ジャンル:カルジュナ お題:ラストは神話 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1843字 お気に入り:0人

【カルジュナ】洋裁専攻xモデル志望10

「行きたまえ。どのみちコンペティションが終わらなければ君たちの身の振り方も決まるまい。マリー、君に課した先日のショーの体感レポートがまだ未提出だ。提出日は四日後だが余裕を持つように」
「失礼しました、教授。翌朝には必ず」
「ナイチンゲール、衛生観念から鑑みる防護服の最新論文が届いている、図書室で受け取っておきなさい」
「ありがとうございます」
「アルジュナ、君には特に言うことはないが、先日参加してきたショーの写真が刷り上がっている。広報課がじきに訪ねてくるだろう」
「はい」

アルジュナは孔明の言葉に頷き、自分が着た服のことを思い出す。最新のショーであれば、春夏コレクションだっただろう。翌年はグレーを混ぜたパステルカラーが組み込まれているところが多いが、それとは別に目の覚めるようなブルーが流行色に指定された。花の都の一等地で指定される「流行色」がこうして海を越えて異国で共有されるというのは、些か不思議な心持ちになる。
特にアルジュナが着た服は縦プリーツが幾重にも編み込まれたターコイズブルーのシャツと、タイトなシルエットが美しいオフホワイトのパンツだった。色彩としてはありふれたパターンだが、アルジュナがそれを着て歩くということは、服の意味を形作ることだ。
誰かが込めた意志を汲み取って、自分の中で増幅させる。攪拌させ、反響させ、最も効果的なアピールをする。それが、アルジュナの、モデルとして歩く上で自分に課していることだ。

それでは、と三人が退室し、残るは下校のみということで解散をする。
アルジュナは二人を呼び止めるかどうか、僅かながら逡巡した。アルジュナが専門学校で出会った人物の話をするべきか否か。マリーやナイチンゲールならばまた違う視点から話を受け止めるだろう、ということはアルジュナにも理解できていた。だが、とアルジュナは自分の考えに没入しながら帰路を急ぐ。
見上げた星空の向こうがあるとは、どうしたって思えなかった。

さて、マリーやナイチンゲールとはそもそもの専攻科目が違う。マリーもナイチンゲールも制作側であるため、実習時間が多くなる。勿論、アルジュナのクラスでもウォーキング練習は常に行われているが、実習時間をどう組み込むかというのは座学のスケジュールに左右されている。

次の日も、アルジュナは一人で校内を歩いていた。
更に言うなれば、アルジュナは昼休みを利用していまから孔明の授業に使う資料を図書館へ借りに行こうと思っていたところだった。アルジュナの背後から、唐突に投げられた声。

「そなたがアルジュナか!」

えぇ、とできる限り穏やかな声を心掛けながらアルジュナは振り向いた。声には聞き覚えがあった。しかしここは短大。そこに現れた赤き皇帝は、記憶の中よりも随分と落ち着いた服を着ている。といっても、スカートがスケルトンでなくなっているくらいなのだが。
ネロは腕組みをしながら、ここが他校である、ということもおくびに出さずアルジュナの前で仁王立ちをしていた。その堂々たる姿勢に、思わず称賛の言葉を送りたくなる。


「何か私に御用が?」

「うむ。カルナが探し求めたトルソーの君が見つかったとの情報を得てな。なんとも噂は尾びれに背びれ。このまなこで確かめねば」

カルナ、カルナ。皆がこぞってアルジュナの背に密やかな声をぶつけているのを知っていた。が、ここまで面と向かって言われてしまうと否定すら許されず、アルジュナは曖昧に微笑んだ。

「余すらモデルとして不十分だと袖にしたカルナがな、男に着せるとあって黙ってはおれん。何しろ、あやつがコンペを通れば余が手を貸すと約束してしまったのだ」

「それは、御愁傷様です……?」

かくりと首をかしげるアルジュナに、むっとネロの唇が尖った。

「そもそもお主、余のことをちっとも分かっておらんだろう。これだから俗世の者はいかん! マリッジブルーというやつでもな、これは由々しき事態であるぞ!」
「……結婚しません」
「ふむ。では、言葉のあやとして受け取っておけ」

畏まりました、とアルジュナは目の前の皇帝に対して、どう言葉を選べば良いのか分からず曖昧な返答をした。しかしアルジュナの対応はどうやらネロの及第点をつけられたようだ。

「我が名はネロ! 学生の中でも抜きんでた存在感と、モデルまでを自分でこなしてしまうこの才能! 真紅の絨毯を歩く余を人はこう呼ぶ、夢薔薇の皇帝、ネロ・クラウディウスと!」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉