ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:1451字 お気に入り:0人

【エリ+ジュナ】昼は長閑で歩けよモデル

「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」

ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもアルジュナはビリーが自分のことをモデルと認識していると思っていなかったのだろう。随分と平坦な反応である。

「別にここでもやろうと思えば」
「えっそうなの!?見たい!」

アルジュナの意外な言葉に食いついたのは、喫茶店の奥でコップを磨いていたエリザベートだった。喫茶店のロゴの入ったエプロンを外しながらアルジュナへと近づいてくる。カウンター席のアルジュナとビリー以外に客は居ないので、平日の昼間とはとんだ優雅さである。

「どうせだから教えなさいな!」
「構いませんが」
「うわ、絶対後悔するよ」
「どういう意味よ!」

エリザベートがビリーに食って掛かろうとする中、アルジュナは自分の小さな鞄の中から、二つの鈴を取り出した。アルジュナの手のひらと比較しても随分と小さく見えるそれは、クルミ程度の大きさだろうか。それにはそれぞれ青と赤のリボンが着いており、長い輪になっていた。

「では、立っていただいて」
「えぇ!」

カウンター前の通路をランウェイと仮定し、二人は並び立つ。

「これを耳にかけます」
「へ?」
「最初ですし片方だけで」
「うん?」

アルジュナはリボンの輪の部分をエリザベートの耳にかけ、手を離した。鈴がチリンと涼やかな音を立てる。

「では最初に姿勢から。視線はまっすぐに。顎は少し引いてください。頭の上から引っ張られ、一本の紐でつられているイメージで背筋を伸ばしましょう」

アルジュナはトン、とエリザベートのつむじに触れ、次いで肩に軽く触れた。もう少し肩甲骨を前に、という言葉に従って、在りざべーとはぴんと姿勢を正した。

「はい、宜しいですよ。ではそのまま歩幅を五十センチに固定したまま」
「へっ!?ご、ごじゅっ!?」
「BPM120ですから、一秒に二歩出すスピードで歩きましょう」
「いちびょう…?」
「それからその鈴は鳴らさないように」
「ナニソレーッ!?」

エリザベートが怒涛の情報量に混乱を顕わにすると、アルジュナは顎に手をあててふむ、と首を傾げた。ちょっと、と思わず横からビリーが口を挟む。

「あのねぇアルジュナ、素人さんにポンポン求めてもできないって。それは君のトレーニング法だろ?」
「えぇ、まぁ」

さらりと頷くアルジュナに、ビリーは顔をしかめる。これはちっとも、何が悪いのか分かっていない顔だ、と思いながら。

「だからね、君は努力したからそういうことができるようになったわけ。最初からできてたんじゃないんだから、他人にもそういうのも止めちゃいけないと思う」
「えっ…あ、はい、そう、ですね」

アルジュナは何度か驚いたように瞬きをし、エリザベートに向き直して、すみません、と頭を下げた。エリザベートは自分よりも三十センチメートル定規くらい高いところにある旋毛が降りてきたのを見て、やけに心が浮き立った。

「いいわよ!世界のアイドルエリちゃんだもの、アナタを専属のトレーナーにしてあげる。光栄に思いなさい!さぁやるわよ、最初はなんだったかしら!」
「鈴を鳴らさずに歩きましょう」
「ねぇそれホントに言ってる!?」

本当なんですけど、と困るアルジュナにわんわんと姦しいエリザベート。ビリーはわりと面白い組み合わせだよねぇ、と思いながら、ぬるくなったコーヒーを啜った。









同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉