ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:694字 お気に入り:0人

「アイツがやるなら俺だってやれる!」 ※未完

ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…

乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。

「待て」
「ちっ」
「こら、愛染」

もう少し押せばいけるとでも思っていたのか、愛染国俊は審判役の歌仙兼定の声に舌打ちした。
もちろんそれをたしなめたのも歌仙だが、実力不足と見たわけではない。
刀剣男士には、体感として戦闘に対する知識や教養は刷り込まれているようだが、その利用配分はそれぞれの自由だ。
そして今は稽古中でありわざわざ崩すのを良しとするのが最良、という場面でもない。膠着状態は型として実に雅ではないからだ。

「力圧しも悪かーねーが、お前くらいの体格なら交わしてから懐で、こう、よっ」

対戦相手の同田貫正国は、木刀を短めに持ちなおし今しがた斬り結んでいた体勢からのコンパクトな胴切りを再現し愛染をみる。

「ふいをついた短距離で一撃のほうがいいんじゃねーの?」
「わ、かってるよ!」

ぶっきらぼうに返す愛染の苛立ちに歌仙は首をかしげた。

「どうしたんだい。何か心乱すことでもあったかな?」

己を律するという点で、試合形式の審判を採用した審神者の考えは特に間違いではない。
現にこうして心穏やかでない愛染を浮き彫りにすることができた。

小さく唸る彼を歌仙と同田貫はじっくりと待つ。
観念したのは愛染のほうだった。

「この間、太鼓鐘と同じ隊で出陣してさ…」
「ああ、あいつか」
「アイツ、すっげー早い動きで敵を切り倒して、腕なんか阿修羅みたいにいっぱいあんじゃねーかってくらい…」
「ううん…しかし、君と彼では

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:戦争と霧 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:500字 お気に入り:0人
遠くで銃声や大砲の音が聞こえる。周りは倒れて動かない兵士ばかり。森の中、俺の主は気絶してるだけ…だと信じたい。けど、もう俺は駄目みたい…刀身がボロボロでもはや使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
巴形薙刀 ※未完
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの即興小説 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:2016字 お気に入り:0人
「おもい………………」ふと、こぼれた。「重い、」ああ、ほんとうに。このままつぶれて、この地面をつきぬけて、どこか、じごくのような場所へ行けたらいいのではないか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:長谷部の主 ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし狂気 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:797字 お気に入り:0人
男の子ってなにでできてる?女の子ってなにでできてる?男も女も関係なく、肌を裂けば醜く汚い血肉が色と熱を孕んでいる。人体というものを、理科の教科書でその肌の下をの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:345 ジャンル:刀剣乱舞 お題:夜と何でも屋 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:744字 お気に入り:0人
数十もの刀剣男士が集う大所帯の本丸が寝静まった丑三つ時に、僕の副業は始まる。「青江さん、ちょっといい?」「何かお困りごとかな?乱」淡い髪色の稚い顔をした青の目が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すず ジャンル:刀剣乱舞 お題:生かされた貯金 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:1063字 お気に入り:1人
(つるいち)刀剣男士とは、歴史修正を目論む輩から正史を守るため、審神者によって肉体を与えられた、刀の付喪神のことである。体裁としては神が人に力を貸しているわけな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:長谷部の主 ジャンル:刀剣乱舞 お題:いわゆる接吻 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:685字 お気に入り:0人
「貴様ら、騒ぎ立てるのもいい加減にしろっ!燭台切、貴様が居てどうしてこんな事になってるんだ!」わいのわいのと騒ぐ飲み会の中、訪れた長谷部の怒号が響く。そんな事も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:長谷部の主 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない使命 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:961字 お気に入り:0人
主からの使命は、すなわち主命である。それを叶える事、遂行する事が家臣として、いや、近侍としての役割である。近侍として、捨てられない為にも、大事な事なのだ。息を可 〈続きを読む〉

やすひと。の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:694字 お気に入り:0人
ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。「待て」「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:去年の夜 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:413字 お気に入り:0人
「こたつサイコー…」今日の実務を終えた夕方、早々に広間のこたつにダイブした審神者はとろける餅のようにへばりついていた。先客には太鼓鐘貞宗と物吉貞宗。「お疲れさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純粋な願い ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の味 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:391字 お気に入り:0人
刀剣破壊ネタ 「思ったより呆気ないもんだな…」土手っ腹に空いた穴にふれ、かすれてしまう声はそう言っていた。「…そうかな」僕の声も負けず劣らず掠れてる。骨を断つ一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とてつもない微笑み 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:820字 お気に入り:0人
「かっこいいなぁでも僕の方がよりかっこいいなぁ」とてもにこやかに話しかけてきたのは、堀川国広だった。身内びいきをかましてきていい笑顔だ。こいつはたしか…さっきま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:茶色いおっさん 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:403字 お気に入り:0人
「刀剣男士って本当に色とりどりだなぁ」「なんです?いきなり」なんとなくこぼれた、とため息の様にこぼす。宗三左文字は愚痴をこぼされたのかと思ったほどだ。縁側でくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:女同士の帰り道 制限時間:1時間 読者:114 人 文字数:1060字 お気に入り:0人
「女人、入山を禁ず。その掟を破ることはとうとう叶いませんでした。姉と妹は山の頂に見える寺を見上げ彼の健勝を祈り、当てのない旅路を進むことになるのです」「そんな! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:燃えるところてん 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「わー美味しそう!」「俺腹へってんだけどなぁ」手合わせから帰ってきた乱藤四郎と同田貫正国は食卓にのせられたところてんの準備を見てそれぞれの反応を示した。「先程試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の流刑地 制限時間:2時間 読者:273 人 文字数:2288字 お気に入り:0人
区画された都市から離れると、やっぱり思う。今では失われたと言える自然群生の木々が広がってる景色が、従来の、本来の、地球のあるべき姿なんだろうなって。オレは目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:未熟な外側 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:540字 お気に入り:0人
遠戦で一際大きく被害をこうむったのは蛍丸だった。万全だったはずの初戦にこうも傷つけられるとは・・・たったそれだけで隊に動揺が走った。同期の中でもたくさん誉を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄金の警察官 制限時間:30分 読者:239 人 文字数:568字 お気に入り:0人
(対審神者に向けて) 刀装が意思を持っていると君は知っていたか?俺は知っていたぞ! ついこの間からだがな!なんだ、うらやましい目かそれは。そうだろうそうだろう。 〈続きを読む〉