ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:848字 お気に入り:0人

おつかれ

朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。
「(さて…どうしたもんかな……)」
見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳として陽が沈み夜が来る青が天井から降り注ぎ地下の世界を照らす。壁に穿かれた大口が絶えず下水を吐き続け、それを下で待ち構えていた大口が飲み込む音が静寂の間に響き渡る。
錆付き止まった時計の針。発条が切れてしまったオルゴール。永久の溶けない氷。命を刻む音に紛れ時折聞こえる微かな呼び声だけが唯一その者が死んでいないのだと教えてくれる。
襟首の襞に顔が埋まれば甘ったるい腐敗の香りが鼻腔を抜けていく。かれこれどのくらい経ったのか。
巻き付いて離れない二本の白い蔦。鼓膜を通り越し直接脳内に吹き込む言葉は譫言に近い。もしかしたら言い続けることで何かを緩和しているやもしれない。
読書に耽り何かの気配を察して振り返った瞬間、伸びてきた白い手が首を絞めてきた。息ができずもがき暴れた視界の先、通常なら飄々として笑う白い悪魔の顔は――それまで見たことの無いものだった。
表情を一切そぎ落とした顔。真っ赤な紅を差した唇が何かを紡いでいる。目で口の形を追い視界と聴覚で理解しようと試みたが、ついぞ耳に声は届かなかった。もしや声に出さず唇を動かしただけで声自体出していなかったのかもしれない。
緩慢な動きに意識と視線が吸い寄せられ、擦れゆく目で懸命に追った。





――ビ、ル



読み取ったのと同時に意識が途切れ、再び目を覚ました時には地下に身を潜める者の領域の中だった。
遅れてたってきた喉を圧迫され狭まった気管から咳が出る。喉元を擦り何度か咳込んでやっと収まり周囲を見渡すべく踵を返す。
白い闇に体と意識を攫われた。その正体が何なのかは意識が途切れる前に分かっている。強く巻き付く腕の強さに抗議したところで解ける気配はない。ならばと、気がふれたんじゃないのかと思われるかもしれないがぎこちなく抱き締め返せば白い蔦がさらにやわくつよく巻き付いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:恥ずかしいブランド品 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1293字 お気に入り:0人
鏡に映し出される気合入った格好。首を捻り後方も念入りに確認。鏡に顔を寄せ前髪を撫で整え、更に角度を変え左右もチェック。窓辺から差し込む陽光に照らされキラキラ輝く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:臆病な伝承 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:350字 お気に入り:0人
故郷から遠く離れた土地でよもや再会するとは思わなんだ。賑やかに窓ガラスに当たる雨粒。忙しなく窓が風に煽られ音を奏でる。台風と何ら大差ない豪雨。昼間から降り続いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:かゆくなる殺し 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:570字 お気に入り:0人
人間にとってそこそこ永い眠りの期間。眠る前の記憶と目覚めた時の誤差が大幅にズレる時もあれば殆ど変わっていないのもある。寝ていた間、空白時間の埋め合わせは気が向か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:冷たい王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:444字 お気に入り:0人
トランシーバーのハウリング音。あの日着ていった黄色いレインコート。視界端から逃げていく気配。ついさっき口から吐き出された言葉が霞み消えてしまう程、目を奪われ気付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:騙された家 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:296字 お気に入り:0人
自由に空を勝手気まま飛び回る蝶を捕まえるのは厄介なことこの上ない。手を伸ばせば、するり空へ逃げてしまう。ならば――その背に生えている翅を捥いでしまえばいい。背に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:宿命の朝日 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:422字 お気に入り:0人
絶叫と悲鳴、世界崩壊の足音が遠のき。一定の間隔で波紋を作る雫の囁き声が鼓膜の奥に入り込む。閉じていた瞼を開け周囲を見渡す。鼻につく汚水の匂いがするものの、まだ腐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:楽観的な超能力 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:318字 お気に入り:0人
幾度となく夢を見る。それは小さな餓鬼の頃からの憧れで耐え難い悪夢そのものだった。どうしようもねェくらい惨めで無様な生き様。軽く鼻で笑い飛ばせればさぞ楽だろう。出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:848字 お気に入り:0人
朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。「(さて…どうしたもんかな……)」見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳とし 〈続きを読む〉