ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:1451字 お気に入り:0人

【エリ+ジュナ】昼は長閑で歩けよモデル

「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」

ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもアルジュナはビリーが自分のことをモデルと認識していると思っていなかったのだろう。随分と平坦な反応である。

「別にここでもやろうと思えば」
「えっそうなの!?見たい!」

アルジュナの意外な言葉に食いついたのは、喫茶店の奥でコップを磨いていたエリザベートだった。喫茶店のロゴの入ったエプロンを外しながらアルジュナへと近づいてくる。カウンター席のアルジュナとビリー以外に客は居ないので、平日の昼間とはとんだ優雅さである。

「どうせだから教えなさいな!」
「構いませんが」
「うわ、絶対後悔するよ」
「どういう意味よ!」

エリザベートがビリーに食って掛かろうとする中、アルジュナは自分の小さな鞄の中から、二つの鈴を取り出した。アルジュナの手のひらと比較しても随分と小さく見えるそれは、クルミ程度の大きさだろうか。それにはそれぞれ青と赤のリボンが着いており、長い輪になっていた。

「では、立っていただいて」
「えぇ!」

カウンター前の通路をランウェイと仮定し、二人は並び立つ。

「これを耳にかけます」
「へ?」
「最初ですし片方だけで」
「うん?」

アルジュナはリボンの輪の部分をエリザベートの耳にかけ、手を離した。鈴がチリンと涼やかな音を立てる。

「では最初に姿勢から。視線はまっすぐに。顎は少し引いてください。頭の上から引っ張られ、一本の紐でつられているイメージで背筋を伸ばしましょう」

アルジュナはトン、とエリザベートのつむじに触れ、次いで肩に軽く触れた。もう少し肩甲骨を前に、という言葉に従って、在りざべーとはぴんと姿勢を正した。

「はい、宜しいですよ。ではそのまま歩幅を五十センチに固定したまま」
「へっ!?ご、ごじゅっ!?」
「BPM120ですから、一秒に二歩出すスピードで歩きましょう」
「いちびょう…?」
「それからその鈴は鳴らさないように」
「ナニソレーッ!?」

エリザベートが怒涛の情報量に混乱を顕わにすると、アルジュナは顎に手をあててふむ、と首を傾げた。ちょっと、と思わず横からビリーが口を挟む。

「あのねぇアルジュナ、素人さんにポンポン求めてもできないって。それは君のトレーニング法だろ?」
「えぇ、まぁ」

さらりと頷くアルジュナに、ビリーは顔をしかめる。これはちっとも、何が悪いのか分かっていない顔だ、と思いながら。

「だからね、君は努力したからそういうことができるようになったわけ。最初からできてたんじゃないんだから、他人にもそういうのも止めちゃいけないと思う」
「えっ…あ、はい、そう、ですね」

アルジュナは何度か驚いたように瞬きをし、エリザベートに向き直して、すみません、と頭を下げた。エリザベートは自分よりも三十センチメートル定規くらい高いところにある旋毛が降りてきたのを見て、やけに心が浮き立った。

「いいわよ!世界のアイドルエリちゃんだもの、アナタを専属のトレーナーにしてあげる。光栄に思いなさい!さぁやるわよ、最初はなんだったかしら!」
「鈴を鳴らさずに歩きましょう」
「ねぇそれホントに言ってる!?」

本当なんですけど、と困るアルジュナにわんわんと姦しいエリザベート。ビリーはわりと面白い組み合わせだよねぇ、と思いながら、ぬるくなったコーヒーを啜った。









同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉