ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:848字 お気に入り:0人

おつかれ

朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。
「(さて…どうしたもんかな……)」
見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳として陽が沈み夜が来る青が天井から降り注ぎ地下の世界を照らす。壁に穿かれた大口が絶えず下水を吐き続け、それを下で待ち構えていた大口が飲み込む音が静寂の間に響き渡る。
錆付き止まった時計の針。発条が切れてしまったオルゴール。永久の溶けない氷。命を刻む音に紛れ時折聞こえる微かな呼び声だけが唯一その者が死んでいないのだと教えてくれる。
襟首の襞に顔が埋まれば甘ったるい腐敗の香りが鼻腔を抜けていく。かれこれどのくらい経ったのか。
巻き付いて離れない二本の白い蔦。鼓膜を通り越し直接脳内に吹き込む言葉は譫言に近い。もしかしたら言い続けることで何かを緩和しているやもしれない。
読書に耽り何かの気配を察して振り返った瞬間、伸びてきた白い手が首を絞めてきた。息ができずもがき暴れた視界の先、通常なら飄々として笑う白い悪魔の顔は――それまで見たことの無いものだった。
表情を一切そぎ落とした顔。真っ赤な紅を差した唇が何かを紡いでいる。目で口の形を追い視界と聴覚で理解しようと試みたが、ついぞ耳に声は届かなかった。もしや声に出さず唇を動かしただけで声自体出していなかったのかもしれない。
緩慢な動きに意識と視線が吸い寄せられ、擦れゆく目で懸命に追った。





――ビ、ル



読み取ったのと同時に意識が途切れ、再び目を覚ました時には地下に身を潜める者の領域の中だった。
遅れてたってきた喉を圧迫され狭まった気管から咳が出る。喉元を擦り何度か咳込んでやっと収まり周囲を見渡すべく踵を返す。
白い闇に体と意識を攫われた。その正体が何なのかは意識が途切れる前に分かっている。強く巻き付く腕の強さに抗議したところで解ける気配はない。ならばと、気がふれたんじゃないのかと思われるかもしれないがぎこちなく抱き締め返せば白い蔦がさらにやわくつよく巻き付いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:つらい夫 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:401字 お気に入り:0人
「これが終わったらシドーの部屋を作るって?」青い瞳がランランと輝き何度も頷き、慣れた動きで背中に背負っていた本を取りシドーの顔の前に書き途中と思われる設計図が掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:鋭い感覚 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:550字 お気に入り:0人
一切反らされず注がれる赤い瞳に近付いていた足が止まる。背筋とは言わず周囲に満ちる威圧感は熱を奪いシドー以外の声を音を消した。「教えてくれよなあ… 」シドーが一歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:465字 お気に入り:0人
間取り、豪華さ、ムードに至るまでリクエストに沿った作りにしようと四苦八苦悩み唸る様でさえ心底楽しそうに見える。積み上がった壁に寄り掛かるシドーの顔つきが険しくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:日本理由 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:552字 お気に入り:0人
一心不乱それこそ楽しそうに物作りする姿を見ているだけで胸の奥からあったかな何かが溢れてくる。これがきっと見ていて面白い楽しいという感情なんだろう。実際相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉