ジャンル:モージュナ お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1447字 お気に入り:0人

【モ+ジュナ】よろしくお姫様!3

モードレッドのバイクに揺られている間、アルジュナはカルナのことなど一切考えなかった。というよりも、考えられなかった。猛スピードで黄色信号を突っ切っていくモードレッドは背後を振り向くことすらせず。ただひたすらにバイクを走らせていた。
そしてしばらくバイクを走らせた後、急に減速し、一件の建物横で止まった。そこは赤レンガの外壁が珍しい小さなビルで、アルジュナを下ろしたモードレッドはビルの裏手側にさっさとバイクを止めて戻ってきた。そして地下への階段を迷いなく進み、ドアベルを鳴らす。その扉に「OPEN」というプレートが書かれていることで、ようやくそこが何かしらの店である、ということがアルジュナにもわかった。

「よう、邪魔するぜ」
「あらいらっしゃい!」

聞こえてきた声にはっとする。エリザベートが喫茶店用だろうか、赤いエプロンを着用しながらモードレッドに笑いかけていた。アルジュナに気付いたエリザベートは、ぱっと表情を明るくし、モードレッドに「彼氏!?」と聞いて殴られた。

「ちげーよ。次のモデル」
「ふーん」

一気に興味を無くしたらしいエリザベートは、慣れた様子で席へと案内する。喫茶店の中は、地下とは思えないやわらかな色合いと明かりに包まれていた。カウンターが十ばかり、テーブル席は二人席と四人席の混合だが、あわせて二十名程度がやっとだろう。小さな店内ではあるが、随所に置かれた小物や鉢植えが来店者の心を和ませることだろう。アルジュナはソファへ腰掛けながらモードレッドに向かって肩を竦める。

「私、貴方も知ってると思いますが無一文ですよ」
「知ってるっつの。オンナに財布出させるような真似はしねぇ」
「逆ではありませんか?」

アルジュナが頬に手をあてて、ほぅ、と息を吐くと、視界の端に見知った気配を感じた。視線をそちらに向ければ、エリザベートと同じデザインの、こちらは緑のエプロンをつけたロビンフッドが目に入った。思わずアルジュナの空気が固まるのを見逃すモードレッドではなかった。

「あ?知り合いか?」
「いえ……そこまで、親しくは」

ないです。と言いかけたアルジュナの唇を立ち止まらせるのはロビンフッドへの郷愁か、はたまた懺悔か。
ロビンフッドは過去に二度、アルジュナのことを救ってくれたことがある。サーヴァント時代ではなく、この人間の世で。
カルナと面と向かってやりあうことができず、雨の中へ逃げ出した先で過呼吸に倒れたアルジュナを拾い、服を与えてくれたのが一度目。校内でやはり呼吸困難になったとき、キスをして、人工呼吸だと言いくるめて温もりを分け与えてくれた。
アルジュナはロビンフッドの唇の温かさを知っているが、それだけだ。アルジュナはロビンフッドが恋多き男だという話くらい知っている。

「ふーん」

モードレッドはアルジュナの返答をどうとらえたのか、おもむろに立ち上がり、カウンターの奥でコップを拭いていたロビンフッドへ近づく。カウンターを挟んで対面する形になった二者の間に、静かな境界が生まれる。その境界を作るのは誰でもないアルジュナである、ということに、まだアルジュナ本人は気付いていない。

「オレの連れに何か用か?」
「……いいえ?」
「ならジロジロ見てんじゃねぇよ。見世物じゃねーぞ」

へぇ、とアルジュナは思った。おそらくロビンフッドも思ったのだろう。モードレッドはショー以外での評価は善し悪しに関係なく耳に入れたくないのだろう、ということは分かった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司*30315の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:モージュナ お題:彼女と絶望 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1817字 お気に入り:0人
「ったく、いつ来てもいけすかねぇ野郎だぜ」モードレッドはくるりと反転し、アルジュナの元へ戻ってくる。しかしモードレッドが戻ってくるより早く、アルジュナのソファ席 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい事件 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1128字 お気に入り:0人
※服飾パロでロビジュナが恋人同士で同棲してる久しぶりのゼロ泊三日チキチキ夜通しゲーム大会は、仲間内で一人だけ青春を謳歌しているロビンフッドの巣で行われることに決 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:モージュナ お題:灰色のボーイズ 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
「モードレッド、そこへ直りなさい」唐突なガウェインの言葉に、は?と眉を寄せたモードレッドは椅子の上で足を組んだ姿勢のまま声の主を見た。小春日和とも言える太陽光が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:カルジュナ お題:ぐちゃぐちゃの結末 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:2621字 お気に入り:0人
「お主の実力、測らせてもらおう!」アルジュナは逃げ出した。もう、これは受け入れられないと思ったからだった。しかし今回のネロはまたも違う分岐点のネロらしい。アルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:カルジュナ お題:寒い貯金 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:3185字 お気に入り:0人
翌日、アルジュナは今度こそ資料を取りに行こうと同じ時刻に図書館への道を急いでいた。ネロが現れたのは図書館がある西棟のロビーであった。そこを横目で通り過ぎ、四階に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:モージュナ お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1447字 お気に入り:0人
モードレッドのバイクに揺られている間、アルジュナはカルナのことなど一切考えなかった。というよりも、考えられなかった。猛スピードで黄色信号を突っ切っていくモードレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:カルジュナ お題:東京の母 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1439字 お気に入り:0人
「我が名はネロ! 学生の中でも抜きんでた存在感と、モデルまでを自分でこなしてしまうこの才能! 真紅の絨毯を歩く余を人はこう呼ぶ、夢薔薇の皇帝、ネロ・クラウディウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは神話 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1843字 お気に入り:0人
「行きたまえ。どのみちコンペティションが終わらなければ君たちの身の振り方も決まるまい。マリー、君に課した先日のショーの体感レポートがまだ未提出だ。提出日は四日後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:モージュナ お題:暑いサーブ 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1319字 お気に入り:0人
「――っし、行くか!」「しばしお待ちを」「アァ?」モードレッドに手を引かれて立ち上がったアルジュナはくるりと周囲を見回し、近くにいた女生徒へ微笑みかける。「これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*30315 ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:1364字 お気に入り:0人
「カルナよ、この者は何だ」「パーティの同伴者だ」「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」「あぁ」「……………こ奴がか?」いつもの高笑いと 〈続きを読む〉