ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:843字 お気に入り:0人

日曜日の朝@今花 ※未完

 日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。
 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備の時間とかぶる。ニュース番組をつけておけばいいのだが、土日が休みの同居人は決まってテレビの前に陣取っていた。

「いつも思うけど、おもしろいですか?」

 テレビではちょうど、巨大化した怪獣に対抗してレンジャーのロボが合体して退治している。数分後には必殺技が放たれ、怪獣は爆発四散するいつもの展開。

「んー……微妙やわ」

 ソファに胡座をかき、クッションを抱えて眠そうに目をこする今吉は大きく欠伸をした。毎週同じような展開で、早々に飽き出しているようだった。けれど、決して見逃しはしない。それが花宮にとって理解できない。

「面白くもないのに、見る必要あるんですかね」

「せやかて見やんと子供らの話についてけへんのやわ」

 こーいう事だけ記憶力バツグンやからな。クッションに顔を埋めながらも、きっちり見る姿勢には頭が下がる。わざわざリアルタイムで見なくとも、録画しておけばいいものを。
 保育士として働くには、休日の睡眠時間さえも削らなければいけないのか。花宮としては御免こうむる。と言っても、自身もまた別の職種で休日に出勤を命じられているのだが。

 玄関先の姿見で身だしなみを確認する。上司は他人の身だしなみにより一層うるさいのが玉に瑕だ。リビングの様子を鏡越しに盗み見れば、怪物が爆発四散していた。

「あー、こういうのがええんやなあ」

 わしには正義のヒーローは無理やわぁ。なんて声が聞こえる。
 あんたはどちらかと言うと、敵役の幹部でしょ。ネクタイの位置を微調整しながら聞こえない声量でつぶやけば、いつの間にか背後に回った今吉にぐしゃぐしゃと髪を乱される。

「……何するんですかね」

「いってらっしゃいの挨拶や。あとお前も人のこと言えんくらい悪役の方が似合うで」

 乱した癖に丁寧に手ぐしで整える

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:彼女とわずらい 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:741字 お気に入り:0人
ためらわなかった。苦しんだのはこちら、鋭く長い針で心の臓まで突き刺されたような痛み、しかも一瞬のことだった。気配を感じ、そちらを振り返った、息のつく間もなく敵軍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

くきあひる@TRPGの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:くきあひる@TRPG ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:843字 お気に入り:0人
日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備 〈続きを読む〉