ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:848字 お気に入り:0人

おつかれ

朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。
「(さて…どうしたもんかな……)」
見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳として陽が沈み夜が来る青が天井から降り注ぎ地下の世界を照らす。壁に穿かれた大口が絶えず下水を吐き続け、それを下で待ち構えていた大口が飲み込む音が静寂の間に響き渡る。
錆付き止まった時計の針。発条が切れてしまったオルゴール。永久の溶けない氷。命を刻む音に紛れ時折聞こえる微かな呼び声だけが唯一その者が死んでいないのだと教えてくれる。
襟首の襞に顔が埋まれば甘ったるい腐敗の香りが鼻腔を抜けていく。かれこれどのくらい経ったのか。
巻き付いて離れない二本の白い蔦。鼓膜を通り越し直接脳内に吹き込む言葉は譫言に近い。もしかしたら言い続けることで何かを緩和しているやもしれない。
読書に耽り何かの気配を察して振り返った瞬間、伸びてきた白い手が首を絞めてきた。息ができずもがき暴れた視界の先、通常なら飄々として笑う白い悪魔の顔は――それまで見たことの無いものだった。
表情を一切そぎ落とした顔。真っ赤な紅を差した唇が何かを紡いでいる。目で口の形を追い視界と聴覚で理解しようと試みたが、ついぞ耳に声は届かなかった。もしや声に出さず唇を動かしただけで声自体出していなかったのかもしれない。
緩慢な動きに意識と視線が吸い寄せられ、擦れゆく目で懸命に追った。





――ビ、ル



読み取ったのと同時に意識が途切れ、再び目を覚ました時には地下に身を潜める者の領域の中だった。
遅れてたってきた喉を圧迫され狭まった気管から咳が出る。喉元を擦り何度か咳込んでやっと収まり周囲を見渡すべく踵を返す。
白い闇に体と意識を攫われた。その正体が何なのかは意識が途切れる前に分かっている。強く巻き付く腕の強さに抗議したところで解ける気配はない。ならばと、気がふれたんじゃないのかと思われるかもしれないがぎこちなく抱き締め返せば白い蔦がさらにやわくつよく巻き付いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:殺された性格 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1661字 お気に入り:0人
日が暮れ夕食時に怪獣が現れたお陰で店に集まるのが大分遅い時間帯になってしまった。閉店時間が差し迫っているにもかかわらず店内は明るく裕太達が戻ってくるまで全員待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:犯人はヒーロー 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:937字 お気に入り:0人
市販のチョコレート。買ったままの状態であからさまな追加包装も何もしていないただの板チョコ。「あげる」手作り感から程遠い特別でも何でもないお店によく置いてある板チ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:苦し紛れの超能力 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:521字 お気に入り:0人
時たま馬鹿馬鹿しいことを考える。彼女の持つ効果は効果を得られる相手の力、もしくは分身に近しい存在であり一か所に留まることしか出来ないこの世界の住人たちにとって唯 〈続きを読む〉