ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:113 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
[削除]

夫婦漫才 ※未完

「浮気かっ!死なすど!」
「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」
「小春ぅ!」

お決まりのセリフが部室に響く。
今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたのが原因らしい。「小春に"あ〜ん"してもらうんは俺だけの特権やろが」……だそうだ。
あの二人も毎日飽きもせんとイチャコラやっとんな。
それに付き合わされる部員の身にもなってほしいところやけど、夫婦漫才に加わるのは関西人の性か、嬉しいもんがある。自分がおもろいと思ってることを自分も一緒にできるなんてな。
ただ、私がその夫婦漫才に加わったことは一度もない。
白石も千歳も謙也も師範も財前も小石川でさえも小春に絡まれるのだ。オサムちゃんにだって。なのにどうして私には絡んでこないんだ。


12月30日。
年内の練習も昨日で終わって、有志による部室の大掃除の日だ。
有志といっても、ほとんどが引退した三年生が今までの感謝を込めて行なっている。
ほぼ掃除も終わり、最後に部長がゴミを焼却炉に持って行って解散するのが通例らしい。

「もう他に捨てるもんはないな?焼却炉行くで」

右手に2つ、左手に3つゴミ袋を持った白石が聞いて回る。
よくそんな数のゴミ袋を一気に持てるな。これが男女の差か。

「蔵りん、アタシも行くわそんなたくさん大変やろ」
「ありがとう、小春。助かるわ」
「ほんなら俺も行く。小春を他の男と二人っきりにさせる訳にはいかんからな」
「小春にそんなつもりはないやろ」
「んもー!そんなん言うユウくんは留守番しとって。蔵りんと二人っきりになりたいの」
「はぁ?浮気か!」
「話をややこしくすんなや……」

小春はただの親切心から声をかけただけなのに、ユウジがいつも通り怒ってまた始まってしまった。
結局、白石とユウジで焼却炉に行くことで落ち着いて、大掃除は終了した。
そして、今年も私は絡まれなかった。どうせ最後や。聞いてしまおう。

「もう引退もしたから聞くけどな、何で私には絡んでくれんのよ」
「え?」
「ユウジとの夫婦漫才。いつも小春が部員にちょっかいかけて始まるやん。いや、さっきのはちゃうけど……」
「あらやだ!もしかしてアタシが絡まんからって、ヤキモチ焼いとったん?」
「ヤキモチかはわからんけど、みんなのことズルイとは思っとる」

仲間はずれにされとる気分や。
そこまで口にすると子供っぽいような気がするから心にとどめとく。

「ほんなら、今日でユウくんとのコンビは解散しまひょかね」

「来年からはアンタと組んで夫婦漫才しますわ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:てるい ジャンル:テニスの王子様 お題:遠いパイロット 制限時間:1時間 読者:107 人 文字数:1920字 お気に入り:0人
「あ、流れ星」「なんじゃ。見つけるの早いのう」満天の星空。それでも空で瞬く星にも負けない綺麗な銀色の髪が視界の端でひょこひょこと跳ねる。「仁王くんほんとは見つけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宙@立海待機 ジャンル:テニスの王子様 お題:灰色の春 制限時間:1時間 読者:169 人 文字数:2086字 お気に入り:0人
春が好きだった。 愛する草花が咲き乱れ、新生活に少し緊張した人々が街にあふれ、誰もが何かが始まると期待をする。そんな季節に生まれたことを、何度だって感謝した。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:テニスの王子様 お題:悔しい絶望 制限時間:1時間 読者:461 人 文字数:2839字 お気に入り:0人
※選抜合宿中の設定このところ、跡部が突っかかってこない。己を避けているようにも思う。事務的な会話はする。挨拶だって普通に交わされる。けれど、ただそれだけだ。いつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:ひねくれた交わり 制限時間:1時間 読者:434 人 文字数:1153字 お気に入り:0人
(オリキャラ居たり周囲模造だったり)【ある意味では一蓮托生】とあるマンションの一室で最新型の大型テレビに写っている男は台所でパエリアを作っている。わたし、君島玲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クニムラ ジャンル:テニスの王子様 お題:運命の使命 制限時間:1時間 読者:909 人 文字数:2345字 お気に入り:0人
人には必ずやり遂げなければいけない使命がある。例えばそれは、家族を支えることであったり、何かで成功することだったり。人によって様々だ。 たまたま俺の使命は家を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クニムラ ジャンル:テニスの王子様 お題:儚い自動車 制限時間:1時間 読者:426 人 文字数:1989字 お気に入り:0人
財日: 夢だと思った。 俺は学ランを着ていて、バスに乗っている。しかも、何故だか隣には、財前がいた。 我ながら都合がいい。 俺は財前が好きだ。だからきっとこの夢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:テニスの王子様 お題:真実の芸術 制限時間:1時間 読者:653 人 文字数:1869字 お気に入り:0人
「……なぁ、こんなとこホンマえぇの?」「何度も言わせんな。良いに決まってんだろ」キョロキョロと所在なさげに当たりを見回して不安そうな表情を浮かべる忍足に、半ば呆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:テニスの王子様 お題:遅すぎた宇宙 制限時間:1時間 読者:762 人 文字数:1104字 お気に入り:0人
「綺麗だな」「!う、うむ」突然降ってきた声に、不覚にも驚いてしまった。合宿中の、気を休めることのできる夜の一時。自主トレを済ませた後、何とはなしに外へ出て星空を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つおか ジャンル:テニスの王子様 お題:どうあがいても職業 制限時間:1時間 読者:508 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「ほら千歳、そろそろ閉館時間になるさかい、帰んで」「あ、うん。ちぃと待ってくれんね、今片付けるけん」自分たち以外誰もいないというのに、自然と小さく潜められた白石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかし三世 ジャンル:テニスの王子様 お題:過去の衝撃 制限時間:1時間 読者:679 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
夜、駅のロータリーで、タクシーを待っていた。久しぶりに帰国した日、ちょっと用事があったから、空港から直接向かってその帰り。人気のない小さな駅に駐屯のタクシーはい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉