ジャンル:刀剣乱舞 掘安 お題:黒い瞳 制限時間:1時間 読者:102 人 文字数:957字 お気に入り:0人
[削除]

君の幸せを ※未完

君の幸せを

※刀剣破壊描写あり。


彼が好きだった。彼の瞳が愛しかった。彼に生きてほしいと思った。それは僕の我儘だった。
ただ、彼の隣にいたかった。

「ごめんね。堀川くん…君と一緒に生きたかったよ。」
彼は最期にそう言って、見たこともないような綺麗な笑顔を見せた。

僕と安定くんは所謂『恋仲』だった。でもそれは、他から見たら「本当にそれが恋仲なのか」と言われるようなものだ。
僕の一番は勿論兼さんだったし、安定くんの一番は清光くんだった。
お互いに「最優先」が居るということ。兼さんと安定くんだと、と聞かれれば僕は迷わず兼さんと答えるだろうし、安定くんも僕と清光くんなら、と聞かれれば清光くんを選ぶだろう。
僕らはそれで良かった。一緒に居られれば幸せだったんだ。
ずっと一緒に、隣に彼を感じていれば何もいらなかった。

「堀川くん。和泉守と僕が死にそうだったら、君はどっちを助ける?」
安定くんと縁側でお茶を飲んでいたら、不意に彼がそう聞いてきた。僕は金箔の飾られた羊羹を一口食べて答える。
「んー……兼さんかなぁ。」
「だよね。知ってた。僕も清光を選ぶもの。」
彼は「たはは」と気の抜けた笑いをこぼした。
「いきなり如何したの?そんなこと聞いて。」
「……ちょっと不安になったんだ。君が僕を先に助けちゃったら如何しようって。」
「え……」
僕は思わず声を漏らした。
「だって、ほら。堀川くんの一番は和泉守でしょう。……だから、僕が折れそうになっても助けに来ては駄目だよ。」
「駄目、なの……?」
「うん。絶対駄目。前置きはしたからね。来ることはないと思うけど、もしも君が助けに来たら僕は君を呪うよ。」
「……うん。」
安定くんは少し寂しそうに笑って、「ごめんね」と呟いた。


……恐れていたことが、起こってしまった。
「堀川さん!大和守さんが重傷の和泉守さんを庇って……!」
池田屋への出陣中のことだった。
「っ……!分かった、助けに行く!」
僕は兼さんの無事を祈って走っていた。……なのに。兼さんじゃない、彼の顔が脳裏に浮かんでいた。
「兼さん!」
「……くに、ひろ」
「兼さん、すぐ戻ろう。今なら間に合うから……」
「やす、さだが……あいつ、胸……ぶち抜かれて」
「……!」
頭が、真っ白になった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉