ジャンル:モージュナ お題:鈍い外資系企業 制限時間:15分 読者:296 人 文字数:1497字 お気に入り:0人

【モ+ジュ】よろしくお姫様!

その日、アルジュナの機嫌は悪かった。
ドレスの修正のために試着をして欲しい、という旨は前々から聞いていたし、試着自体は早々と終わった。あとは縫製の修正待ちのみというわけなのだが、この修正こそが鬼門だった。では私はこれでと去ろうとするも、カルナに呼び止められて財布を握らされ(もちろん、これはカルナのものだ)、学生食堂で茶でも飲みながら待っていてくれと言われたのだ。
はぁ?とアルジュナが言うよりも早く縫製室の中は修正のための呼名が飛び交う戦場となり、アルジュナは財布を返却するタイミングを逃したどころか、アルジュナ自身の荷物さえ人質にされて放り出されてしまったのだ。
とにかく、食堂で一番高い紅茶を注文し口に運んでいても苛立ちは抑えきれない。あの男、アルジュナを本当に理想のモデルだとしか思っていないのだ。
アルジュナがカップから口を離した瞬間、ガタン、と音を立ててテーブルの向かいへ腰を下ろす姿があった。

「よぅ、お姫様!」
「……人違いでは?」

その姿には見覚えがある。反逆の騎士――モードレッドだ。もっとも、アルジュナが余り積極的に話しかける相手ではなかったので、サーヴァント時代でも会話をした回数は少なかった。

「ンだよ、お前だろ?あの主席野郎のお姫様ってのはよ。それともアレか、マネキンか?トルソーか?ロボットか?」
「もはや人間でもなくなりましたね…」

アルジュナは分かりやすく溜め息を吐いた。なるほど、このモードレッドにも記憶はなく、「人間」であるらしかった。

「ま、どうでもいいか。とにかくオレの服を着てくれよ。なんかお前、スッゲー話題じゃん?」
「先程から溢れる下賤な視線たちは貴方のお知り合いで?」
「馬鹿言え。声もかけられねぇような奴らと一緒にすんな」

学外のモデルであるアルジュナは目立つ。そもそもカルナが白昼堂々とアルジュナに告白まがいのことをしたせいで、アルジュナの顔と名前と「カルナのモデルである」ということは学内に知れ渡っている。それを興味本位か何かは知らないが、遠巻きに眺められるのは、いくら他者の視線に慣れているアルジュナとて、不快感を覚えずにはいられない。

「では貴方は違うと?」
「そりゃそうさ。正々堂々、お前を奪ってやれるぜ?」
「頼もしい限り」

アルジュナは紅茶をもう一口、口に含み、飲み下す。モードレッドの外見は、アルジュナが記憶している時とさほど変化が無い。

「貴方の専攻は」
「オートクチュールさ。オレならお前にドレスじゃなくて、上等な鎧を作ってやれるぜ。だからオレと組まねえか?」

ほう、とアルジュナは感嘆の声を漏らした。
この、「お姫様」と揶揄されるアルジュナ相手に、ドレスを作らないと宣言したのであえる。これはアルジュナの性を考えれば当然ともいえるものであったが、悲しいかな、現在のアルジュナの周囲へはびこっているのはカルナが植え付けたイメージだ。つまり、カルナの花嫁。ウェディングドレスを与えられるのを待つ、マリッジブルーのお姫様なのだ。

「……いいでしょう」
「へ?」
「貴方にその覚悟がおありでしたら、攫ってくださっても構いませんよ、王子様」

ヒュウ! とモードレッドが口笛を吹く。同時に、食堂全体に静かに広がるどよめき。

「ハッ!王子様ってガラかよオレが!騎士だろどう見ても!」
「それはどうぞお好きに。早くいきませんと、首を切られますよ」

立ち上がったモードレッドに向かい、アルジュナが手を出す。それを自然な形でエスコートしながら、モードレッドはこの場所からアルジュナを連れだしたのだった。




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、宇宙 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
ゲリラライブも大盛況のうちに終了。メンバーのテンションも(主にアストルフォが)上がり調子。マネージャーが頭を抱えていても気にしない。何故なら皆、インディーズの苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉