ジャンル:テニスの王子様 お題:黒いアレ 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:1430字 お気に入り:0人

忍足侑士と幽霊のアレの倒し方

(オリキャラ居るよー)

【忍足侑士と幽霊とのあれやこれ】

U-17の合宿所にて忍足侑士は散歩をしていた。
片手には雑誌を持っている。この雑誌はU-17の施設にあったものだ。無料配布されている通販雑誌であるが、

『暇そうですね。ユーシ』

(寝付きが速いんやて……俺の部屋)

知っています、と忍足にしか聞こえない声がする。
幽霊(レームレ)。
去年、電車の事故に遭いかけた忍足と出会い、魂の半分を共有している存在だ。そうなったのは事故の影響らしいが、
見た目は二十代ぐらいの青年で柔和な笑みを浮かべている。
合宿所は四人一組の相部屋なのだが、忍足の部屋は神尾アキラと従兄の忍足謙也とリチャード・坂田だが、
この部屋のメンバーは忍足が謙也と親戚だから入れられたような気がしないでもない。

『散歩は控えめに。明日も速いんですから』

解っている、と忍足は心中で返し、自室に戻ろうとした矢先、

「うわあああ!!」

通りかかった部屋から悲鳴が聞こえた。

「今の声……切原……?」

『……海藻頭の彼ですか』

海藻頭。と幽霊が表現する。おかしくなり笑う前に部屋の扉が開き、そして、



「で、お前、黒いアレを倒したら、さらに悲鳴があがったと?」

「すまんなぁ。反射的に倒して……」

忍足は跡部景吾と逢っていた。別の部屋にて事情聴取中だ。

『僕が悪いんですけど』

(お前は悪くないわ。幽霊。部屋の片付けしとらん。ワカメが悪い)

こうなった原因は切原赤也にある。切原赤也は桃城武、海堂薫、財前光と同室であり、切原は切原で
部屋で間食ばかりとしていたらしい。お菓子の食べかすが残っていた。
それによって出たのだ。アレが。
黒いあの生き物。ゴキブリだ。
部屋に出たため切原は叫び、桃城達他の二年にも伝播し、部屋のドアが開けられ、
ゴキブリも部屋を出たときに忍足と出くわし、忍足はそのゴキブリを見てから、危険となったとき、
『手を借りますよ。ユーシ』
と幽霊が忍足の腕を動かして雑誌も動かして、手際よくゴキブリを叩いた。
殺したのである。
倒したでもいい。
余りの手際の良さに二年組は黙り、忍足は忍足で雑誌を持ち上げたら大惨事と考えたら、
さらに切原が叫んだ。

「切原の奴は、真田に怒られて部屋の片付け中だが、海堂とか潔癖らしいけど、出るもんなんだな。あれ」

「出るらしいなぁ……俺も部屋の片付けは気をつけんと。アレは一匹おったらその倍おると想えみたいな」

「恐ろしいな……」

跡部が言う。あの生き物を好きな者は百人居れば一人居れば良い方だと忍足は考える。

「すみません。忍足さん、アレを倒してくれたのに叫んで……」

「赤也!! 食べこぼしも今度はちゃんと片付けるのだ」

切原と真田が来て、切原が謝ってくれたが、アレに叫ばない者は居ないと言うか、なんというか、
真田によって片付けが厳命されている。

「財前が余りの倒し具合に動画にして、アップしたって」

「せんといてや……」

忍足は頭を抱えた。こういうのは許可が欲しい。

「またゴキが出たときは忍足先輩に」

「赤也!!」

『……数匹はどうにか出来ますが、さすがに何処かの漫画やゲームのような大……』

(やめんか。幽霊。さすがに俺も気分が悪いで)

忍足は幽霊を止めつつ、真田が赤也にげんこつを降ろす様子を確認しながら、
想像を振り払うように深呼吸をした。


【Fin】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッピー野郎木偶捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:平和と神話 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:2651字 お気に入り:0人
※乾海、お題「とてつもない駄作」 乾特製スペシャルドリンク――通称『乾汁』。 一部の特殊な味覚を持つ人物を除いて、乾汁を知る大多数の者は苦手意識、ひいては恐怖心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:テニスの王子様 お題:興奮した君 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:1285字 お気に入り:0人
「ふーん、やるじゃん」 そう言って、越前はラケットを左手に持ち替えた。この瞬間が一番ぞくぞくする。プロのテニスプレイヤーを本気にさせたことの証明だから。まだ夏本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッピー野郎木偶捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:男同士の花 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:686字 お気に入り:0人
※ジロひよ 芥川さんはたんぽぽのような人だ。 こうして春のあたたかな日を浴びて、草間に紛れるように眠っている姿を見ると特にそう感じる。周りに咲いているたんぽぽも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:潔白な宿命 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:726字 お気に入り:0人
俺の、宿命。それは、汚い手を使わずに彼を護ることだけ__けれども、俺は抱いてはいけない感情を、彼に抱いてしまった。「謙也さん、おはようございます。」いつものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の姫君 制限時間:30分 読者:278 人 文字数:1201字 お気に入り:0人
静かな放課後の教室。そっと覗いてみると、一人だけ、座っている人がいた。「財前。」優しく声を掛けると、顔を上げる少年。財前光。俺の後輩であり、ダブルスのペアであり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヨシノ ジャンル:テニスの王子様 お題:今の幻覚 制限時間:30分 読者:328 人 文字数:544字 お気に入り:0人
※喜多室 この室町は幻覚かもしれない。 胸の中でだけで呟いたつもりが口に出ていたらしく、「やめるぞ」という声が聞こえてきて慌てて制止する。「やだやだ、やめないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:素人の小説上達法 制限時間:30分 読者:382 人 文字数:1266字 お気に入り:0人
「あー……」ざんざん降りの外の様子を家路へと急ぐ生徒の声で騒がしい教室の窓から眺める彼は、口から呻きとともに大きなため息を漏らした。雨は嫌いだ。少しの雨なら多少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:許されざる消費者金融 制限時間:30分 読者:279 人 文字数:1295字 お気に入り:0人
消費者金融「山吹」の朝は早い。とはいっても、構成員が構成員なだけに人が集まりだすのはせいぜい昼過ぎなのだが、それに異議を申し立てるとそいつは知らず知らずのうちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
イチゴの雨 ※未完
作者:男村@テニミュ行きたい ジャンル:テニスの王子様 お題:素晴らしい秋雨 制限時間:30分 読者:352 人 文字数:1205字 お気に入り:0人
秋に、唐突に学校へやってきたのは聖ルドルフ学院という学校の生徒だった。ひとつ年上の中学三年生。精練された雰囲気をまとったとても美しい人だった。「不二、裕太くんで 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:135 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:87 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:疲れた、と彼女は言った 必須要素:美容整形 制限時間:1時間 読者:130 人 文字数:867字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【綺麗になるために】「疲れた」「本っ当にすみません!! 椿さん!」大阪城。城下にある古い神社にて島左近はこの神社の主である御巫椿に謝った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:正しいお尻 必須要素:村上春樹 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:359字 お気に入り:0人
(現パロで晋面子)【あうあわない】「鍾会様」とあるクラスにて帰ろうとしていた鍾会に会いに来たのは梁紫緒、鍾会の家の居候だ。ある日突然、兄が連れてきた少女だ。教室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:淡いぷにぷに 必須要素:100字以内 制限時間:2時間 読者:137 人 文字数:129字 お気に入り:0人
【ふじゆうたのおやつ】(たいとるぬいて100文字以内)冷蔵庫に自分用とでかでかと書いておいてあった紙箱を不二裕太は手に取ると中身を皿に移した。「ババロア」人気店 〈続きを読む〉