ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:589字 お気に入り:0人
[削除]

小さな一歩からコツコツと

電車とは…?なんだ?

私、霧雨魔理沙は思った。
この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。
「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人を乗せてすげー奴」
「でもさあ、私ら飛べるじゃん」
「そーだけど」
河童、河城にとりは言葉を返す、
「これを使えば多くの荷物を載せて運べるから、空飛ぶより便利だよ!」
「それはいいな、もうけの匂いがしそうだ」
一人あたり300円ぐらいで乗せてそれで神社とか山とか森とか行けるようになればいい商売になると思う。
ただな…、

「お前この小さいのでどうやって人を運ぶんだ?」
「そうなんだよ」

目の前にあるのは小さい模型
なんというか人を運ぶどころかチルノがのったら潰れそうなサイズ。
いや踏み潰すくらいの小ささだった。

「私は乗れるけど」
針妙丸
「わかったから帰ろうな」
とりあえず私はこの小人にお帰りいただいた。

「さてこれをどうやって商売に転嫁するか何だが」
「仕方ないだろーこれはサンプルなんだから、でかいサイズになると材料とかが足りないんだよー」
河童はぼやいている。
「でもさ、これでも商売になると思うぜ」

人里に、河童と魔法使いの妙な見世物が出来たという。
なんでも電動で動く箱がレールの上でぐるぐる回っているものだというのだ。
拝見料に100円取ったそうだが、まあ、そこそこ売れたらしい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:卑人 ジャンル:東方Project お題:わたしの好きな天国 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:568字 お気に入り:0人
世界が変わったあの日の事さえ忘れたのだから、私は、何一つとして物を憶えることなんて出来ないのだろう。あるのはぼんやりとした記憶。変わる前の世界。今とは明確に異 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:軽い殺し屋 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:868字 お気に入り:0人
「っは、はぁあ、はぁっ…!!」やけに大きく聞こえ、いつもと違う場所から出てくるような呼吸は、いつまでたっても止まらないのではと思ってしまうほど長く続いていた。当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:賢い昼下がり 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:865字 お気に入り:0人
「幽々子、貴女は、死というものをどうとらえるかしら?」唐突とも言えるタイミングで私は幽々子に問いかけた。幽々子はお団子を食べていた手を止め、数秒視線を上に向けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:1000の兄弟 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:801字 お気に入り:0人
どうするんだこの状況。突然ですが私、鈴仙・優曇華院・イナバは_____…今、1000人の兄弟に囲まれています。「なんっっですかこの状況?!訳分かんなすぎますよ師 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:不思議な血 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:723字 お気に入り:0人
どうして、私はここにいるのだろう。足元にじくじくと流れる血は、馬鹿みたいに止まらない。その血を、そっとすくいあげてみる。指の隙間からぽたぽたと紅い液体が滴る。怖 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:70 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
「はい、あーん」「ん、あーん」 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。「ごしゅじんさま、おいしい?」「……ああ、おい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ドリフェス! お題:人妻の喜劇 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
こんにちは! 今日も『ちょっとラジオでも聞いてよ、佐々木純哉!』のお時間です。 パーソナリティはもちろんこの俺! DearDreamの黄色担当、佐々木純哉です 〈続きを読む〉