ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:1364字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者

「カルナよ、この者は何だ」
「パーティの同伴者だ」
「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」
「あぁ」
「……………こ奴がか?」

いつもの高笑いと威風堂々とした物言いはどこへやら。ファラオという通称で親しまれている編集社の社長、オジマンディアスはたっぷり時間をかけてそう問いかけた。視線の先には、カルナの横でぴっと姿勢を正していながら緊張を隠せていない少年の姿。

「こんばんは、アルジュナと、もうします!」

ぺこりと綺麗なお辞儀をされ、つい「良い」と手で制したものの、その意味すら分かっていないようで首を傾げられてしまったためにわざわざ「気にするな、という意味だ」とまるでカルナのように言い直すことになってしまった。何故余が二度も同じ文言を口にせねばならぬのか!とカッと両目を見開けば、視線上に居たアルジュナが大きく体を震わせた。

「カルナ、やっぱり、だめだったんじゃないですか」
「何故だ。オレはお前をパートナーとして連れてきた。堂々としていればいい」
「だって、こどもはひとりもいませんよ」

今夜の授賞式はカルナの「謝罪探偵すまないさん」が本屋大賞を取った祝いの場である。そこに、噂はかねがねのカルナの婚約者を連れてくるがいいと言い放ったのがオジマンディアスであり、すんなり頷いたのが当のカルナであった。
アルジュナがもじもじと所在なさげに小学校の制服の半ズボンから覗く膝をすり合わせていると、オジマンディアスが眉を寄せる。

「では何だ。婚約者というのは詭弁であったと?余に虚を紡ぐなどと物書きの風上にも置けぬ愚弄よ!」
「婚約者だ」
「ん?」
「今回書いたシリーズが、こいつが十六になるまで続いていたら結婚してくれるというのでな。婚約者になった」
「……………ほう?」

オジマンディアスはアルジュナとカルナとを交互に見やり、カルナの言っている意味が分かっているのかそれとも緊張で聞こえていないだけなのか分からないアルジュナの幼い双眸を覗き込もうとした。が、それは他でもないカルナの腕に遮られて止められる。

「やめてくれ。コイツは輝くものが好きなのだ」

その言い草といったら、今まで無表情無感動を貫き通してきたカルナとは思えないほどの(といっても、普通の人間と比較してみればそれは十分の一程度であろう)感情を顕わにしたものであった。オジマンディアスは、思わず「不敬であるぞ!」と叫ぶのも忘れ、呆気に取られてしまった。しかし次第に自分を取り戻していくうちに、ふつふつと湧き上がるものがある。それは例えば、新しい小説の一枚目を捲るような、得も言われぬ高揚と、他者の秘密を知ってしまったという、優越感と呼ぶにはいささか柔らかい歓喜。

「――いいだろう!赦す!しかしてカルナよ、お前たちの関係は隠しておけ!そして正式に結婚することになった暁には自伝を出せ!もちろん入籍記念日にだ!発売日を結婚記念日にして記者会見だ、良いな!!」
「承知した」
「カルナ?お話、まだ終わりませんか?」

こうしてアルジュナの知らないところで、十数年後の記者会見が決定した。ついでに言うと、カルナの物語ではない、初めてのエッセイが書籍化される未来まで決まってしまったことはまだ誰もが実感の無い予感としていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉