ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:639字 お気に入り:0人

オチは儀式?ってことで儀式してみた

「フランス?何?フランのこと?」
そう魔理沙は聞く。
「いや、外の世界の国のことです。」
咲夜がいう。
へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。
「で、そのフランスがどうかしたのですか?」
「…いや…アリスがフランスのことすげー色々言ってるから何かと思って…」
ここには霊夢、魔理沙、咲夜、妖夢がいる。
「そーいえばフランス人形みたいなのアリスが持ってなかった?」
霊夢が言った。
「かもね?…」
「魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙!!!」
熱い魔理沙コールが聞こえてきた。
「よう、アリス!どうしたんだぜ?」
「フランス人形がいないの!魔理沙知らない?」
「いや、私は盗んでないぜ。私が盗むのは本だけだぜ」
「そう…頑張れば魔法で探せなくはないんだけど…うーん…」
アリスがうなり始めた。魔法で探し始めたのだ。「いた!」
「竹林の方よ!ああ、行くのめんどくさい…絶対迷う…」
「私に任せろ!最近遠くのものを召喚する魔法を習得したんだ!」
「すごいです!!」
妖夢が楽しそうに呟いた。
「…待ってろ…」
魔理沙はブツブツと呪文を詠唱し始めた。
「まさか、魔理沙が召喚の儀式をできるようになったなんて…」
アリスが感心しながら魔理沙を見つめていた。
「きた!」
魔理沙が叫ぶ。
「そーれ!ほれ!フランス人形…だ?」
「竹林のとこの兎じゃない!…あはは、まあ、予想通りよ」
アリスが少し残念そうに呟いた。
「ちょっとー!召喚しといてなによー!」
兎…てゐがふてくされていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:禁断のサッカー 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:510 人 文字数:966字 お気に入り:0人
一人の禿頭の男が博麗神社の入り口に立っている。男は-他の多くのここに訪れる人間たちと同じように-非常に混乱した様子だった。元々気性が荒いほうなのか、時折奇妙な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:ぐふふ、スキル 必須要素:フランス 制限時間:30分 読者:386 人 文字数:778字 お気に入り:0人
私は人形。彼女に作られた人形。スキルのために彼女に作られた、思いを込められて、魔力を込められて、作られた人形。もしかしたら最初はそうではなかったのかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かじか@鮎掛鰍 ジャンル:東方Project お題:ぐふふ、スキル 必須要素:フランス 制限時間:30分 読者:428 人 文字数:444字 お気に入り:0人
「ぐふふ」「なんだよ魔理沙気持ち悪い」「探してたらレコードがついに見つかってな」「レコード?んー?……ふ、ふらんす……ぶるげげん?」「馬鹿、フランス・ブリュッヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:678字 お気に入り:0人
「探しているものがあるんだけど」そう言ってやって来たのは同じ天狗の姫海棠はたて。なんとも珍しい来客である。なんたって彼女はほとんど家から出てこないのだから。「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔生したユキ ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔生したユキ ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:影乃心 愛︰日恋 ジャンル:東方Project お題:マイナーな天国 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:778字 お気に入り:0人
「マイナーな……天国?」今日もいつものように竹林の中を散歩していた私は、とある一つの紙束を拾った。表紙にそうデカデカと記されたその一冊の資料は、随分とボロボロだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:ぐふふ、消しゴム 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:267字 お気に入り:0人
危険なキノコや危険な人形遣い、危険な普通の魔法使いなど様々な脅威が潜むこの魔法の森には、不思議な商店がある。しかも二つ。そんな奇特な店の一つを経営しているのが霧 〈続きを読む〉

月橋夜乃の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉