ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:843字 お気に入り:0人

日曜日の朝@今花 ※未完

 日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。
 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備の時間とかぶる。ニュース番組をつけておけばいいのだが、土日が休みの同居人は決まってテレビの前に陣取っていた。

「いつも思うけど、おもしろいですか?」

 テレビではちょうど、巨大化した怪獣に対抗してレンジャーのロボが合体して退治している。数分後には必殺技が放たれ、怪獣は爆発四散するいつもの展開。

「んー……微妙やわ」

 ソファに胡座をかき、クッションを抱えて眠そうに目をこする今吉は大きく欠伸をした。毎週同じような展開で、早々に飽き出しているようだった。けれど、決して見逃しはしない。それが花宮にとって理解できない。

「面白くもないのに、見る必要あるんですかね」

「せやかて見やんと子供らの話についてけへんのやわ」

 こーいう事だけ記憶力バツグンやからな。クッションに顔を埋めながらも、きっちり見る姿勢には頭が下がる。わざわざリアルタイムで見なくとも、録画しておけばいいものを。
 保育士として働くには、休日の睡眠時間さえも削らなければいけないのか。花宮としては御免こうむる。と言っても、自身もまた別の職種で休日に出勤を命じられているのだが。

 玄関先の姿見で身だしなみを確認する。上司は他人の身だしなみにより一層うるさいのが玉に瑕だ。リビングの様子を鏡越しに盗み見れば、怪物が爆発四散していた。

「あー、こういうのがええんやなあ」

 わしには正義のヒーローは無理やわぁ。なんて声が聞こえる。
 あんたはどちらかと言うと、敵役の幹部でしょ。ネクタイの位置を微調整しながら聞こえない声量でつぶやけば、いつの間にか背後に回った今吉にぐしゃぐしゃと髪を乱される。

「……何するんですかね」

「いってらっしゃいの挨拶や。あとお前も人のこと言えんくらい悪役の方が似合うで」

 乱した癖に丁寧に手ぐしで整える

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:反逆の終身刑 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:809字 お気に入り:0人
表示された番号読み上げろって言ってるだろ?そんなの出てないって!電話での会話はもどかしい。その画面を見ればすぐわかるというのに、言葉だけでは伝わらない。まさに百 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの狸 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:884字 お気に入り:1人
あ。 部活を終えて帰ろうとした黄瀬はふと気づいた。 赤司が困っている。 めずらし。 黄瀬は思わずわくわくした。なぜなら赤司は赤司なので。 そうして、人間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:彼が愛した裏切り 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:758字 お気に入り:0人
それは忘れらんねーな、と言ったら、よく言われた、と返された。そらそうだ、七夕に誕生日なんて、七夕のたびに思い出す。人の誕生日を覚えている利点はあるのだろうかおは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美人の定義 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:群馬の空想 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:622字 お気に入り:0人
タツヤの母親の出身地が秋田県と聞いたのは、たぶん、出会った頃だった。バスケを教えてもらって、勉強を教えてもらって、朝も帰りも一緒に帰るようになって、いろんな話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

くきあひる@TRPGの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:くきあひる@TRPG ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:843字 お気に入り:0人
日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備 〈続きを読む〉