽くで振り回す。
バランスを崩したところを見るや否や、頭から地面に叩き付けてやる。

「私は吸血鬼だ。血も酒も飲むのは好きだが、浴びるのは好かん。」

「だが、ダンスならば付き合ってやろう。」

「リードしてやる。立て、まだ一曲目だぞ?」

挑発してやると、鬼も立ち上がり一層深く笑みを見せる。

「乗って来たじゃないか、吸血鬼。面白い、やってやろうじゃないか。」

さあ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:東風谷 早苗 ジャンル:東方Project お題:調和した惑星 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:549字 お気に入り:0人
「大っ嫌い!」そんな事を言ってしまった。この喧嘩は些細な事であり、悪気もなかった。「…」 彼女を悲しませてしまったかな…。謝りたい。*** 湖がある。霧が掛かり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:ゆるふわな食事 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:2228字 お気に入り:0人
お題は霊夢 永琳 響子手紙はいつも渡すものだった。命蓮寺にはいつも大量の手紙がやってくるのでそれを受け取り、そしてそのお返事を郵便屋さんに手渡す。門前で修行する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:メジャーな失望 制限時間:1時間 読者:184 人 文字数:2089字 お気に入り:0人
お題はレミリア 美鈴 雷鼓私は昼間っから人里の外れにある蕎麦屋で酒を飲んでいた。ここの蕎麦屋はそう美味い訳ではなく、さりとて不味いと言い切るほどではないがあまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:百合街@紅楼夢G15bネムノコス ジャンル:東方Project お題:自分の中の屍 制限時間:1時間 読者:178 人 文字数:1615字 お気に入り:0人
得体のしれない想いが、身体中を駆け巡ることがある。 妖怪の寿命は長い。果てしない時を、同じような暮らしをして淡々と過ごしていく。そのうちに、具体的な事象こそ忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:188 人 文字数:2850字 お気に入り:1人
『結局のところ、私に何をさせる気だよ!』「あら、ここまで来たんだから自分で分かってるんじゃないの? あんな大言壮語を吐いたんだから、【妹様の遊び相手】頑張ってね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:211 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
お題:パチュリー こいし 正邪カップリング パチュリー×こいし遥か昔に動かない大図書館と自称した事がある。私の中では中々に効いたフレーズで自己紹介する時にもつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちょうできるねこのひと ジャンル:東方Project お題:軽い水たまり 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:1518字 お気に入り:0人
空気の澄んだ朝。昨日までの暗い空とは違い、山の向こうがグラデーションに彩られる心地良い空。「そうだ、湖、行こう」私は気の赴くままに、晴れた空へと飛び出した。私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:消えた勝利 制限時間:1時間 読者:194 人 文字数:1723字 お気に入り:0人
カップリング:屠自古×衣玖お題:文 屠自古 衣玖真夏のある日、屠自古は射命丸を睨みつけていた。それもこれも唐突に呼び出しをしたかと思えば無礼な事を言い出すのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:楽観的な声 制限時間:1時間 読者:185 人 文字数:1994字 お気に入り:0人
カップリング:清蘭×スターお題:清蘭 小鈴 スター 暗い小屋の中。 私達は三人で蠟燭を囲んで座り込んでいた。 暑さからだろうか。 私の頬に汗が流れ落ちる。「あら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:見憶えのある小雨 制限時間:1時間 読者:189 人 文字数:1896字 お気に入り:0人
暦の上での秋にも入り、寝苦しい夜もだいぶ減ったある日の事だ。それでも日中はまだ暑いと、白狼天狗の犬走椛に誘われて、「どこかに涼みに行きましょう!」と誘われた。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉