ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:435字 お気に入り:0人

みだれとさにわ



「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」

やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。

「ちょっと待ってよあるじさん〜、極短刀部隊に単騎で突っ込んで瞬殺されたボクのことは忘れちゃったの?」

おかげで服がボロボロになっちゃったよ!とぷりぷりする乱藤四郎であったが、その身には傷一つ見当たらない。
演練中にどれだけ衣服が破れようが、大きな傷を負おうが、終了してしまえば瞬時に修復されるためだ。

「ううっ、ごめんよ乱、私が不甲斐ないばっかりに大変な目に遭わせしまって…。
まさか寝ぼけて万屋でなく演練に出てしまうなんて自分でも阿保だと思うよ…」
「それはもういいよ、そんなに自分を責めてちゃかわいくなくなっちゃうよ?
気を取り直して、甘味屋にでも行こう?」
「う、うん…今日は奢るね、何でも食べていいよ!」
「待ってました!前から気になっていたお店があったんだよね〜」

そう言って、乱は審神者の手を取り歩き出した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている妹 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:2910字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑!」「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:楽観的な正月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1203字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにあるわけじゃ……」「ちょーぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:素人の墓 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:458字 お気に入り:0人
死を迎えいれるための儀式なのだという。墓をたててみた。枯れ木を土に挿したみすぼらしいものだ。「すまんな、せめて花でも咲いていればよかったんだが」ソイツの欠けたカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の小説練習 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:413字 お気に入り:0人
この手記を見るものがいるとすれば、僕はもう現世にはいないのだろう。そんな書き出しから始まる和綴じの冊子をめくり、僕ら拳を握った。「知ってたのかな…自分が長くない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:勇敢な奈落 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:266字 お気に入り:0人
初めはなんとも思っていなかった、なんて言葉はいろんな物語でも、馴れ初め話でもよく聞くものだ。自分が言うなんて考えもしなかったし、使いたいとも思っていなかった。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:人妻の孤島 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:499字 お気に入り:0人
真っ白な雪の中で兄者が笑っている。あどけなく。顎をあげて大笑いするような形で。そこらの童がそうするような顔で。寒さに頬を染め、鼻も赤い。口を大きく開けているから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:生かされた痛み 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:612字 お気に入り:0人
この本丸に顕現した日の事をおぼえているだろうか、と、珍しくも自ら会話の口火を切った山姥切国広の白布の影になった目元を見やって、燭台切光忠は隻眼を瞬かせた。「随分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る冥界 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:189字 お気に入り:0人
我が身である筈の刀を、人の形の腕で振るう。何度経験しても不思議なことだと思う。敵の肉を切り裂くその感触は全身を覆うようでありながら、実際は右腕に伝わってくるだけ 〈続きを読む〉

深海の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:深海 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:435字 お気に入り:0人
「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。「ちょっと待ってよあるじさん 〈続きを読む〉