ジャンル:モージュナ お題:暑いサーブ 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:1319字 お気に入り:0人

【モ+ジュナ】よろしくお姫様!2

「――っし、行くか!」
「しばしお待ちを」
「アァ?」

モードレッドに手を引かれて立ち上がったアルジュナはくるりと周囲を見回し、近くにいた女生徒へ微笑みかける。

「これを、洋裁専攻のカルナへお渡しいただけますか?」
「はっ、はいっ!」

ぴっと背筋を伸ばしながら返答した女生徒の顔はみるみるうちに赤くなり、アルジュナが、では、と背を向けた途端、その場が黄色い歓声に満ち溢れた。
モードレッドはうげぇ、と苦虫をかみつぶしたような顔をしたが、アルジュナは平然としている。見目が良いのは理解している(というと語弊があるが、アルジュナは自分の見目をそこそこ、程度に認識している)し、それを利用することも悪とは思わない。特にカルナへ再び近付くくらいならば荷物を丸ごと捨てても良い、とも考える。

「しかしどちらへ?」
「決まってんだろ、作戦会議すんだから秘密基地だよ!」
「ひみつきち」

ずんずんと進むモードレッドは、まるでモーセのように人垣を掻き分けていく。ぐるりとアルジュナが人混みを見回しても、皆、モードレッドに視線を向けている。アルジュナが注目されないのは久しぶりのことだ。アルジュナはモードレッドの、揺れる後れ毛を眺めながら心の中でモードレッドの認識を改めた。

「んで? 忘れ物は?」
「はぁ。カルナの首くらいでしょうか」
「早く言えよ!取り損なっちまったぞ!くっそ、今から行くか」
「ちょっとお待ちなさい、本気ですか?」
「はぁ!?本気じゃねーなら首なんざ望むんじゃねーよ!」

モードレッドの言い分に、確かにと軽く納得しつつ、アルジュナは手を引かれたまま駐輪場まで歩いてきた。
そしてモードレッドは自分のジャケットの裏から鍵を取り出し、一台のバイクに近付く。バイクに詳しくないアルジュナでもひときわ目を引く、フォーシリンダーの998cc。四つのマフラーと、全面に目の覚める太陽の色が広がる、真紅を隠さないボディ。

「おら、乗れ」
「え、えぇ…」
「横に乗んな!ガキがチャリ乗ってんじゃねーんだぞ!メットかぶれ!」

おそるおそると腰を下ろせば姿勢から正され、ぐい、とフルフェイスのヘルメットを被せられる。初めての経験に、アルジュナの心臓のリズムが少しだけ早くなった。皆、アルジュナの身体に傷がつくのを厭うために、バイクに乗った経験が無いのだ。ギルガメッシュあたりに言えばハーレーを飛ばして高笑いと共にやってくるかもしれないし、確かアーラシュもバイクに乗っていた筈だ。

「おっと、王子様のお出ましか?」

モードレッドがニタリと笑った先、アルジュナも視線を向ければ、そこにはこちらへ走り寄ってくるカルナの姿があった。
知らず、前に乗ったモードレッドの肩を掴む手のひらに力がこもる。

「ハン!そこで指くわえて見てなァ!」

ハンドルを回して十秒で最高水準。謳い文句に相応しい加速度に、アルジュナの背にたちまち稲妻が走る。

「夜は短い朝は儚い!森は消えるし海は干上がる。夜でなくても人は死ぬ、朝になっても人は死ぬ!あばよ天才、オレの名前を憶えておけ!我が名はモードレッド、我が往くは覇道! すべての王道を蹂躙するものなり!」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉