ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:589字 お気に入り:0人
[削除]

小さな一歩からコツコツと

電車とは…?なんだ?

私、霧雨魔理沙は思った。
この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。
「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人を乗せてすげー奴」
「でもさあ、私ら飛べるじゃん」
「そーだけど」
河童、河城にとりは言葉を返す、
「これを使えば多くの荷物を載せて運べるから、空飛ぶより便利だよ!」
「それはいいな、もうけの匂いがしそうだ」
一人あたり300円ぐらいで乗せてそれで神社とか山とか森とか行けるようになればいい商売になると思う。
ただな…、

「お前この小さいのでどうやって人を運ぶんだ?」
「そうなんだよ」

目の前にあるのは小さい模型
なんというか人を運ぶどころかチルノがのったら潰れそうなサイズ。
いや踏み潰すくらいの小ささだった。

「私は乗れるけど」
針妙丸
「わかったから帰ろうな」
とりあえず私はこの小人にお帰りいただいた。

「さてこれをどうやって商売に転嫁するか何だが」
「仕方ないだろーこれはサンプルなんだから、でかいサイズになると材料とかが足りないんだよー」
河童はぼやいている。
「でもさ、これでも商売になると思うぜ」

人里に、河童と魔法使いの妙な見世物が出来たという。
なんでも電動で動く箱がレールの上でぐるぐる回っているものだというのだ。
拝見料に100円取ったそうだが、まあ、そこそこ売れたらしい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
縁の下の蚤 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:優秀なピアノ 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:535字 お気に入り:0人
幻想郷のどこかしらで開かれる妖怪たちの演奏会には、わたしたちプリズムリバー三姉妹はほとんど必ず参加していた。 もともと騒ぐしかないポルターガイストとして生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
虫意 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:箱の中の戦争 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:546字 お気に入り:0人
浅い木箱に虫を入れて闘わせる遊びが、妖精たちのなかで流行っていた。「いいなぁ……あんたら三匹は」 拗ねるような口吻でチルノは言った。あんたらと呼ばれたサニーミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新聞と風 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:彼が愛した夜風 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:558字 お気に入り:0人
外の世界が辛気くさい世の中になるにつれ、となり合わせの幻想郷は娯楽に満ちていく。反対に外の世界が長閑さをとり戻したときは、代わりに幻想郷が物騒な空気につつまれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
膿脂 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:黄金の目 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:612字 お気に入り:0人
みんなが言うから――あの子はこころを閉ざしたんだとか、意識の外に住みはじめたとか、そういう風に言うから、戻りにくくなった。もとの覚妖怪としての生活に戻りにくく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽根突き ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:免れた顔 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:624字 お気に入り:0人
正月になるとしみったれた旧地獄の妖怪たちもすこしは明るくなり、溺れ死ぬように酒に酔いながら夜通し遊んだり語り明かしたり――もっとも旧地獄に陽は出ないが――しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉