ジャンル:刀剣乱舞 お題:フニャフニャの快楽 必須要素:北海道 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:1050字 お気に入り:0人
[削除]

エロい切清 ※未完




ゼエ、ゼエ、と荒い呼吸の音だけが聞こえる。そういえば、お風呂のお湯、ちゃんと抜いたんだっけ。よく覚えていない。お風呂から上がってすぐ二人で布団に潜り込んで、そのまま今に至る。俺の上には山姥切がいて、俺たちの下半身は繋がっている。荒かった呼吸が少しずつ落ち着いてきて、ようやく山姥切の美しい金色の髪を撫でることが出来た。そこでようやく、息を荒げていたのが自分であったことに気がついた。
山姥切はくすぐったそうに目を閉じ、しばらくの間俺にされるがままになっていた。満足し、手を離そうとすると綺麗な顔を近づけてきて、艶やかな唇を開く。
「加州、辛くないか」
「うん、平気」
「そうか、なら、動くぞ」
「アッ…えっ…いきなり、またっ…」
山姥切が優しく俺の額にキスしたのを合図に、感じていた異物が蠢き出して、俺の奥を突き始めた。ぐちゅぐちゅという嫌にいやらしい音が聞こえ、顔がカッと熱くなる。だから、ローション、使い過ぎなんだってば。
快感から逃げようと目をぎゅっと閉じると、「閉じるな」と更に激しく突かれる。いつもは見るなって言うくせに、こういう時だけ。そっと目を開くと、青い両目がすぐ目の前にあった。その目が俺の脳に囁く。「気持ち良くて、堪らない」と。脳がフニャフニャと蕩け出して、これ以上はマズイと警鐘を鳴らす。必死で目を逸らすと、昨日作ったシチューのルーの空箱が飛び込んでくる。北海道シチュー。ああ、北海道、行きたい。
「ね…っ、山姥切は…アッ、北海道…、行ったこと、あっ…る……?」
「ハッ…それは…今話すことか…ッ」
うん、確かに、今話すことではないだろうね。でも俺はとにかくこの快感から逃げたくて堪らなかったので、無理矢理話を続ける。
「いこ…っよ、二人で…っ…旅行…ね、いいでしょっ…あ、あああ…っ」
「ん、わ、かった…から、黙れ…」
「あ、やだ…それ、だめっ」
異物が中でより一層硬くなり、肉壁をゴリゴリと擦り上げられる。イイ所に何回も当たって、意識が飛びそうだ。ああ、青い目、が。
「だめ…見てっ、俺のこと」
「あ…あああ……」
山姥切の両顎を掴んで顔を近づける。長い睫毛の生えた瞼が上がり、青い目がまたこちらを見た。
「ね、おれ、可愛い…っ?」
「かわ、いく、ないっ……!」
「また、それっ…ああ…」
何度もこうしてセックスをしているくせに、山姥切は俺のことを絶対に可愛いとは言わない。俺は山姥切の好みではないらしい。じゃあなんでこんな風に何回も誘ってくるんだよ、
「スケベ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:タラバガニになった光月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い仕事 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:352字 お気に入り:0人
「光忠、背後頼む…ッ、!!」「お~けぃ、任せて!」率先と前へと進んでいく2振。息の合った走りと信頼感を見せるような掛け声。2振がいたおかげなのか、他の部隊の奴ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:やば、平和 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:726字 お気に入り:0人
花を愛で茶を嗜み酒を嗜み風雅を嗜み、ゆたりとした本丸生活は刀剣男士の心にゆるりとした時間を過ごさせた。時には喧騒もありだ。短刀たちのきゃらきゃらと楽しげな声、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:694字 お気に入り:0人
ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。「待て」「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:戦争と霧 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:500字 お気に入り:0人
遠くで銃声や大砲の音が聞こえる。周りは倒れて動かない兵士ばかり。森の中、俺の主は気絶してるだけ…だと信じたい。けど、もう俺は駄目みたい…刀身がボロボロでもはや使 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:誰ソ彼ホテル お題:可愛い喪失 必須要素:受験 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:699字 お気に入り:0人
「むむむむむッ」 いつも通り、”ストレス発散”に付き合ってくれた塚原とカフェでくつろいでいると、何やら塚原が唸っている。「何を難しい顔をしてるんだ」 思わず苦笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:近い口 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:962字 お気に入り:0人
桜庭薫のパーソナルスペースに入るのは簡単だ。そもそも最初から間近で口喧嘩できたわけだし、その後だってそうだ。つい何かと世話を焼く俺に気をよくしたのか困るとすぐに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉