ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:1364字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者

「カルナよ、この者は何だ」
「パーティの同伴者だ」
「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」
「あぁ」
「……………こ奴がか?」

いつもの高笑いと威風堂々とした物言いはどこへやら。ファラオという通称で親しまれている編集社の社長、オジマンディアスはたっぷり時間をかけてそう問いかけた。視線の先には、カルナの横でぴっと姿勢を正していながら緊張を隠せていない少年の姿。

「こんばんは、アルジュナと、もうします!」

ぺこりと綺麗なお辞儀をされ、つい「良い」と手で制したものの、その意味すら分かっていないようで首を傾げられてしまったためにわざわざ「気にするな、という意味だ」とまるでカルナのように言い直すことになってしまった。何故余が二度も同じ文言を口にせねばならぬのか!とカッと両目を見開けば、視線上に居たアルジュナが大きく体を震わせた。

「カルナ、やっぱり、だめだったんじゃないですか」
「何故だ。オレはお前をパートナーとして連れてきた。堂々としていればいい」
「だって、こどもはひとりもいませんよ」

今夜の授賞式はカルナの「謝罪探偵すまないさん」が本屋大賞を取った祝いの場である。そこに、噂はかねがねのカルナの婚約者を連れてくるがいいと言い放ったのがオジマンディアスであり、すんなり頷いたのが当のカルナであった。
アルジュナがもじもじと所在なさげに小学校の制服の半ズボンから覗く膝をすり合わせていると、オジマンディアスが眉を寄せる。

「では何だ。婚約者というのは詭弁であったと?余に虚を紡ぐなどと物書きの風上にも置けぬ愚弄よ!」
「婚約者だ」
「ん?」
「今回書いたシリーズが、こいつが十六になるまで続いていたら結婚してくれるというのでな。婚約者になった」
「……………ほう?」

オジマンディアスはアルジュナとカルナとを交互に見やり、カルナの言っている意味が分かっているのかそれとも緊張で聞こえていないだけなのか分からないアルジュナの幼い双眸を覗き込もうとした。が、それは他でもないカルナの腕に遮られて止められる。

「やめてくれ。コイツは輝くものが好きなのだ」

その言い草といったら、今まで無表情無感動を貫き通してきたカルナとは思えないほどの(といっても、普通の人間と比較してみればそれは十分の一程度であろう)感情を顕わにしたものであった。オジマンディアスは、思わず「不敬であるぞ!」と叫ぶのも忘れ、呆気に取られてしまった。しかし次第に自分を取り戻していくうちに、ふつふつと湧き上がるものがある。それは例えば、新しい小説の一枚目を捲るような、得も言われぬ高揚と、他者の秘密を知ってしまったという、優越感と呼ぶにはいささか柔らかい歓喜。

「――いいだろう!赦す!しかしてカルナよ、お前たちの関係は隠しておけ!そして正式に結婚することになった暁には自伝を出せ!もちろん入籍記念日にだ!発売日を結婚記念日にして記者会見だ、良いな!!」
「承知した」
「カルナ?お話、まだ終わりませんか?」

こうしてアルジュナの知らないところで、十数年後の記者会見が決定した。ついでに言うと、カルナの物語ではない、初めてのエッセイが書籍化される未来まで決まってしまったことはまだ誰もが実感の無い予感としていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉