ジャンル:モージュナ お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:1447字 お気に入り:0人

【モ+ジュナ】よろしくお姫様!3

モードレッドのバイクに揺られている間、アルジュナはカルナのことなど一切考えなかった。というよりも、考えられなかった。猛スピードで黄色信号を突っ切っていくモードレッドは背後を振り向くことすらせず。ただひたすらにバイクを走らせていた。
そしてしばらくバイクを走らせた後、急に減速し、一件の建物横で止まった。そこは赤レンガの外壁が珍しい小さなビルで、アルジュナを下ろしたモードレッドはビルの裏手側にさっさとバイクを止めて戻ってきた。そして地下への階段を迷いなく進み、ドアベルを鳴らす。その扉に「OPEN」というプレートが書かれていることで、ようやくそこが何かしらの店である、ということがアルジュナにもわかった。

「よう、邪魔するぜ」
「あらいらっしゃい!」

聞こえてきた声にはっとする。エリザベートが喫茶店用だろうか、赤いエプロンを着用しながらモードレッドに笑いかけていた。アルジュナに気付いたエリザベートは、ぱっと表情を明るくし、モードレッドに「彼氏!?」と聞いて殴られた。

「ちげーよ。次のモデル」
「ふーん」

一気に興味を無くしたらしいエリザベートは、慣れた様子で席へと案内する。喫茶店の中は、地下とは思えないやわらかな色合いと明かりに包まれていた。カウンターが十ばかり、テーブル席は二人席と四人席の混合だが、あわせて二十名程度がやっとだろう。小さな店内ではあるが、随所に置かれた小物や鉢植えが来店者の心を和ませることだろう。アルジュナはソファへ腰掛けながらモードレッドに向かって肩を竦める。

「私、貴方も知ってると思いますが無一文ですよ」
「知ってるっつの。オンナに財布出させるような真似はしねぇ」
「逆ではありませんか?」

アルジュナが頬に手をあてて、ほぅ、と息を吐くと、視界の端に見知った気配を感じた。視線をそちらに向ければ、エリザベートと同じデザインの、こちらは緑のエプロンをつけたロビンフッドが目に入った。思わずアルジュナの空気が固まるのを見逃すモードレッドではなかった。

「あ?知り合いか?」
「いえ……そこまで、親しくは」

ないです。と言いかけたアルジュナの唇を立ち止まらせるのはロビンフッドへの郷愁か、はたまた懺悔か。
ロビンフッドは過去に二度、アルジュナのことを救ってくれたことがある。サーヴァント時代ではなく、この人間の世で。
カルナと面と向かってやりあうことができず、雨の中へ逃げ出した先で過呼吸に倒れたアルジュナを拾い、服を与えてくれたのが一度目。校内でやはり呼吸困難になったとき、キスをして、人工呼吸だと言いくるめて温もりを分け与えてくれた。
アルジュナはロビンフッドの唇の温かさを知っているが、それだけだ。アルジュナはロビンフッドが恋多き男だという話くらい知っている。

「ふーん」

モードレッドはアルジュナの返答をどうとらえたのか、おもむろに立ち上がり、カウンターの奥でコップを拭いていたロビンフッドへ近づく。カウンターを挟んで対面する形になった二者の間に、静かな境界が生まれる。その境界を作るのは誰でもないアルジュナである、ということに、まだアルジュナ本人は気付いていない。

「オレの連れに何か用か?」
「……いいえ?」
「ならジロジロ見てんじゃねぇよ。見世物じゃねーぞ」

へぇ、とアルジュナは思った。おそらくロビンフッドも思ったのだろう。モードレッドはショー以外での評価は善し悪しに関係なく耳に入れたくないのだろう、ということは分かった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉