ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:1451字 お気に入り:0人

【エリ+ジュナ】昼は長閑で歩けよモデル

「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」

ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもアルジュナはビリーが自分のことをモデルと認識していると思っていなかったのだろう。随分と平坦な反応である。

「別にここでもやろうと思えば」
「えっそうなの!?見たい!」

アルジュナの意外な言葉に食いついたのは、喫茶店の奥でコップを磨いていたエリザベートだった。喫茶店のロゴの入ったエプロンを外しながらアルジュナへと近づいてくる。カウンター席のアルジュナとビリー以外に客は居ないので、平日の昼間とはとんだ優雅さである。

「どうせだから教えなさいな!」
「構いませんが」
「うわ、絶対後悔するよ」
「どういう意味よ!」

エリザベートがビリーに食って掛かろうとする中、アルジュナは自分の小さな鞄の中から、二つの鈴を取り出した。アルジュナの手のひらと比較しても随分と小さく見えるそれは、クルミ程度の大きさだろうか。それにはそれぞれ青と赤のリボンが着いており、長い輪になっていた。

「では、立っていただいて」
「えぇ!」

カウンター前の通路をランウェイと仮定し、二人は並び立つ。

「これを耳にかけます」
「へ?」
「最初ですし片方だけで」
「うん?」

アルジュナはリボンの輪の部分をエリザベートの耳にかけ、手を離した。鈴がチリンと涼やかな音を立てる。

「では最初に姿勢から。視線はまっすぐに。顎は少し引いてください。頭の上から引っ張られ、一本の紐でつられているイメージで背筋を伸ばしましょう」

アルジュナはトン、とエリザベートのつむじに触れ、次いで肩に軽く触れた。もう少し肩甲骨を前に、という言葉に従って、在りざべーとはぴんと姿勢を正した。

「はい、宜しいですよ。ではそのまま歩幅を五十センチに固定したまま」
「へっ!?ご、ごじゅっ!?」
「BPM120ですから、一秒に二歩出すスピードで歩きましょう」
「いちびょう…?」
「それからその鈴は鳴らさないように」
「ナニソレーッ!?」

エリザベートが怒涛の情報量に混乱を顕わにすると、アルジュナは顎に手をあててふむ、と首を傾げた。ちょっと、と思わず横からビリーが口を挟む。

「あのねぇアルジュナ、素人さんにポンポン求めてもできないって。それは君のトレーニング法だろ?」
「えぇ、まぁ」

さらりと頷くアルジュナに、ビリーは顔をしかめる。これはちっとも、何が悪いのか分かっていない顔だ、と思いながら。

「だからね、君は努力したからそういうことができるようになったわけ。最初からできてたんじゃないんだから、他人にもそういうのも止めちゃいけないと思う」
「えっ…あ、はい、そう、ですね」

アルジュナは何度か驚いたように瞬きをし、エリザベートに向き直して、すみません、と頭を下げた。エリザベートは自分よりも三十センチメートル定規くらい高いところにある旋毛が降りてきたのを見て、やけに心が浮き立った。

「いいわよ!世界のアイドルエリちゃんだもの、アナタを専属のトレーナーにしてあげる。光栄に思いなさい!さぁやるわよ、最初はなんだったかしら!」
「鈴を鳴らさずに歩きましょう」
「ねぇそれホントに言ってる!?」

本当なんですけど、と困るアルジュナにわんわんと姦しいエリザベート。ビリーはわりと面白い組み合わせだよねぇ、と思いながら、ぬるくなったコーヒーを啜った。









同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉