ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:435字 お気に入り:0人

みだれとさにわ



「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」

やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。

「ちょっと待ってよあるじさん〜、極短刀部隊に単騎で突っ込んで瞬殺されたボクのことは忘れちゃったの?」

おかげで服がボロボロになっちゃったよ!とぷりぷりする乱藤四郎であったが、その身には傷一つ見当たらない。
演練中にどれだけ衣服が破れようが、大きな傷を負おうが、終了してしまえば瞬時に修復されるためだ。

「ううっ、ごめんよ乱、私が不甲斐ないばっかりに大変な目に遭わせしまって…。
まさか寝ぼけて万屋でなく演練に出てしまうなんて自分でも阿保だと思うよ…」
「それはもういいよ、そんなに自分を責めてちゃかわいくなくなっちゃうよ?
気を取り直して、甘味屋にでも行こう?」
「う、うん…今日は奢るね、何でも食べていいよ!」
「待ってました!前から気になっていたお店があったんだよね〜」

そう言って、乱は審神者の手を取り歩き出した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
反省帰路 ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいライオン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:508字 お気に入り:0人
「負けたーー!!!くっそーーー!!」「はははっ、気にするな獅子王」「気にするっての!五戦五敗だぞ?」演練の帰り道はいつも反省会だ。模擬戦闘といえど勝敗は微々たる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:無意識の兄弟 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:774字 お気に入り:0人
ディープゲーマーお供の狐コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐さんと共にいる時は己がやるべき使命のように、彼の気持ちを汲みとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの狐 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:466字 お気に入り:0人
コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐と共にいる時は己がやるべき使命のように、鳴狐の気持ちを汲みときに言葉を添えてときにただ寄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の死 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:467字 お気に入り:0人
バーーーーン!!!と激しい音楽に包まれ、煽る照明、きらめくペンライト。黄色い悲鳴を全身に浴びたコンサート。目を閉じればつい昨日のことのように感じるが、それらはも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:女の民話 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:607字 お気に入り:0人
昔々、あるところに人魚のお姫様が居りました。お姫様はおてんばで、言ってはいけないと教えられている海の上へ、時々、こっそりとでかけておりました。ある日、お姫様はま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
清光の手紙 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:恋の作家デビュー 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:463字 お気に入り:0人
拝啓、主へ……「あ~~もうダメダメ!!」加州清光は書きかけの和紙をぐしゃぐしゃに握りつぶし、ぽいっと、背後のくずかごに向かって放り投げた。屑籠からは同じようにぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と駄洒落 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「寝耳に水」「あっつ!!!!!!!」明石は唐突に押し付けられた熱い物体を耳にのせられ驚いた。「あっちょっと国行暴れないでよ」「や、暴れたなくとも驚きますやん;」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

深海の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:深海 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:435字 お気に入り:0人
「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。「ちょっと待ってよあるじさん 〈続きを読む〉